安心の新基準!効果効能が認められた機能性表示食品とは

平成27年4月より、新たに始まった「機能性表示食品」という制度についてはご存じでしょうか?

これまで食品に機能性を表示することができる制度としては、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」がありました。今回の「機能性表示食品」というのは、これまでの制度とは少し異なるものとなっています。正しく「機能性表示食品」について学んで、必要なサプリメントをきちんと選べるようになりましょう。

サプリメント選びの新たな選択肢、「機能性表示食品」とは

機能性表示食品が、食品に機能性を表示することができるようになる制度であることはすでに述べました。これまでのトクホや栄養機能食品といった国が個別に許可をした、あるいは国の規格基準に適合したものにしか機能性を表示することができず、それ以外の食品については機能性を表示することができませんでした。

例えば「●●に効く」というような表現、具体的には「便通に効く」などの表現をすることが機能性を表現するということになります。

また、トクホや栄養機能食品で機能性の表示をすることができていても、身体のどこの部分に効果があるのか、どう機能するのか?という部分の説明があいまいだったこともあり不満の声があがっていました。機能性表示食品という制度は、これまでの不満を解消し私たち消費者が正しい知識を得て、必要な商品を選択することができるように新たに設けられた制度です。

「トクホ」「機能性表示食品」「栄養機能食品」の違い

トクホ

身体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、「コレステロールを正常に保つことを助けたりする」ことや、「お腹の調子を整えるのに役立つ」など、特定の保健の効果が科学的に証明されており、消費者庁長官の許可を得て、機能を表示することが許されている食品のことです。原則として、身体の部位を表示することは認められてはいません。

機能性表示食品

事業者の責任において定められたルールに基づき、必要事項を消費者庁に届け出を行うことで、商品に機能性を表示することができるようになります。トクホとは異なり、健康維持や増進に関する表現や、「目」など特定の部位に言及した表現が可能になります。ただし、「診断」「予防」「治療」といった医学的な表現や、「糖尿病の方へ」というような特定の疾患の方を対象にした表示というのは行うことができません。

栄養機能食品

高齢化による食欲の減退や不規則な生活などにより、一日に必要な栄養成分が不足しがちな時の栄養成分の補給を目的とした食品です。栄養成分の機能や含有量が表示されているため、どのような栄養成分をどの程度補給できるのか確認することができます。科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含んだ食品であれば、特に届け出は不要で機能性を表示することができます。

サプリメントの選び方は?

これまでで、「トクホ」「機能性表示食品」「栄養機能食品」それぞれの特徴がつかめてきたかと思います。では、実際にサプリメントとして選択するときには、どのように選んだら良いのでしょう?

1つには、まず本人がどのような状態でサプリメントを必要としているかをはっきりとさせることが重要です。普段不足しがちな栄養成分を摂取したいのであれば、栄養機能食品の中から選ぶようになるでしょうし、トクホと機能性表示食品の両方で同じような機能が表示されていた場合は、国の認可がおりた食品の方が良ければトクホ、そうでなければ機能性表示食品を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

機能性表示食品は、これまでよりも分かりやすく機能性を表示した食品の数を増やし、私たち消費者が正しい情報を得たうえで食品を選択することができるように設けられた制度です。機能性が表示された食品を購入する際には、表示されている機能の内容をきちんと把握した上で、自分に合った食品を選択するように心がけましょう。

ただし、「トクホ」や「機能性表示食品」でない商品は効果ががない、というわけではありません。例え、効果があったとしても、これらの許可が国から出るには時間もかかるため、効果があるけど表示することができない商品というのも多く存在しています。

ただ、トクホや機能性表示食品に指定されている商品であれば、国から効果が認められ許可が出てきる商品になるため、効果は信頼して購入しても良い商品だという目安にはなります。