絶対に面白いおすすめ漫画ランキング【年間1000冊以上読む漫画オタク厳選】

年間1000冊以上の漫画を読破する漫画オタクがジャンル別のおすすめ漫画をランキング形式で紹介していきます。一度は読んでおいて損はない絶対に面白い漫画を厳選してご紹介します。

ジャンル別でおすすめ漫画を紹介しているため、複数のジャンルで同じ漫画が登場することがあります。

目次

おすすめのバトル・アクション漫画ランキング

アクション・バトル漫画は王道とよばれる名作が多いです。 王道のいいところは「最後には主人公たちが勝つ」ところですね。途中ハラハラドキドキしても最後を痛快に締めてくれるので、読み終わって気分がいい!です。 現実世界の辛いことを忘れて夢中になって読めるおすすめのバトル・アクション漫画を紹介します。
POINT

誰もが認める王道ファンタジー筆頭 

ドラクエの人気にあやかった企画漫画と侮るなかれ!
王道の中の王道を貫いた絶対的おもしろさです。

ラスボス・大魔王バーンの名言
ーー知らなかったのか? 大魔王からは逃げられない…!!
なんという絶望感!

POINT

完結してからと言わず、連載中を読んでほしい

ワンピースを読んでいて面白い点は多くの人が考察をしている点です。
ユーチューバーだったりブログだったり考察書籍まで出版されています。

これでもかというくらい伏線が散りばめられ、おそらく完璧に回収してくれるであろうONE PIECE。
この先どうなっていくのかと予想するのが醍醐味です。

POINT

おそらく内容より休載が有名。

休載・再開でここまで世間がざわつく漫画はないだろう。

敵が出てきて主人公が倒す。さらに強い敵が出てきて…というのが少年漫画の定番であるが同作はそういった型にはまらない。編ごとに全く別の漫画を読んでいるような幅広さがあります。

一番欲しい念能力は「神の不在証明-パーフェクトプラン」です。
POINT

一般教養として読むべき漫画

多くの漫画家に影響を与えている少年漫画のトップと言ってもいい名作。
42巻あるが一瞬で読み切れます。それほど夢中になれる漫画です。

連載が終わって20年以上経ってからも続編アニメが制作されるという人気ぶりです。

金色のガッシュ!!

  • 完結済み
  • 全33巻
POINT

魔物の王を決めるサバイバル・バトル漫画

魔界の王を決めるため人間と魔物がタッグを組んで戦うサバイバル・バトル漫画。

負けた魔物は魔界へ強制送還されてしまうのだが、パートナー(人間)との別れが熱く泣けます。
コルル、ダニー、バリー、テッド、キッド、モモン、ブラゴ、キャンチョメ…
挙げていったらキリがありません。

アニメのOP『カサブタ』が好きです。
POINT

人間賛歌は勇気の賛歌ッ!!

荒木飛呂彦先生による言わずと知れた超人気王道漫画。
熱狂的ファンが多い。私もその一人。

今でこそ少年漫画では当たり前となった能力者バトルの元祖はおそらくジョジョ。
心理戦や長所短所など高度な戦術バトルとなっています。

ジョジョの奇妙な冒険(第一部〜第五部)は63巻までだが、ストーンオーシャン(第六部)、スティールボールラン(第七部)、ジョジョリオン(第八部)と続き、現在も連載中です。 アニメも制作され評価が高いです。

スティール・ボール・ラン (ジャンプコミックス)

荒木 飛呂彦 、集英社 (2004/5/20)
  • 完結済み
  • 全24巻
レビュー数:47
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

青春から大人へと歩き出す物語

『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部にあたるスティールボールラン。
1部から6部までとの繋がりがほとんど無く、全24巻でジョジョ初心者でも読み始めやすいです。

敵を含めどのキャラにも「譲れない信念」があり、深く強く気高く描写されています。
その信念同士の衝突が読者に爆発的なカタルシスを与えてくれます。

ハイライトは大統領戦、ジャイロの黄金の回転鉄球が異次元の壁を
ギャルギャルギャル…
と破っていくシーン。ジャイロのスタンドの発現に心踊りました。

POINT

壮大な物語を怒涛の展開で無駄なく完結させた神作品

重厚で壮大なストーリーなのに間延びせずスッキリ読みきれます。
伏線回収も見事。

キングブラッドレイの生き方に憧れます。
最期まで堂々たる気高き男。
「やりごたえのある 良い人生であったよ」
と言って息絶えたい。

アニメは『鋼の錬金術師』(半分オリジナルストーリー、結末もオリジナル)と『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』(原作に忠実)の2種類あります。特に戦闘シーンが見モノ。
POINT

歴史上の偉人たちを異世界で戦わせてみた

日本史・世界史に名を残す偉人・英雄たちが異世界でに敵味方分かれて戦争する漫画。
なんかSLGの『信長の野望』をやってるようなワクワク感。

コメディも多く、単行本巻末にはラスボスの黒王がキャラを崩壊させて貧乳をディスるコーナーがあります。

アニメ全12話とOVA2話もおすすめです。NaNaNaNaNaNa〜♪
POINT

リーダーとしての品格・意気を教えてくれる

大将軍になることを目指す主人公・信が敵味方さまざまな将軍たちに感化され薫陶を受けながら仲間とともに成長していく。

キャラを映えさせるためにしょうがないですが、メインとモブの力差が大きいです。
刀の一振りで10人くらいぶった斬られるし、将軍が先頭で敵集団へ突っ込むこともザラ。
そういった意味では、リアルな戦ではありません。

王騎がこんなにいい将軍だとは思わなかった。単なるオカマキャラかと…
POINT

酒はだめなんで オレンジジュースください 乾杯…

暗黒武術会編のラスボス戸愚呂弟が好きです。
登場するたびに圧倒的絶望感。あの風体で酒ではなくオレンジジュースを選ぶ姿も禍々しい。

冥獄界へ向かう途中、戸愚呂が幻海に向けて
ーー迷惑ばかりかけちまったな………
と言うシーンはグッと込み上げるものがあります。

飛影の一言一言が中二病心を燃やしてくる! 
POINT

志々雄真実は少年誌に残る名悪役

京都編(志々雄真実編)は名作です。
見所はやっぱり飛翔の蝙也でしょうか。
かなり努力して痩せてるけど重くなるから爆薬そんなに積めないだろうし、防御力ないから弥彦に一撃で負けるし…

縁の空中二段ジャンプ(跳躍中に上下に向く力がちょうど0のときもう一回跳べる)は学校で練習しました。

ジャンプスクエアにて『北海道編』として連載再開しました。

実写映画が3作上映されています。

POINT

少年ジャンプらしい友情努力のヒーローバトル漫画!

いわゆる能力バトルもの。能力がわかりやすくて戦闘シーンに爽快感があります。
『個性』的なクラスメイトや他ヒーローにもスポットがあたるのが嬉しい。

アニメ化もされていて
・緑谷vsマスキュラー
・オールマイトvsオールフォーワン
はぜひアニメで観て欲しいバトルです。絶対っ 胸が熱くなるから!

同作者の『逢魔ヶ刻動物園』もおすすめです。
POINT

自分を信じない奴なんかに 努力する価値はない!!

中忍試験、サスケ奪還作戦、暁、忍界大戦と最初から最後まで失速しないおもしろさ。

色物キャラだと思っていたガイ先生が最後まで活躍するいいキャラですね。
「カカシより強いよ オレは…」
って嘘ではなかった!

アニメの評価も高く、特に戦闘シーンの作画は圧巻
POINT

結局キルノートンの能力はなんだったのか?

一つだけ特殊能力を与えられた中学生のサバイバルバトルです。安心して読める王道漫画。
私のおすすめバトルはカルパッチョ戦とギタール戦です。
ギターケースからハンディカラオケを出すとこ最高!

ちょっと御都合主義なとこもありますが、細かいことは気にせず楽しめます。

仲間の女性キャラが二人ともメガネキャラって斬新だ
POINT

ストーリー、教養、ギャグの3要素揃った王道漫画

日露戦争直後の北海道が舞台です。なかなか漫画にない設定。
隠し金塊のヒントとなる刺青人皮を探して、同じく金塊を狙う帝国陸軍や土方歳三と共闘したり裏切ったり。

単純なバトルだけでなくアイヌ民族や狩りの薀蓄(うんちく)が紹介され実にタメになる漫画でもあります。
アイヌ料理が美味しそう。

顔芸やらホモネタやらぶっ飛んだギャグ系も笑えます。
筋骨隆々な男が好きな方にはおすすめ。
最終的に何が言いたいかというと、アシリパさんが可愛い。

名シーンはラッコ鍋と二階堂が義足をもらうところ。迷シーンか。

アニメも制作されています。

POINT

もう... 喰ったさ。 ハラァ... いっぱいだ。

ラストに向けてどんどん熱くなっていきます。
そして最後の最期、『とら』による↑のセリフです。 もう、涙腺が…

POINT

紀元前11世紀の中国、殷(いん)末期を舞台とした仙人たちのバトル漫画

中国明代の神経小説『封神演義』を原作としています。
主人公・太公望のゆる〜い感じが好きです。
連載当時小学生の私にはキャラとか宝貝(パオペエ)の名前を覚えるのが大変で、スーパー宝貝の7つをソラで言える友人は仲間内で一目おかれてました。

普賢真人と聞仲のバトルシーンが脳裏に焼き付いています。
POINT

こんなに強いハオをどうやって倒すんだ!?

シャーマンキングの見所はラスボスのハオがクソ強いことです。
主人公サイドは束になっても太刀打ちできない力量差です。
連載時これどうやって倒すんだよって思ってました。

正攻法では無理だから寝首を搔こうとしても間に合わず、最終手段が
ハオと仲直りする
という攻略は少年漫画らしからぬ展開でよかったです。

武井先生の天使やオーバーソウルのデザインが素敵です。
POINT

謎が明らかになる前が最高におもしろい

絶妙に謎と伏線が散りばめられ、チラリズム的にほのめかされたかと思えば急展開で暴露したり…
真実を知りたい! という欲求をこの上なく巧みに刺激される漫画です。
ただ、主人公たちの状況が明かされるにつれ知識欲が満たされ、冷めてきてしまったような…
これからの進展に期待してます。

普通に読んでたら気づけない小さな伏線も多く、本編よりむしろ展開予想動画や考察サイトを見る方が楽しいです。

POINT

人の足を止めるのは絶望ではなく“諦観”、 人の足を進めるのは希望ではなく“意志”

高槻涼は進級したばかりの高校二年生。始業式のその日に現れた転校生・新宮隼人は奇妙な左腕を振りかざし、突然涼に襲いかかった。さらに、対峙する二人の前に、謎の男・爪(クロウ)が現れる。爪が涼の幼なじみ・カツミを傷つけようとしたまさにその時、涼の右腕が…!?その腕が掴むものは…神の未来か、悪魔の過去か…!!

皆川亮二作品として『スプリガン』『D-LIVE!!』もおすすめです。
POINT

正統派ファンタジーバトル漫画

少年漫画のお手本と言うべき。少年が夢中になる要素・構成が詰め込まれています。

私はエスカノールのような条件付き最強キャラが大好きです。
あの驕り高ぶった態度とそれを貫き通せる実力。でも弱点がはっきりしている。素晴らしい!

アニメ化もされています。

北斗の拳

  • 完結済み
  • 全27巻
POINT

一生で一度は本気で言ってみたい名言だらけ

ケンシロウが最強なわけですが、なんだか敵キャラの方が人間臭さがあったり辛い過去があったりと惹かれるものがあります。
そんなキャラクターたちが放つセリフはどれも名言で日常的に言ってみたいが、相応の背景・積み重ねたものがあるからこそ輝くわけです。

私が今言えそうな名言だけ言っておきます。
「お前のようなババァがいるか!」

ケンシロウの叔父にあたる拳志郎を主人公とした『蒼天の拳』もおもしろい

“魔導士(まどうし)ギルド”……それは魔導士たちに、探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”だった!! なんでもヤリすぎ! 魔法界一のお騒がせ集団が巻き起こすめちゃおもしろ冒険ファンタジー!

POINT

聖衣を纏い戦う王道バトル漫画

私は7月生まれの蟹座です。
これ以上聖闘士星矢について語ることはありません。

POINT

解号と名前を叫びながら解放する斬魄刀がかっこいい

これほど中二病心をくすぐる漫画があるだろうか。
あなたのブリーチ全盛期はどこでしたか?
私は尸魂界篇の白哉戦でしょうか。それかノイトラさんが更木剣八に剣道でやられたあたりでしょうか。
その辺でジャンプで読むのはやめました。

久々に単行本で読んだら最後まで読んでしまった。

…実写映画の霊圧が……
POINT

友情・努力・勝利のテンプレ元となる偉大な漫画

ファンには怒られるかもしれないが、超人オリンピック編、悪魔超人編あたりから読み始めればいいです。

少年誌に残る名シーンが山盛りです。
中でもミート君の体を持って奈落から生還したテリーマンの「ただいま キン肉マン」は感動です。

36巻で完結となったが、『キン肉マン二世』を経て2010年から正式な続編が連載され既刊64巻となっています。
POINT

軽いコメディかなと思っていたらいつの間にか夢中

魔王を決める大会にしれっと参加している勇者・ヘルク。勇者を優勝させるわけにはいかないと妨害する大会責任者・ヴァミリオちゃん。

最初はコメディに始まるのだが、徐々に世界の真実が明かされ惹き込まれていきます。
人間と魔族の共存、本当の敵、ヘルクの過去など魅力の詰まった壮大な王道漫画です。
ヘルクのようなキャラクターは新しい。
そしてヴァミリオちゃんは強くて可愛い。

POINT

単純で熱い能力バトル

「魔導具」を使ったバトルが魅力。お約束のトーナメント(裏武闘殺陣編)があります。
戦略で勝つというよりは仲間たちに応援されてズバッと逆転! といった少年漫画的なノリが多いです。

8匹の火竜の擬人化が好き。

POINT

技名を叫んでから殴る漫画

異世界と通じ無秩序となったかつてのニューヨークで超常的な事件を解決する秘密結社の話。
強大な敵に立ち向かうというよりは癖のある事件を解決する、その中で戦闘するところに面白さがあります。
ただ戦闘は(いい意味で)中二病でかっこいい!

アニメもかなり人気です。 
なんかオシャレなアニメ。 戦闘シーンは文句なしでかっこいい!
最終回だけ延期となり、3ヶ月後46分に拡大されるという珍事もありました。

アニメが『血界戦線』『血界戦線 & BEYOND』全24話。
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめのスポーツ漫画ランキング

サッカー、野球、バスケットボールに代表されるスポーツ漫画。スポーツに人生をかけたストーリーからは目が離せません。 努力が報われる世界じゃないのは分かってる、だけど・・・ 涙なしには読めないおすすめのスポーツ漫画をご紹介します。 競技ごと、 サッカー、野球、バスケ、バレー、テニス、マイナースポーツ の順番で紹介しています。

おすすめサッカー漫画ランキング

サッカー漫画は野球漫画ほどの数はありませんが、キャプテン翼のような爽快なスポ根漫画から、アオアシ・ジャイキリ・フットボールネーションのような戦術・理論漫画とバリエーションも負けません。
POINT

キャプテン翼の魅力が詰まったシリーズ屈指のおもしろさ

キャプテン翼の中で最もおすすめするシリーズです。
Jr.ユース編に続き小中学校編で南葛と戦ったライバルたちとともに日本代表として優勝を目指します。

キャプ翼おなじみの必殺技が登場します。
中国・肖の反動蹴速迅砲では龍や鳳凰が出現!
ゴールを決めるのではなく相手を破壊するための殺人シュート「レイヴィンシュート」!
サッカーで敵わないからプロレス技で直接攻撃!
とネタに尽きません。

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

POINT

プロサッカーの監督・選手・サポーター・経営陣 それぞれにスポットが当たる

プロサッカーリーグの監督を主人公としたサッカー漫画。
だが監督だけではなく、選手、経営陣、サポーターから成るETUというクラブチームの成長をみる漫画と言えます。

POINT

伝説をつくろう

王道の高校サッカー漫画です。キャプ翼ほどではないがファントムドリブルなど必殺技も登場します。

やっぱり『シュート』は久保嘉晴でしょう。
「奇跡の11人抜き」は何度みても感動させられます。

あんなに疾いドリブルをするメガネがいるか!?

トップ選手も大絶賛!! これぞ本格サッカー漫画! “日本サッカーの至宝”“U-15の天才エース”と呼ばれる兄・逢沢傑(あいざわ・すぐる)に憧れながらも、とある過去の呪縛によって、マネージャー職に「逃げ」てしまった元FW(フォワード)の駆(かける)。人前ではボールを蹴れないそぶりを見せつつも、本当はサッカーをしたくてたまらない――。ジレンマだらけの駆だが、「お前は世界レベルのFWになれる!」という檄(げき)を浴びる。……厳しくやさしい「言葉」の主は、いつも仰ぎ見る兄だった!!

都立水元高校サッカー部は、坂本琴音という女性監督率いる弱小チーム。彼らの今日の対戦相手は、強豪・帝東高校だ。スター選手ぞろいの帝東高校相手に善戦する水本高校だが、先制点を入れられた途端、集中力を失ってしまう。そこへ、遅れてやって来た坂本轍平が加わり、瞬く間に同点ゴールを決めた!!

POINT

道が見つからないなら考えるんだ どうやれば切り開けるか

背も低い、脚も速くない、テクニックも未熟の主人公が努力して成長していく。
野球漫画『キャプテン』に似ている。

フットボールネーション (ビッグコミックス)

大武 ユキ 、小学館 (2010/5/28)
  • 連載中
  • 既刊12巻
レビュー数:38
レビュー評価:5つ星のうち3.5
POINT

サッカーを上手く教えたい指導者・コーチ・先生におすすめ

サッカーが上手くなりたい人はもちろんですが、部活やクラブでサッカーの指導をする指導者に読んで欲しい漫画です。
サッカーでの体の動きを科学的に解説してくれます。
それだけではなく、サッカーをする環境や体制にも言及する新しい漫画です。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめ野球漫画ランキング

スポーツ漫画の王道とも言える野球のおすすめ漫画をランキング形式でご紹介していきます。昔のものから最近のものまだ幅広い世代に読まれている野球漫画を掲載しました。

ドカベン大甲子園 (少年チャンピオン・コミックス)

水島 新司 、秋田書店 (1983/8/1)
  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

今こそ青春の正念場じゃ!!

名作野球漫画ドカベンの最後の夏の甲子園。水島新司先生の他作品のキャラクターたちが登場し夢の対戦が実現しています。
見所はやっぱり明訓高校対青田高校。延長18回裏、岩鬼がナインを集めて放った「今こそ青春の正念場じゃ!!」は名言です。
青田高校の中西球道は163キロの豪速球を投げました。「160キロを超える高校生なんているかよ」と思いましたが、大谷翔平選手は高校で160キロ出てます。

ドカベンシリーズは「ドカベン」「大甲子園」「プロ野球編」「スーパースターズ編」「ドリームトーナメント編」となり完結しています。

ストッパー毒島  (ヤングマガジンコミックス)

ハロルド作石 、講談社 (1996/6/6)
  • 完結済み
  • 全12巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち3.5
POINT

お前はウチの守護神だ お前が打たれようと誰も文句はいわない… もちろん俺がいわせない!

プロ野球を舞台とした野球漫画。
作者のハロルド作石先生が好きだったプロ野球選手をモデルにしたキャラクターたちが多く、連載当時現役のプロ野球選手や監督も実名で登場してます。

リーグ優勝がかかった終盤の盛り上がりが異常なほど熱い!

ハロルド作石先生は『ゴリラーマン』『BECK』『RiN』の作者でもあります。

バトルスタディーズ (モーニング KC)

なきぼくろ 、講談社 (2015/4/23)
  • 連載中
  • 既刊17巻
レビュー数:33
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

高校野球ファンなら必ずハマる名門PL学園ネタ!

高校野球の名門・PL学園野球部出身の作者がPL学園をモデルに(作中ではDL学園)描いた高校野球漫画。

序盤はPL学園ネタが面白くテンポよく読め、試合で先輩たちのキャラクターに惚れたかと思えば、一気に突き落とされる怒涛の展開。
非常に練られた構成で次が気になって気になってしょうがない。

部員たち特有のセリフを真似したくなります。 「ゴメスッ!」 「ライバルがマリオブラザーズて 奥さん!! ワテ クッパとちゃいまっせ!!」

ダイヤのA  (週刊少年マガジンコミックス)

寺嶋裕二 、講談社 (2006/9/15)
  • 完結済み
  • 全47巻
レビュー数:44
レビュー評価:5つ星のうち4.2
POINT

エースになるためにここに来てるんだ! その気持ちだけは誰にも負けるつもりねーっスから!!

中学時代は無名の主人公・沢村栄純は名門・青道高校に入部。野球に純粋な先輩仲間たちに影響されながらエースを目指す名門野球部漫画。

沢村とエースを争うライバル・降谷の関係はスラムダンクの桜木と流川のようです。

3年生の代がカッコよすぎる! クリス先輩、哲さん、純さん… ダイヤのAは3年生のための漫画といってもいいでしょう。

ダイヤのAは主人公・沢村が1年生まで、2年生からはダイヤのAact2として週刊少年マガジンで連載中です。 結城やクリスの代が魅力的過ぎて彼らが卒業してしまうとつまらなくなるんじゃないかと心配したが、新一年生も増えなかなかどうして面白い。

H2 (小学館文庫)

あだち 充 、小学館 (2009/5/15)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

雨宮ひかり・古賀春華どっち派問題

野球のライバルであり恋のライバルでもあり無二の親友・国見比呂と橘英雄。二人のヒーローを中心とした正統派野球漫画とあだち充節恋愛漫画が絶妙のバランスでミックスした漫画。

私は当初断然古賀派でしたが年をとるにつれ雨宮の良さがわかるようになりました。それよりも小山内が好きなので木根が羨ましい。
かっこよさで言ったら橘一択です。

クロスゲーム

あだち 充 、小学館 (2018/8/8)
  • 完結済み
  • 全17巻
POINT

あだち充史上、最高のツンデレヒロイン!

タッチ、H2などの大人気野球漫画を描いてきたあだち充先生。涙あり、笑いありの恋愛野球漫画の王道。タッチ、H2好きなら、絶対にハマります。読んだことがないなら、騙されたと思って1巻だけ読んでほしい。絶対に2巻以降も読まずにはいられなくなります…

Major―Dramatic baseball comic (少年サンデーコミックス)

満田 拓也 、小学館 (1995/2/1)
  • 完結済み
  • 全78巻
レビュー数:21
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

吾郎の野球と共に駆け抜ける一生を描いた人生漫画

主人公・吾郎の幼少期からメジャーリーグ挑戦まで、全78巻。
吾郎くんの強メンタルとプラス思考で紛れてますが、苦難に次ぐ苦難です。むしろ自分から突っ込んでる?

やっぱり高校野球編(海堂学園・聖秀学院)がお勧めです。
野球名門の海堂学園に入り上級生と試合したかと思えば、
「お前たちと戦いたい」
と言い出して転校して海堂高校と勝負! 元チームメイトなだけあって熱い!

茂野吾郎の息子大吾の話が「MAJOR 2nd」として少年サンデーにて連載中です。

おおきく振りかぶって  (アフタヌーンコミックス)

ひぐちアサ 、講談社 (2004/3/23)
  • 連載中
  • 既刊30巻
レビュー数:111
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

オレは ここで ━━━━ ホントのエースになる!!

新設野球部、一年生10人のみ、監督は女性という西浦高校が甲子園優勝を目指す漫画。

スポ根漫画らしい 気合いで! という精神論は少なく、どうやって試合のパフォーマンスを上げるのか。そのためにどんな練習をするのか。チームメイト間のライバル意識。部内での自分の役割など「野球部」というものを部員、監督、マネージャー色々な視点から育てていく漫画です。

紹介される練習方法は野球部だけでなく全ての部活に役立ちます。

2年生になったら水谷くんがスタメン落ちしそうで心配です。

ONE OUTS (ヤングジャンプコミックス)

甲斐谷忍 、集英社 (1999/6/18)
  • 完結済み
  • 全20巻
レビュー数:23
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

人間が一番隙を作る時。それは勝利を確信した時だ。

1OUT毎に報酬500万円! しかし1失点毎に5,000万円罰金! 
というワンナウツ契約でプロ入りした主人公・渡久地。正確な制球力と悪魔的なギャンブルの才能を活かしてリーグ優勝を目指す。

見た目はほぼアカギ。
オーナーがチームメイト買収してわざと失点させたり、とにかく打たれまくって雨天コールド狙ったりとまさに前代未聞!の野球が読める漫画。
正直、これは野球漫画と言えるのか?
とも思えるが全く知らなかった野球のルールが出てきたりと今までにない角度から野球を観る面白さがある。

最強!都立あおい坂高校野球部  (少年サンデーコミックス)

田中モトユキ 、小学館 (2005/4/18)
  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち4.2
POINT

ピンチにスマイル! 勝利をゲットだぜ

都立あおい坂高校で監督をする菅原鈴緒を慕い約束を果たすため5人の天才たちが弱小野球部へ集う。個性と団結力を活かして甲子園優勝を目指す王道野球漫画。

あおい坂高校の5人とライバルたちのキャラクターが魅力。試合の展開も熱く、野球漫画として読みやすい。
同じ女性監督の「おお振り」よりスポ根色が強い。
静岡県出身者としては甲子園で静岡県代表が強敵高校として登場したのが嬉しかった。

Dreams  (週刊少年マガジンコミックス)

七三太朗 、講談社 (1996/11/15)
  • 完結済み
  • 全71巻
レビュー数:4
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

魔球を説明する理論に納得させられかける漫画

野球センスは抜群だが素行が悪すぎる主人公・久里武志が最速160キロと数々の魔球を武器に甲子園、メジャーという大きな夢を実現させる漫画。

野球のインフレがどんどん加速していきます。
久里もライバルたちも魔球が好き。 140キロ代のナックルとか重くて飛ばない魔球とかステルス投法とか。とんでも野球に聞こえるかもしれないが、ドリームスのいい点はそういった魔球を理論的に解説してくれる点です。その理論に説得力があって納得させられかけます。

砂の栄冠  (ヤングマガジンコミックス)

三田紀房 、講談社 (2010/12/6)
  • 完結済み
  • 全25巻
レビュー数:19
レビュー評価:5つ星のうち4.1
POINT

1,000万円で甲子園を買う。

樫野高校のエース七嶋はトクさんから託された1,000万円を使って甲子園を目指す。

「1,000万円を自由に使っていいから甲子園に出場して」と依頼されたらあなたならどうしますか?
私だったら最新のピッチングマシン買うとかになってしまいそうですね。
一方、主人公・七嶋くんは1,000万円のプレッシャーに潰されそうになりながらも非凡な発想でお金を使っていきます。使い方の発想がすごい! 
終始、監督の曽我部にイライラします。最後にちょっとやる気出したからって絶対許さん。

グラゼニ (モーニングコミックス)

アダチケイジ 、講談社 (2011/5/23)
  • 完結済み
  • 全17巻
レビュー数:43
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

グラウンドには銭が埋まっている

とにかく他の選手の年俸を気にしている中継ぎ左サウスポー・凡田夏之介のプロ野球人生を描く漫画。

凡田夏之介は年俸1800万円。一般市民の私からしたら1800万もらってたら勝ち組としか思えないが、そうでもないことを痛感させられる漫画。
プロ野球選手のTVに映らない部分(ブルペンでの準備だったり、ライフスタイルだったり)が面白い。

グラゼニの続編が「グラゼニ〜東京ドーム編〜」「グラゼニ〜パリーグ編〜」と続きます。パリーグ編は現在連載中です。

キャプテン (ジャンプコミックス)

ちばあきお 、集英社 (1995/8/18)
  • 完結済み
  • 全15巻
レビュー数:36
レビュー評価:5つ星のうち4.7
POINT

おれたちみたいに素質も才能もないものはこうやるしか方法はないんだ

とにかく努力する漫画です。古き良き日本人の美学を表現している。
初代キャプテンの谷口は不器用で愚直。自分のような凡才が才能ある者に勝つには努力しかない、と高負荷な特訓をします。
男は背中で語るという時代なんでしょうけど、もっと仲間とコミュニケーションをとれよと思ってしまいます。

現代でやったら絶対に問題になるほどのスポ根です。

おれはキャプテン  (週刊少年マガジンコミックス)

コージィ城倉 、講談社 (2004/3/17)
  • 完結済み
  • 全35巻
レビュー数:6
レビュー評価:5つ星のうち4.8
POINT

おれはキャプテンだぜ…

オタクで補欠でやる気なしな主人公・霧隠主将(きりがくれ・かずまさ)がキャプテンに任命されたことから本性が全面に。
「打って打って打ちまくる野球」で勝利を目指す。

野球漫画としては変わっていて、体育会系の縦社会や甲子園にヒーローを作りたがる風潮を皮肉った内容が面白い。ラッキーな形とはいえ甲子園に出場できたのにさっさと負けて帰ろうとする主人公…。

ちなみに作者のコージィ城倉は「グラゼニ」の原作者・森高 夕次と同一人物です。ひねった野球漫画が得意ですね。

霧隠、デレク、海老名が東京大学に進学し東京六大学野球制覇を目指す「ロクダイ」が連載中です。 しかし現在掲載誌が休刊となり再開されていません。

ROOKIES (集英社)

森田 まさのり 、集英社 (2007/9/14)
  • 完結済み
  • 全14巻
レビュー数:24
レビュー評価:5つ星のうち3.7
POINT

ヤンキー野球漫画の決定版!

熱血新任教師・川藤が不良の溜まり場となった野球部員たちと熱くぶつかり団結して甲子園を目指す。

野球漫画というよりは熱血教師とヤンキー漫画です。
これでもかってほどコテコテの熱い言葉が多くて読むと元気になります。
アクが強すぎるって人もいるでしょう。

ラストイニング (ビッグコミックス)

中原 裕 、小学館 (2004/4/30)
  • 完結済み
  • 全44巻
レビュー数:20
レビュー評価:5つ星のうち4.9
POINT

これが高校野球‼︎ めちゃめちゃ面白ぇっす‼︎

弱小高校野球部を再建させるべく、悪徳セールスマンから監督に転身した“ポッポ”こと鳩ヶ谷圭輔。1年後に甲子園出場できなければ廃部という状況下、「さわやか・ひたむき・正々堂々」を廃した常識ハズレのチームが始動する!!

ドラベース ドラえもん超野球(スーパーベースボール)外伝 (てんとう虫コミックス―てんとう虫コロコロコミックス)

むぎわら しんたろう 、小学館 (2001/4/26)
  • 完結済み
  • 全23巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち4.2
POINT

ひみつ道具と野球の融合漫画!

ドラえもんのひみつ道具を使って野球をやります。使っていいのは1試合に3道具まで!
と、想像力を掻き立てられる設定。
投球がイナズマのように変化したり、炎をあげたり結構なんでもあり。22世紀には不可能はないから!
でも展開が熱い! お約束のようだが、熱い! 

タッチ

あだち 充 、小学館; 完全復刻版 (2012/10/12)
  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち1.0
POINT

後世まで読み継がれるべき不朽の名作野球漫画!

言わずとしれた野球漫画の巨匠あだち充の代表作。先の展開が分かっていても、中盤で起こる出来事は涙なしに読めません。野球に賭ける双子の兄弟と隣に住む幼馴染浅倉南の恋愛の行方から目が離せない。

最終巻のプロポーズの台詞はいつまでも忘れることができない名言です。

タッチファンの私としては、南が和也が死んだから達也に乗り換えた尻軽女だと思っている人が結構多くて腹立たしい。

Mr.FULLSWING (ジャンプコミックス)

鈴木信也 、集英社 (2011/10/18)
  • 完結済み
  • 全15巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

必殺技系王道野球漫画と変態ネタ多めのギャグ漫画

モテない怪力主人公猿野天国が野球部のマネージャー鳥居凪に一目惚れし野球部に入部する。というスラムダ◯クとほぼ同じ導入。入部試験やら先輩たちとの試合を経て一癖二癖ある仲間と団結し、三癖四癖あるライバルが待つトーナメント(県予選)を戦うというスポ根王道ど真ん中。

ギャグ多め。ジャンプで読んでいた頃の私はギャグにページを取られ進まないストーリーにイライラしてた。
必殺技が飛び交い、強かったライバルがいきなり噛ませになる展開も。蛇神さんが失明してまで打った村中兄のナックルが北海道代表にめった打ちされた時は私がショックで失明しそうだった。

ストライプブルー  (少年チャンピオン・コミックス)

松島幸太朗 森高夕次 、秋田書店 (2007/11/8)
  • 完結済み
  • 全11巻
レビュー数:1
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

縦に振る!!

両手投げ主人公・小沢亜穂と花ちゃん、のりっぺの幼馴染が中心の恋愛要素強め野球漫画。

恋愛模様とか色々あったが、正直なところ、終盤の海先輩(3年主将)の活躍で塵となり打ち消された。亜穂のせいでレギュラーを外されながら不貞腐れず、ベンチでは誰よりも声をだし、決定的な場面で結果を残す。惚れる。

緑山高校

桑沢 篤夫 、グループ・ゼロ (2013/5/31)
  • 完結済み
  • 全20巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

バットをへし折ればヒットは打たれない。

夏の甲子園出場をかけた予選・決勝に、とんでもない高校が勝ち上がってきた。今年創立されたばかりの全員一年生チームの緑山高校。怪物・二階堂を筆頭に、個性豊かというか、チーム・ワーク無視の目立ちたがり屋軍団。試合中も喧嘩してばかりだった。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめバスケットボール漫画ランキング

スラムダンク、あひるの空など、バスケ漫画自体の数は多くありませんが、どれも名作揃い。バスケ未経験者でも絶対にハマるおすすめのバスケットボール漫画をランキングでご紹介します。

SLAM DUNK 新装再編版 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦 、集英社 (2018/6/1)
  • 完結済み
  • 新装再編版全20巻
レビュー数:31
レビュー評価:5つ星のうち3.9
POINT

言わずと知れた傑作バスケ漫画。

バスケというより少年漫画として傑作漫画。

「あなたのスラムダンクの名場面はどこですか?」

この質問が辛い。名場面が多すぎてとても絞ることができない。
・バスケがしたいです…
・2回目の陵南戦の小暮のスリーポイント
・オレはチームの主役じゃなくていい
・山王戦の全て
ほんとキリがない。
スラムダンクは名シーンのみでできてる漫画だなとつくづく思います。

リアル (ヤングジャンプ)

井上 雄彦 、集英社 (2001/3/19)
  • 連載中
  • 14巻
レビュー数:37
レビュー評価:5つ星のうち4.6
POINT

車イスバスケと3人の主人公

リアルは戸川清春・野宮朋美・高橋久信の3人を主人公とする漫画です。
3人それぞれの苦難や壁にぶち当たりながら進んでいく人間ドラマ。

ついに高橋が車イスバスケと出会い、これから戸川、野宮とどう関わってくるか気になります。

あひるの空 (少年マガジンKC)

日向 武史 、講談社 (2004/5/15)
  • 連載中
  • 50巻
レビュー数:27
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

デコボコ集団クズ高バスケ部の挑戦

・強みと弱点がはっきりしたキャラクターたち
・弱小校が強豪校に挑戦するというシナリオ
と、コテコテのスポ根少年漫画の構成である一方、
・キャラクターの繊細で深い心理描写
・恋愛やバックグラウンドの掘り下げ
など少女漫画のような側面も持っています。

私は奈緒ちゃん一択。 薮内円が好きになれない派ですが、皆さんどうですか?

黒子のバスケ (ジャンプコミックス)

藤巻 忠俊 、集英社 (2009/4/3)
  • 完結済み
  • 全30巻
レビュー数:107
レビュー評価:5つ星のうち3.6
POINT

今までにない、影の薄さを武器とする主人公

影の薄さを武器とする少年漫画に反する主人公・黒子といかにも少年漫画らしい熱いもう一人の主人公・火神の2人の活躍がメイン。
キセキの世代と呼ばれるライバルキャラも魅力的です。
一方、主人公のチームメイトの味は薄い。

ストーリー展開は王道のスポ根漫画。
消えるドリブルだったり、自陣から3ポイントシュートが打てたり、相手の技をコピーしたりと超常的な必殺技が登場します。

フープメン (ジャンプコミックス)

川口幸範 、集英社 (2009/7/3)
  • 完結済み
  • 全2巻
レビュー数:18
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

連載が続けば面白かったに違いないと今でも話題に上がる漫画

英語が堪能な主人公はバスケ素人だが、アメリカ人留学生の通訳としてバスケ部に勧誘される。
というスポーツ(バスケ)漫画としてはかなり新しい切り口で始まります。
徐々に主要メンバーも(スラダンやあひるの空っぽいが)登場してきた矢先、打ち切りとなってしまった。

アンケートを出しておけば…と悔やまれる作品。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめのバレーボール漫画ランキング

バレーボール漫画といえば、ハイキューとアタックNo.1を思い浮かべる人も多いはず。しかし、その陰に隠れた名作バレーボール漫画も多数あります。
POINT

下を向くんじゃねぇぇ!! バレーは!! 常に上を向くスポーツだ

今、最も熱いバレー漫画。
癖のある仲間、強くてかっこいいライバルたち、熱い試合展開。やっぱり王道のスポ根漫画はいい。

日向・影山コンビの「変人速攻」は目を瞑ってスパイクするというとんでもない技だが、それ以外に超常的な必殺技は出てこない。
試合展開とキャラで熱く魅せるバレーボール漫画です。

私の推しは女子バレー部部長の結ちゃんなので澤村が羨ましい。

アニメも3期(白鳥沢編)まで放映されています。
POINT

リベロはレシーブで、エースを殺す!!

幹本要、西山中学3年生。ちょっと背は低いけど、バレー部のエースだ。ある日、要はマンション3階から誤ってきた赤ちゃんを間一髪キャッチし、一躍町の英雄になる。市民バレーボール大会の日、体育館は要を一目見ようという人達でいっぱいに。その中には来賓として、高校バレーの名門・藤原学園の監督である大杉も来ていた。要のプレーに興味を持った大杉は、要を激励し、名刺をわたす。

POINT

一芸特化バレー部の挑戦

怪我の影響でとにかくサーブだけ練習してたら、常にネットインさせることができるようになった主人公の話。
現実にいたら最強だな。
と思ったらライバルたちも並外れた(非現実的な)能力を持っているのでセーフ!

続編となる『ハリガネサービスACE』が少年チャンピオンで連載中
POINT

お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな

「あの日から、友達は作らないって決めたんだから」大石練(おおいしねり)・15歳。バレーボールの名門・白雲山(はくうんざん)学園中等部に在籍。練はずっと自分を抑え続けていた。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであったほどの実力を隠しながら。集団スポーツの中で、自分を殺さなければいけない理由は――。それでもバレーを辞められない想いとは――!! バレーボール群像劇スタート!

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめのテニス漫画

錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍により大人から子どもまで大人気のテニス。実は、テニス人気の割にテニス漫画自体は非常に数が少ないです。ここではテニス初心者から経験者まで楽しめるテニス漫画を厳選してご紹介します。

テニスの王子様

許斐 剛 、集英社 (2000/1/7)
  • 完結済み
  • 全42巻
レビュー数:27
レビュー評価:5つ星のうち2.7
POINT

テニス漫画の限界を超えた格闘テニス漫画!

テニスの王子様はテニスブームの先駆けとなったテニス漫画です。この漫画がきっかけでテニスを始めた人も多いはず。最初は真面目にテニスをしていたかと思えば、途中からテニスを通して相手をノックアウトするシーンも登場。

観客席まで対戦相手を吹っ飛ばす。対戦相手をコート上で磔にする。対戦相手の五感を奪うなど、テニス漫画とはとても思えないシーンが多々見られますが、テニス漫画なんです。

そんなのあり得ないだろ!と思いながらも、次はどんな技が飛び出すのかワクワクする。そうなればあなたもテニプリ好きの仲間入りです。

現在は「新テニスの王子様」として連載が続いています。新テニスの王子様ではテニスの王子様をさらに超えた非現実的なテニスを楽しむことができます。テニプリ好きは必見!

ベイビーステップ

勝木光 、講談社 (2008/2/15)
  • 完結済み
  • 全47巻
レビュー数:35
レビュー評価:5つ星のうち4.7
POINT

秀逸な心理描写とヒロインとの恋愛が見逃せない青春テニス漫画!

「ベイビーステップ」というタイトル通り、主人公の真面目で運動が苦手な主人公のエーちゃんが、頼れるコーチや仲間と一緒に少しずつテニスのプロ選手を目指して歩いていく漫画です。

テニスの王子様のような非現実的なテニス漫画も面白いですが、ベイビーステップはテニス理論や心理描写が非常にリアルに描かれています。

全体的に恋愛要素が盛りだくさんで、ヒロイン「なっちゃん」との恋の行方から目が離せません。むしろテニスよりそっちをメインに描かれているのでは?と思う時期も。テニス経験者も未経験者も楽しめるテニス漫画です。

中途半端な形で完結してしまったのが非常に心残り。作者曰く「もっと描きたかったけど、どうしても描けない事情があり、中途半端になったのは自分の責任」だそうです。

ステイゴールド

大島司 、講談社 (2004/9/17)
  • 完結済み
  • 全3巻
レビュー数:1
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

主人公の強烈なフォアハンドは誰もが憧れる!

大人気サッカー漫画「シュート!」の大島司先生の作品です。

怪我でテニスを長く離れていた元天才テニス少年が、怪我を克服し弱小高校のテニス部に入部するところから物語は始まります。この作品を読むたびに主人公やヒットマンのような乾いた打球音に憧れて壁打ちに通った日々を思い出します。

全3巻で終わってしまったのですが、個人的にはもっと読みたかった…。

登場人物の顔が出てくる度にシュート!の登場人物とダブらせてしまいます。トシ、神谷さん、遠藤など、シュート好き!なら違った楽しみ方ができます。

BREAK BACK

KASA 、秋田書店 (2018/4/6)
  • 連載中
  • 既刊2巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

プロテニス選手が描く異色のテニス漫画!

主人公は元天才女子テニスプレイヤー。1億円の借金返済のために無名高校のテニス部の監督をすることになるというテニス漫画としては斬新すぎる設定です。

内容は非現実的なものではなく、非常にリアルなテニスが描かれています。テニス経験者としては「BREAK BACK(ブレイクバック)」というタイトルも秀逸だと思います。

まだ2巻しか発売されていませんが、早く先を読みたい……テニスの王子様やベイビーステップに続く、人気テニス漫画になるかも?

見上げてごらん

草場道輝 、小学館 (2005/7/15)
  • 完結済み
  • 全8巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

派手さはないが、リアルに描かれたテニスマンガ!

サッカー漫画「ファンタジスタ」の草場道輝先生の作品です。

テニス未経験の主人公が仲間やライバルとの競い合いながら、一気に駆け上がっていく様子が描かれています。テニス経験者じゃなくても楽しく読むことができます。

絵もストーリーも迫力があり、困難に立ち向かっていく主人公の姿は読んだ人を前向きにさせてくれます。

面白かったのに、たった8巻で打ち切りになってしまいました…ただし、その分すぐに一気読みできるので、スッキリ読めるテニス漫画を探してる方にオススメ!

Happy!

浦沢 直樹 、小学館 (2003/12/1)
  • 完結済み
  • 全23巻

エースをねらえ!

山本鈴美香 、集英社 (1973/8/25)
  • 完結済み
  • 全18巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

時代を超えて読み継がれる元祖スポ根テニス漫画!

多くの日本人テニスプレーヤーに影響を与えたスポ根熱血テニス漫画です。

松岡修造選手も「エースをねらえ!」で出てきた「この一球は絶対無二の一球なり」という言葉を叫んでサービスを放ち、ウィンブルドンでベスト8進出を決めたのは今でもエピソードしては有名です。

今から40年以上の漫画なので、おそらく絵やストーリーを古くさいと感じる人は多いかもしれませんが、テニス好きなら一度は読んでおいて損はない作品です。

岡ひろみ、宗方コーチの名前はもはや伝説。

新テニスの王子様

許斐剛 、集英社 (2009/8/4)
  • 連載中
  • 既刊24巻
レビュー数:17
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

テニスの王子様を超越した異次元格闘テニス漫画!

テニスの王子様で死闘を繰り広げたライバル50人が、高校日本代表合宿に呼ばれるところから話はスタートします。光る、飛ぶ、壁を破壊する、対戦相手を戦闘不能するのは、もはや二流三流プレイヤー。新テニスの王子様の一流は海賊やブラックホールで対戦相手を翻弄します。

ここまでくると非現実的すぎて面白いくないと思うかもしれませんが、テニプリの世界だと思えばすべて納得できてしまうのが許斐剛先生のスゴいところです。

ラケットとテニスボールを扱っていますが、もはやテニス漫画?と思う場面は多々ありますが、テニプリ好きなら必見です。
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめマイナースポーツ漫画

2020年東京オリンピックの開催が決まり、今日本のスポーツ熱が再燃しております。マイナースポーツがオリンピックの新種目になったり、独自リーグが開幕したり、世界で活躍する選手が生まれたりと注目される機会が増えています。 サッカーや野球のようにメジャーではないが、注目度が急上昇しているマイナースポーツを題材にしたおすすめ漫画を紹介します。

ピンポン  (ビッグコミックス)

松本 大洋 、小学館
  • 完結済み
  • 全5巻
POINT

それはアクマに卓球の才能がないからだよ。

映画(2002年)やアニメ(2014年)も評価が高かった人気卓球マンガ。
高校卓球を舞台に魅力的なキャラクターたちがそれぞれの壁にぶち当たり泥臭くもがく青春ストーリーです。

スポ根漫画にありがちな必殺技はなく、努力で才能に打ち勝つという構図もない。実に現実的で残酷です。

ピンポンはアニメも是非観てほしい!
キャラがより掘り下げられ、ペコ、スマイル、アクマ、ドラゴン、チャイナの5人主人公の味が増しています。特にチャイナ! クリスマスにお母さんが来てチームメイトと過ごすシーンで込み上げ、ペコとの再戦で泣きました。こんなにいい奴になるとは!

2002年に映画化。2014年にアニメ化されています。
2016年のリオ・オリンピックでは男子シングルス水谷選手、団体、女子団体でメダルを獲得。2018年オーストリア・オープンではみまひなペアが中国を圧倒し優勝。女子シングルスでも伊藤みま選手が優勝。とノリにノっています。 卓球人気も上昇し2018年には卓球Tリーグが開幕しました。2020年には長年の夢である中国をぶちのめし金メダルを獲ってほしい! あと卓球男子ってイケメンが多い。大島選手(坊主になった?)とか松平選手とか。

ハンザスカイ (少年チャンピオン・コミックス)

佐渡川準 、秋田書店 (2010/5/7)
  • 完結済み
  • 全13巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.6
POINT

ついにきた! 伝統派空手の王道漫画!

喧嘩がめちゃくちゃ強い主人公・半座龍之介が空手道部に入部し、礼(礼節)を学び仲間たちとの友情の中で成長しながらインターハイ出場を目指す熱血漫画。

やっぱり団体戦でしょう! 私も空手道部に所属していましたが団体戦が大好きでした。試合には一人で立ちますが、チームの思いを背負って立たなければなりません。そんな緊張感の中、必死に勝ちにいくキャラクターたちが熱い漫画です。

2020年東京オリンピックから新競技として追加された空手。フルコンや極真ではなくいわゆる伝統派空手と呼ばれるものです。組手は「寸止め」が原則となりますが、当てます。寸止めしません。痛い。 組手の他に形(かた)というものがあり、何十人もの敵に囲まれたことを想定し演武します。技の威力や正確性を判定し勝敗を決めます。 金メダル獲得が期待されるので注目が集まり、世界大会なんかもテレビ(BS1)で放映されるようになりました。あとは馴染みの薄いルールや審査方法を一般の方にどう理解してもらうかが課題ですね。

アイシールド21 (ジャンプコミックス)

村田雄介 、集英社 (2002/12/20)
  • 完結済み
  • 全37巻
レビュー数:30
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

小早川セナ21番!ポジションはランニングバックです!

王道スポーツ少年漫画としてスラムダンクに次ぐ名作だと思います。
単純に熱いスポーツ漫画を読みたい人におすすめ。

マイナーなアメフトという競技を上手く利用した読者を裏切る展開にシビれます。
ハイライトは神龍寺ナーガ戦! 熱い展開が凝縮しています。
雪光のオプションルート、インモーションからのロングパス、ヒル魔の40ヤード走、デビルスタンガン…

神龍寺ナーガ戦に限らず秋大会は全ておもしろい!

作画担当の村田先生による力強い作画も見事にはまっています。
2018年のアメフトは熱かった。別の問題で! アメフト好きとしてはこんな形で注目されるのは不本意ですが、少しでも興味を持った方はアイシールド21やNFL(アメリカのプロリーグ)を観てくれると救われます。

弱虫ペダル  (少年チャンピオン・コミックス)

渡辺航 、秋田書店 (2008/7/8)
  • 連載中
  • 既刊58巻
レビュー数:67
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

ロードバイクブームの火つけ漫画

自転車を漕いでいるだけなのになんでこんなに面白くて胸が震え泣けるんだ!?
インターハイ3日目、福富の「箱根学園は強い!」というドヤ顔ガッツポーズの背後に小野田のメガネが光ったとき感動した! というより戦慄した!

あとロードバイクに乗る人は変態しかいないんだな〜と誤解を招く漫画でもあります。

ミュージカルも上演されています。テニプリのような。
舞台上では演者が
ハンドル部分だけ持って足踏みをしています
パッと見はかなりシュール。
でも上演を見終わる頃には見えないはずの自転車が見えてくる…らしい。

アニメは4期、劇場版も制作されています。
現在のロードバイクブームはこの漫画が作ったと言っていいでしょう。ロードバイクに興味のなかった学生や女性たちもロードバイクに乗るようになりました。 実際にロードバイクに乗るとわかるのですが。巻ちゃんのダンシングは平地でも無理だし、御堂筋くんのフォームで走るとめちゃくちゃ怖いし、舌をべろんべろん出しても速くならないからやめておけ、と私のアンディが言っています。

ブリザードアクセル (講談社コミックス)

鈴木 央 、講談社 (2018/2/16)
  • 完結済み
  • 新装版全6巻
POINT

鈴木央が描く王道フィギュアスケート漫画!

とある事情から、周囲の注目を集めたい中学1年生、北里吹雪。ケンカ100連勝を達成するも周囲には引かれるばかり。そんな時出会ったフィギュアスケートで、思い切りジャンプした瞬間、生まれて初めて注目を集めた。その時、吹雪の目標はフィギュアで世界中の人々の注目と喝采を浴びることに定まった! 遅咲きの天才の前に次々と現れるライバルと仲間たち。目指す場所はオリンピックだ!!

私がこの漫画を読んでいた2005年当時はフィギュアスケートが盛り上がり始め。2006年トリノで荒川静香さんが金メダルを獲得し、浅田真央さんや羽生結弦選手などのスターが誕生。フィギュアスケートはもうブームというよりは文化として日本人に定着しています。 作中の吹雪・立花ペアが好きだったので、日本選手もシングルだけじゃなくペアやアイスダンスにもスターが生まれてほしいです!

ガンバ! Fly high (少年サンデーコミックス)

菊田洋之 、小学館 (1994/12/10)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

この漫画を読んで逆立ちに挑戦した

体育嫌いな主人公・藤巻駿が体操と出会いオリンピックを目指す。
個性の強い先輩たち、ライバルたちとの熱い展開、躍動感ある描写と誰にでもおすすめできる王道スポ根漫画です。

原作者はロサンゼルス・オリンピックの金メダリスト・森末慎二さんです。
体操もアメフト同様別の意味で騒がれもしましたが… アテネやリオ五輪での男子団体金メダル。内村航平選手の五輪2連覇、世界選手権6連覇。日本のお家芸と呼ばれる日本体操の人気・実績は本物です。 最近では白井健三選手や村上茉愛選手が実力をつけ東京五輪での期待も高まっています。 村上選手の大腿筋がいいよね。ビスケの正体を見たときウェルゲーの気持ち。

ラフ (小学館)

あだち 充 、小学館 (2001/7/17)
  • 完結済み
  • 文庫全7巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

未完成こそがおまえたちの武器だ。

男として「こんな学生生活がしたかった」と思う漫画。
印象最悪から徐々に仲良くなるヒロインがいて、粗暴だけど芯のある悪友たちがいて、寮で自由に生活できて…

後半、緒方の男気に惚れます。入部当初先輩たちをぶん殴ってたとは思えん。
ハイライトはライバル・仲西さんの復帰戦のシーン。引き込まれるコマ割りが秀逸。

水泳も東京五輪に向けて熱くなっている競技でしょう。 リオでも活躍した萩野公介選手と瀬戸大也選手。この二人のライバル関係は漫画のようです。女子では池江璃花子選手が2018アジア大会で無双してました。

ちはやふる (Be・Loveコミックス)

末次 由紀 、講談社 (2008/5/13)
  • 連載中
  • 既刊40巻
レビュー数:163
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

百人一首競技かるたに捧げる青春!

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。 そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。 まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

「ちはやふる」はアニメや映画にもなり、ここから競技かるた人口がぐんと増え、おじさんばかりだったかるた教室に女子で溢れたそうです。 私は高校生の時にテストに出ると暗記させられました。今は全く覚えておりません。でももちろん「蝉丸」だけは覚えています。 蛇足ですが、コロチキ・ナダルさんの百人一首大会の話が爆笑必死です。

灼熱カバディ (裏少年サンデーコミックス)

武蔵野 創 、小学館 (2016/2/12)
  • 連載中
  • 既刊10巻
レビュー数:21
レビュー評価:5つ星のうち4.8
POINT

カバディをやってみたくなる漫画

スポーツ嫌いの元サッカー有名選手・宵越竜哉(高1)のもとに、ある日『カバディ部』が勧誘に!「カバディなんてネタだろ(笑)」と内心バカにしつつ練習を見に行くと、そこではまるで格闘技のような激しい競技が行われていて……!!!

無料で読めるウェブ漫画「裏サンデー」で連載中です!
日本ではほぼ知られていないカバディですが、この「灼熱カバディ」という漫画が面白いので、これから人気が出るのではという期待を込めてランクインさせていただきました。 アクロバットな動きとラグビーのようなバチバチの肉弾戦が魅力です。究極の鬼ごっこといった感じでしょうか。 小学生の頃やったゲーム(ゴエモン4)に出てきたカバディおじさんがトラウマ。

ダンベル何キロ持てる? (裏少年サンデーコミックス)

サンドロビッチ・ヤバ子 、小学館 (2016/12/19)
  • 連載中
  • 既刊5巻
レビュー数:61
レビュー評価:5つ星のうち4.6
POINT

筋トレのため・ダイエットのため・エロのため

女子高生4人組がゴール◯ジムならぬシルバーマンジムで健康やダイエットのためにトレーニングをする漫画。
日常コメディをベースに1話に1つ2つ筋トレ知識を紹介してくれます。
筋トレ知識紹介のコマだけエロいです。

原作者・サンドロビッチ・ヤバ子先生は『ケンガンアシュラ』の原作者でもあります。
ラ◯ザップやゴール◯ジムなどをはじめとするスポーツジム・フィットネスクラブに通う人が増えています。ラ◯ザップは会社を広げすぎて躓いてますが… ジムの会員になると「お金払ってるから」と半強制的に運動できるのがいいですね。「真剣に『会員』になることを考えたよ。体力をつけなくちゃあな」と思った静かに暮らしたい殺人鬼以外の方は体験入会に参加してみるといいかもしれません。

ノノノノ (ヤングジャンプコミックス)

岡本倫 、集英社 (2008/3/19)
  • 完結済み
  • 全13巻
レビュー数:24
レビュー評価:5つ星のうち4.2
POINT

週刊誌での終わり方が衝撃的! 

女子高生・ノノが死んだ兄に成り代わりスキージャンプでオリンピックを目指す漫画です。
兄が亡くなった理由も病気とか事故とかありきたりではなく、父親の期待に応えられず虐待により追い込まれた末の自殺というドス黒さがあります。

ブス専の性悪とかどうしようもないクズコーチとか岡本先生らしいキャラクターがいい。

単行本では結末が修正されています。
スキージャンプのブームはちょっと落ち着いていますが、高梨沙羅選手がスター(無敵)状態の時はすごかったですね。 ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。 ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめのSF漫画ランキング

プラネテス

幸村誠 、講談社 (2001/1/23)
  • 完結済み
  • 全4巻
レビュー数:108
レビュー評価:5つ星のうち4.5

レベルE (ジャンプコミックス)

冨樫 義博 、集英社
  • 完結済み
  • 上下巻
POINT

冨樫先生の独創的センスに触れる漫画

上下巻(単行本なら全3巻)と短いながら変態的センスが詰まっていてかなり濃いです。
自宅の本棚に入っていたら通な人から「おっ!?」と感心される漫画。
HUNTER×HUNTERの休載中に是非読んでほしいです。

2011年にアニメ化されました。

スプリガン

皆川亮二 、小学館 (2001/4/18)
  • 完結済み
  • 全8巻
レビュー数:13
レビュー評価:5つ星のうち4.1

宇宙兄弟

小山 宙哉 、講談社 (2008/3/21)
  • 連載中
  • 既刊34巻
レビュー数:117
レビュー評価:5つ星のうち4.6

第35回(2011年) 講談社漫画賞受賞

POINT

人の足を止めるのは絶望ではなく“諦観”、 人の足を進めるのは希望ではなく“意志”

高槻涼は進級したばかりの高校二年生。始業式のその日に現れた転校生・新宮隼人は奇妙な左腕を振りかざし、突然涼に襲いかかった。さらに、対峙する二人の前に、謎の男・爪(クロウ)が現れる。爪が涼の幼なじみ・カツミを傷つけようとしたまさにその時、涼の右腕が…!?その腕が掴むものは…神の未来か、悪魔の過去か…!!

皆川亮二作品として『スプリガン』『D-LIVE!!』もおすすめです。

All You Need Is Kill

小畑健 、集英社 (2014/6/19)
  • 連載中
  • 全2巻
レビュー数:66
レビュー評価:5つ星のうち4.4

PLUTO

浦沢 直樹 、小学館 (2004/9/30)
  • 完結済み
  • 全8巻
レビュー数:112
レビュー評価:5つ星のうち4.3

GANTZ

奥浩哉 、集英社 (2000/12/11)
  • 完結済み
  • 全37巻
レビュー数:67
レビュー評価:5つ星のうち4.1

亜人

桜井 画門 、講談社 (2013/3/7)
  • 完結済み
  • 既刊13巻
レビュー数:78
レビュー評価:5つ星のうち3.9
POINT

不死身の人間「亜人」となってしまった圭の葛藤

「亜人」は見た目は普通の人間だが、死ぬと自己再生する力を持つ。その能力のため人間とは認められず捕らえられ人体実験をされ続ける酷遇を受けています。
そんな亜人になってしまった主人公・圭が残酷な人間社会と人間に復讐しようとする亜人テロ集団に挟まれながら自分の存在意義を探していく。

超理論派主人公・圭とサイコパスな亜人テロ集団のリーダー・佐藤のキャラクターが魅力の一つです。
圭は頭脳明晰、合理主義のサバサバした性格で夜神月のような感じ。
佐藤は殺しをゲームとして楽しむ紳士系完全無欠サイコパスです。

新世紀エヴァンゲリオン

貞本 義行 、KADOKAWA/角川書店 (1995/8/29)
  • 完結済み
  • 全14巻
レビュー数:69
レビュー評価:5つ星のうち4.4

ワールドトリガー

葦原 大介 、集英社 (2013/7/4)
  • 連載中
  • 既刊19巻
レビュー数:89
レビュー評価:5つ星のうち4.4

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!!

AKIRA

大友 克洋 、講談社 (1984/9/14)
  • 完結済み
  • 全6巻
レビュー数:46
レビュー評価:5つ星のうち3.7

第3次世界大戦から38年、世界は新たな繁栄をむかえつつあった――。ネオ東京を舞台に繰り広げられる本格SFアクションコミックの金字塔!*

攻殻機動隊

士郎正宗 、講談社 (1991/10/5)
  • 完結済み
  • 全2巻
レビュー数:124
レビュー評価:5つ星のうち4.6

銃夢

木城ゆきと 、講談社 (2014/1/31)
  • 完結済み
  • 全2巻
レビュー数:16
レビュー評価:5つ星のうち4.3
続編が連載中です。

寄生獣

岩明 均 、講談社 (2003/1/21)
  • 完結済み
  • 全10巻
レビュー数:76
レビュー評価:5つ星のうち4.8
POINT

漫画史随一のタイトル回収!

人間に寄生する宇宙生物と人間の対比からメッセージ性の強い作品となっています。

田村玲子と広川の名言には人間とは何かを考えさせられる。
自分を見つめなおしたい時に読む漫画です。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめのグルメ・料理漫画ランキング

飯テロ必死のグルメ漫画を紹介します。 夜に読むとお腹が空いて眠れなくなるので気をつけてください。

食戟のソーマ

附田 祐斗 、集英社 (2013/4/4)
  • 連載中
  • 既刊32巻
レビュー数:79
レビュー評価:5つ星のうち3.6
POINT

料理、バトル展開ともに高レベルな漫画

戦い方が料理というだけで単純に学園バトルとしてかなり面白い!
料理の描写も細密で白黒とは思えないほど美味しそうです。
料理バトルのお約束、オーバーリアクションも見どころ。お色気要素が強め。

ミスター味っ子

寺沢大介 、講談社 (1987/1/14)
  • 完結済み
  • 全19巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち3.7
POINT

元祖オーバーリアクション芸

料理の味という漫画ではどうしても伝えることができないものを表現するために編み出されたオーバーリアクション描写。
アニメでは輪をかけて大袈裟になります。

ミスター味っ子の息子が主人公のミスター味っ子2が現在連載中!

ダンジョン飯

九井 諒子 、KADOKAWA / エンターブレイン (2015/1/15)
  • 連載中
  • 既刊6巻
レビュー数:419
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

RPGダンジョンでモンスターを食す!

ドラクエとかに出てきそうなモンスターたちを調理して食べる漫画。
モンスターは架空なのに調理方法はリアルに描かれているため「食べてみたい」好奇心を煽られます。

最近流行っている「ファンタジー世界に一部現実要素を盛り込む系」のはしりです。

トリコ

島袋光年 、集英社 (2008/11/4)
  • 完結済み
  • 全43巻
レビュー数:42
レビュー評価:5つ星のうち4.3

美味しんぼ

雁屋哲 、小学館 (1984/11/30)
  • 連載中
  • 既刊111巻
レビュー数:32
レビュー評価:5つ星のうち3.7

焼きたて!!ジャぱん

  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

なんやて!?

当初は比較的リアルなパンのグルメ・調理漫画だった。
ライバルたちとの料理バトルなど王道展開で十分おもしろいのだが、物語が進むにつれリアクションの演出がぶっ飛んでいく。
そのぶっ飛び方が尋常ではない。
ラスボスはパンでできた戸愚呂弟。

前半と後半で全く別漫画として読むべき。

POINT

ストーリー、教養、ギャグの3要素揃った王道漫画

日露戦争直後の北海道が舞台です。なかなか漫画にない設定。
隠し金塊のヒントとなる刺青人皮を探して、同じく金塊を狙う帝国陸軍や土方歳三と共闘したり裏切ったり。

単純なバトルだけでなくアイヌ民族や狩りの薀蓄(うんちく)が紹介され実にタメになる漫画でもあります。
アイヌ料理が美味しそう。

顔芸やらホモネタやらぶっ飛んだギャグ系も笑えます。
筋骨隆々な男が好きな方にはおすすめ。
最終的に何が言いたいかというと、アシリパさんが可愛い。

名シーンはラッコ鍋と二階堂が義足をもらうところ。迷シーンか。

アニメも制作されています。

クッキングパパ

うえやま とち 、講談社 (1986/1/14)
  • 連載中
  • 既刊147巻
レビュー数:25
レビュー評価:5つ星のうち4.4

荒岩一味は食の街・博多でバリバリ働くサラリーマン。荒岩には、仕事よりも大切なものがある。それは、家族。多忙を極める業務の合間、家族のため料理を作る荒岩。料理が好き、そして食べてくれる家族の笑顔が大好き。荒岩の活力は家族の「おいしい笑顔」なのだ。妻・虹子、長男・まこと、長女・みゆきの四人家族を中心に、家庭人として、時に企業人として、荒岩は今日もその腕を振るう!

中華一番!

小川悦司 、講談社 (1996/2/16)
  • 完結済み
  • 全17巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.2

19世紀中国を舞台にした伝説の厨具を求めて旅をする料理漫画。
北斗の拳に出てきそうなキャラたちによる型破りな調理方法が多く登場します。
さすが中華、発想がでかい!

真・中華一番、中華一番!極に続きます。最新作は現在連載中!
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめ格闘技・ケンカ漫画ランキング

ケンカが強いというのは男としては永遠のテーマです。 自分が今ケンカしたらどれくらい強いのか? と考えても思っても理性ある社会人ですから試したりできません。痛いの嫌だし… そんな抑え込まれた闘争心を妄想的に叶えてくれるのが格闘技・ケンカ漫画ですね。何より格闘技・ケンカ漫画を読むと自分が強くなったような気がします。 そんな現代では使われにくくなった闘争心を解放するのにオススメな格闘技・ケンカ漫画をランキングで紹介します。

喧嘩稼業 (ヤンマガKCスペシャル)

木多 康昭 、講談社 (2014/4/4)
  • 連載中
  • 既刊11巻
レビュー数:26
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

断トツで卑怯な主人公と可愛くてかっこいい文さん。

主人公の佐藤十兵衛は最強を決めるトーナメントを闘うわけだが、ここまで卑怯な主人公で漫画としていいのか!? ってくらい闇討ち・裏工作なんでもありです。 
相手もその辺は承知だったりでリング外での仕掛合いが面白い。もちろん試合も練られていて単純な力!技!ではなく心理戦や駆け引きにスポットが当たっています。

私は佐藤の師匠でありトーナメント参加者でありAT限定の文さんが大好きです。文さんの過去は泣けるほど感動。かと思えば38歳童貞を気にしたりといいキャラしてます。

「喧嘩商売(全24巻)」「喧嘩稼業」という順番です。トーナメントは喧嘩稼業から。 喧嘩商売はトーナメント出場者の紹介もあるのでぜひ読んでおきたいですが、半分は木多先生色の強いギャグが入ります。

ケンガンアシュラ  (裏少年サンデーコミックス)

サンドロビッチ・ヤバ子 、小学館 (2012/12/18)
  • 完結済み
  • 既刊26巻
レビュー数:35
レビュー評価:5つ星のうち3.6
POINT

異種格闘技トーナメント漫画が面白くないわけがない!

主人公のデザインといい異種格闘技トーナメントといいバキっぽいですがかなり面白い格闘技漫画です。
何より秀逸なのがトーナメント参加者。個性的かつ魅力的です。参加者の一人を紹介すると

夢の国から来た男 根津マサミ

いろんな意味でやばくないですか? 絶対気になっちゃうよこんなの!
こんなのが32人でトーナメントするんだからそりゃ面白い。

完結済ですが、続編の予告が裏サンデー公式HPで発表されています。

さらに2019年にアニメ化。

エアマスター (ジェッツコミックス)

柴田ヨクサル 、白泉社 (1997/7/29)
  • 完結済み
  • 全28巻
レビュー数:10
レビュー評価:5つ星のうち3.7
POINT

どんな人間でも”安いプライド”があれば戦えるんだ 何とだって!

心貫く名言の多い熱いストリートファイト漫画!
とだけ言って終わりたいところですが…

変態が多い! 多すぎる!
みんな変態的な愛がノンストップです。
変態の愛でも愛! 愛って強いんだなと痛感します。
長門のキスシーンは私の漫画人生屈指のトラウマです。

アニメはラストが少し違う展開なのでどちらも楽しめます。
POINT

未完となってしまった名作

最後の最後、最高潮のラスボス戦(横綱・泡影戦)直前で終了してしまうので読まないほうがいいです。
だって面白すぎて最後が気になってしまうから!

主人公・鮫島にとって最後であり最高の十五日。
一日一日が死地として命を削る鮫島に勇気をもらいます。

バチバチシリーズは「バチバチ(全16巻)」「バチバチBURST(全12巻)」「鮫島、最後の十五日(全20巻)」です。 しかし、作者の佐藤タカヒロさんが急逝されたため未完のまま連載終了となっています。

グラップラー刃牙 (少年チャンピオン・コミックス)

板垣 恵介 、秋田書店 (1992/2/1)
  • 完結済み
  • 全42巻
レビュー数:30
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

まだ…やるかい?

格闘技漫画といったら刃牙シリーズでしょう。
地上最強の父を倒すため刃牙が様々な強者と闘い強くなっていくというわかりやすいストーリーですが、板垣先生独特の表現や理論に引き込まれる漫画です。

ハイライトは花山薫vsスペックです。
花山もスペックもタフすぎるだろ!

「グラップラー刃牙」「バキ」「範馬刃牙」と続き、現在「バキ道」が連載中です。

ホーリーランド (ジェッツコミックス)

森恒二 、白泉社 (2001/6/29)
  • 完結済み
  • 全18巻
レビュー数:23
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

格闘技考察の深いストリートファイト漫画

自宅で引きこもってワンツーの練習だけ何ヶ月もやってた主人公・神代。街で絡んできたヤンキーをのしていたらヤンキー狩りとして有名に。強いと噂のヤンキー狩りを倒そうと猛者たちが神代に挑戦してくるというストーリー。

たぶん、神代くんは「感謝のワンツー1万回」をやり続けたに違いない。

バガボンド (モーニングKC)

井上 雄彦 、講談社 (1999/3/23)
  • 連載中
  • 既刊37巻
レビュー数:32
レビュー評価:5つ星のうち4.1
POINT

宮本武蔵VS佐々木小次郎を早く読みたい!

前半はそれなりに決闘・バトルがありますが、後半になるにつれて武蔵の
天下無双とは何か…
と悩む心理描写が増えてきます。

漫画に収まらない神々しさを感じる井上先生の画力も見所です。もう画集。

原作は吉川英次先生の『宮本武蔵』という小説です。

はじめの一歩 (講談社コミックス)

森川 ジョージ 、講談社 (1990/2/9)
  • 連載中
  • 既刊132巻
レビュー数:8
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

一歩vs宮田 は一体いつになるのだろうか

作中の名勝負が多い。読者同士なら必ず花が咲くなるどの名勝負が好きか談話。
『鷹村vsブライアン・ホーク』『一歩vs千堂』『一歩vs沢村』『青木村のタイトルマッチ』『木村vs間柴』…
誰かと熱く語り合いたい。

130巻を超え現在も連載中で読み始めるのが躊躇われるかもしれませんが、ぜひ読んでほしい漫画です。

史上最強の弟子 ケンイチ  (少年サンデーコミックス)

松江名俊 、小学館 (2002/8/9)
  • 完結済み
  • 全61巻
レビュー数:14
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

目を光らせるには達人になるしかないのか。

いじめられっ子の主人公・白浜兼一がヒロイン・風鈴寺美羽を護るために強く成長していく話。
ただしヒロインのほうが強い。

主人公一人に対し、師匠が6人いるという珍しい設定。
挫折→修行→バトルというわかりやすい展開で読んでいて爽快。

お色気要素も多い。私はもちろん連華のファンです。

61巻まで続いた人気作でしたが、週刊誌側の事情により伏線を残したままほぼ打切りという形で終了しました。 ぜひ続編を描いていただきたい!

ハンザスカイ (少年チャンピオン・コミックス)

佐渡川準 、秋田書店 (2010/5/7)
  • 完結済み
  • 全13巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.6
POINT

ついにきた! 伝統派空手の王道漫画!

喧嘩がめちゃくちゃ強い主人公・半座龍之介が空手道部に入部し、礼(礼節)を学び仲間たちとの友情の中で成長しながらインターハイ出場を目指す熱血漫画。

やっぱり団体戦でしょう! 私も空手道部に所属していましたが団体戦が大好きでした。試合には一人で立ちますが、チームの思いを背負って立たなければなりません。そんな緊張感の中、必死に勝ちにいくキャラクターたちが熱い漫画です。

高校鉄拳伝タフ (ヤングジャンプコミックス)

猿渡 哲也 、集英社 (1994/3/18)
  • 完結済み
  • 全39巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

お…俺はまだ生きてるぞ

見ためは不良だが、実は純情お人好しの高校生、宮沢熹一。ある日出会った、驚異の破壊力を持つ黒田光秀は、熹一の使う灘神影流を知っていて…!?灘神影流とは…!?熹一と黒田の死闘が始まった!!

外伝・続編として「TOUGH外伝 龍を継ぐ男」が週刊プレイボーイで連載中です。
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめギャグ・コメディ漫画ランキング

ランキングとしましたが、コメディは好き嫌いが大きく別れるジャンルなので「おもしろいランキング」ではなく「おすすめランキング」という意味合いが強いです。 気になったものがあればとりあえず1巻だけ読んでいただきたい! それでおもしろくなかったら自分には合わないと切り捨てたほうがいいでしょう。 (サムネ・アイキャッチを見てなんの漫画か予想してみてください。)
POINT

霊幻新隆にハマるかどうか…

本作の魅力は全て主人公・モブの師匠・霊幻新隆に集約される。
霊能力は全くないのに「霊とか相談所」という悪霊退治を生業としている(ほぼ)詐欺師の霊幻。
霊能力は皆無なのだが、様々なスキルを活用して悪霊や超能力者に打ち勝つ(騙す?)。
「催眠術パンチ」が最高です。

アニメ(2016年、2019年)もおすすめです。
POINT

下品な笑いと報われない哀愁の混在

『稲中卓球部』『ヒミズ』の古谷実先生のギャグ漫画。
基本はギャグですが所々に哀愁が仕込まれ単なるギャグ漫画とは言い難い。このギャグと哀愁の混在が秀逸。
私は古谷作品では『僕といっしょ』『グリーンヒル』が好きです。

主人公の兄弟は「すぐ夫」と「いく夫」。この名前からわかるように下ネタも多いです。

POINT

荒川河川敷に住む常軌を逸した人たちのコメディ漫画

自分を金星人と言いはるヒロインとか常に星型の被り物被っているロック歌手とか変わった人しか出てきません。
そんな荒川河川敷の住人に振り回される主人公・リク。
次の展開が予想できない、と言うか不条理な展開しかないコメディです。
でもギャグと思ってた伏線が回収されたり、ちょっとシリアスに入ったりと不思議な漫画。

アニメ全26話
POINT

「野崎くん!! ふっ…ファンです…!」

女子高生佐倉千代ちゃんが片思いの相手野崎梅太郎くんに告白したら、なぜか少女漫画家のアシスタントになっていた。という意味のわからない展開で始まるコメディー。

恋愛経験ゼロの男子高校生なのに人気少女漫画家である野崎くんとベタ塗り担当となった千代ちゃん。
だけでなく、効果担当のみこりんや声楽部のローレライ瀬尾など魅力的なキャラクターが多い。
ちなみに少女漫画のような恋愛展開はほぼありません。

アニメは全12話です。
POINT

シュールといったらこの漫画です! 

意味を考え出したらダメなタイプのシュールギャグ漫画。
終始カオスな状況で説明が難しい。
好き嫌いがはっきりと出ます。

Queenの映画『ボヘミアン・ラプソディ 』の話題があがる度にクロマティ高校を思い出してしまう。

アニメOP曲『純(吉田拓郎)』が名曲なのでクロマティ高校関係なしに聞いてほしい。ちなみにOPは2番が使われています。
POINT

斉木楠雄は静かに暮らしたい

目立たず暮らしたい最強超能力者・斉木楠雄が巻き込まれる災難に苦悩する日常ギャグ漫画。
降りかかる災難に斉木が冷静にツッコミを入れる。クスクス笑える漫画。

1話からずっと笑わせていただいたが、一転最終回は感動した。

POINT

純愛ダイビング漫画! ではなく裸飲みサー漫画!

酒と男の裸がほとんどで、とときどきダイビング。
欲望に忠実な男子大学生が欲望に忠実に全力でドタバタします。
普通の大学生活とは程遠いが、かなり楽しそう。

POINT

クスっと笑えるユルめ冒険ファンタジー

勇者・ニケと魔法使い・ククリの魔王打倒を目指す冒険物語。ドラクエをオマージュした世界観。
なのだがかなりユルいです。バトルに緊迫感はあまりなくギャグが基本。

「ただし魔法はケツから出る」
この洗練された台詞センス!

続編の『魔法陣グルグル2』がガンガンONLINEで連載中
POINT

パワポ……!!

『カイジ』に登場する名敵キャラ・利根川のスピンオフ。
超ブラック企業・帝愛グループで兵藤会長に振り回される利根川の生活を追ったシュールギャグ漫画です。

『カイジ』でのイメージどおり利根川は有能! 仕事もでき、部下も思いやる理想の上司!
ただ利根川に愛着が湧きすぎて、いざ『カイジ』でのEカードでは負けてほしくないと思ってしまう。

アニメのナレーションは川平慈英さんです。
POINT

おっさんあるあるの宝庫

カイジ・地下チンチロ編でのラスボス・班長大槻のスピンオフ作品。

まさに悪的発想!
知見・洞察力に優れた大槻流おっさん生活の嗜みを学ぶことができる漫画です。
大槻の着眼点は庶民的でありながら品があり、これを読めば見える世界が変わってきますよ。

節約と豪遊のメリハリ、見極めが大切だと学びました。

格安ビジネスホテル!

POINT

時代を超えるおもしろさ

連載が20年以上前で、題材もツッパリと馴染みのない漫画ですが現代っ子が読んでも絶対笑えます。
古典的というよりはクラシカルな定番の笑い。

いつも三橋にいいように騙されてしまうけど男気があって仲間思いの今井が大好きです。

2018年には実写ドラマが放送されています。
POINT

かなり笑える 反面、ダメ人間には刺さる

『稲中卓球部』の古谷実先生が『ヒミズ』のシリアスに転換する直前の漫画。
まだギャグ漫画。

私が同書を読んだのは大学生の将来に悩みくすぶっていた時期で、そんな私には作中のリーダーや安田の言っていることが他人事には思えず心を削られました。

POINT

男子なら必ず笑える男子特化ギャグ漫画

この漫画には中高生男子、特にモテない男子の思考がまるまる表現されています。
共感できることだらけです。

世の女性たちも今作を読めば男子の基本思考が理解できるのでおすすめします。
旦那さんや彼氏との関係回復に役立つはず。

『高校アフロ田中』『中退アフロ田中』『上京アフロ田中』『さすらいアフロ田中』『しあわせアフロ田中』 と続き現在『結婚アフロ田中』がスピリッツで連載中
POINT

小林尽先生のシュールな笑いが光る、ドタバタ学園ラブコメディ

魅力的なキャラクターが多く羨ましい高校生活。いろんなところで
なんだか気になる…アイツ…
みたいな恋愛ゴタゴタが発生します。

ギャグはシュールなものが多い印象です。

枠外にツッコミのような煽りが入るのも特徴。
POINT

金田一少年の事件簿を犯人目線でコメディに描いた漫画

まず『金田一少年の事件簿』を読んでいないことには全く意味がわからないので注意。
逆に読んだことある人は100%おもしろいです。

原作のシリアスさはなく、トリックを暴かれる心境や裏事情がおもしろおかしく表現されています。
ちょっと犯人たちに同情してしまう。

POINT

僕もうトイレとか家でしかパンツ脱げないじゃないか

増田こうすけ先生による1話完結のギャグ漫画。現在はギャグマンガ日和GBとなりジャンプスクエアで連載中。

聖徳太子や松尾芭蕉の有名なものだけなく麻雀など笑える回がたくさんあります。
ただ当たり外れが多くギャグ漫画日和好きな私でも面白くない話も。独創ギャグ漫画の宿命かもしれませんが、読者によって好みが別れます。

アニメは1話5分と短く早口でテンポがいいので漫画より笑えます。
完コピして学校で披露してくれる友人がいました。

アニメが1〜3と+の全4期あります。
POINT

所詮オッパイなど お尻のまがいものに過ぎないのです

↑は漫画界に残る名言だと思いま…す!

元女子校で男子は5人だけ。
男子退学を目論む裏生徒会に濡れ衣?を着せられ隔離された監獄から脱走を計画する。
変態エロコメディです。

主人公・キヨシの友人・ガクトが糞かっこいいです。
限定フィギュアのために学校生活をかなぐり捨て授業中に脱糞する漢気。

POINT

理不尽なのに

構成は『すごいよマサルさん』とほぼ同じです。飛び抜けていますが意外と読者を選ばない万人ウケするギャグ漫画だと思います。
誰もが持ってるすけべ心とか哀愁を浮き彫りにする着眼点が秀逸です。

POINT

絶望先生が現代社会への絶望を毒づくブラックユーモア

時事ネタやあるあるネタが主なのだが、その観点が素晴らしいです。
「たしかにな〜」「それ言っちゃうの!?」
と思うこと間違いなし。

ほぼ1話完結で登場人物の設定も気にしなくていいので何巻から読んでも楽しめます。

アニメ全25話も評価が高いです。
POINT

ゲスリング同好会に入りたい

学校の便利屋スケット団の3人を中心とした日常コメディ。
構成は笑い7割、感動2割、恋愛・シリアス1割。
銀魂の学園ものといったところ。

ギャグ漫画なので軽くなりがちな登場人物たちのバックグラウンドが丹念に組み立てられています。

POINT

ジャンプ好きなら読んでほしいギャグ漫画

ジョジョ、ブリーチ、テニプリなどのジャンプ作品のパロディネタが多い。
そのパロディネタが秀逸。作者のジャンプ愛が伝わる。

人気投票の結果発表回が伝説。これほどおもしろい結果発表って見たことないです。
1コマ1コマ爆笑でした。

ヤイコ先輩の恋愛展開が地味に好き
POINT

外交問題まちがいなし!

ここまで飛び抜けている漫画は他にない。よく発売禁止にならないな。

力わざこの上ないギャグで終始フルスロットル。どんどん加速していきます。
合う合わないがくっきりと別れる作品。むしろ合う人がマイノリティ…?

続編となる『ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング』が近代麻雀コミックスで連載中

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん (ジャンプコミックス)

うすた京介 、集英社 (1996/6/4)
  • 完結済み
  • 全7巻
レビュー数:27
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

読めば君もセクシーメイト

セクシーコマンドーという格闘技を使う高校生マサルさんの漫画なのだが、設定とかストーリーは気にするだけ無駄です。

理不尽な展開の連続のように見えますが、実はお約束の笑いの上にうすた京介さんの逸脱したセンスが乗っかっている構成だと思います。なので誰にでも勧めやすい漫画です。ただセンスの尖り具合はハンパない。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめギャンブル・アンダーグラウンド漫画

ギャンブルや裏社会をテーマにしたおすすめ漫画を紹介します。 このテーマで集めてみたら、どれも「人生を考えさせられる漫画」という共通点があります。 漫画をとおして生か死かの極限状態を感じることで自分の生き方に向き合うきっかけになるのかもしれません。
POINT

このタタキやらせていただきます!

ギャングースはちょっと特殊な漫画で、ルポライター鈴木大介さんの『家のない少年たち』という本を原案としています。親に棄てられ犯罪に手を染める少年少女を10年取材したノンフィクション。

犯罪の描写がリアルでためになるんですが、それ以上にキャラクターたちの境遇が心にチクチクと刺さります。私たちも見て見ぬ振りできない隠された世界を考えさせられる漫画です。

2018年11月に映画化されました。

賭博黙示録 カイジ 

  • 完結済み
  • 全13巻
POINT

ギャンブル漫画といえばコレ!

主人公・カイジは普通の人間。むしろそれ以下のクズ人間。
借金をつくり返済のため命をかけたギャンブルに身を投じていくのだが、常に背水の陣。人の良さも災いして苦境に立たされ続ける。
ただ窮地に追い込まれたカイジの発想は天才的。
数パーセントの運を引き当てるのではなく、とにかく理詰めで細い糸を手繰るように勝つ確率を上げていくカイジの戦略に息を飲む。

『賭博破戒録カイジ』賭博堕天録カイジ』『賭博堕天録カイジ 和也編』、『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』とシリーズが続き、現在もヤンマガで連載中です。

銀と金

  • 完結済み
  • 全11巻
POINT

悪党を葬るものがあるとすれば それはつまりそれ以上の悪

裏社会の話ですから出てくるキャラは主人公含めて悪党ばっか。

人生ふりきっていつ死んでも構わないって人間には格好良さを感じる。
現実に生きる私はどうしたって安定を求めます。とても漫画のようには生きられない。だからこそ銀さんのようなキャラクターに惹かれます。

POINT

狂気の沙汰ほどおもしろい

ストーリーは天才雀士・赤木しげるが代打ちとして様々な実力者たちと命懸けの麻雀勝負をするというもの。
とにかく赤木が強い! しかもだいたい運で勝つ。駆け引きとかあるけど結局は運(を呼び込ん)で勝つ。なのに面白い。他の漫画なら「なんだよ運で決着か」とシラけそうなのにアカギは面白い。不思議。
赤木の生き様がかっこいい。人生観に憧れる。だが絶対に真似したくはない。私だったら「半です」と泣いて言うだろう。

麻雀漫画なので麻雀の知識がないと楽しめないと思うかもしれないがそんなことはない。かく言う私もドンジャラくらいの知識しかないがかなり熱中した。
逆に麻雀の知識がある人は「あり得ねーだろ」と思うらしい。

「アカギ」は「天 天和通りの快男児」という漫画のスピンオフ作品となります。赤木というキャラクターが人気過ぎてスピンオフの方が有名。どちらも作者は福本伸行さん。

アニメもかなりおすすめです。こんなに絵面の変わらないアニメは初めて。なのにおもしろい。

POINT

騙し合い・頭脳戦・心理戦の最高峰漫画

麻雀やポーカーなどの既成のゲームではなく、作者のオリジナルゲームでの騙し合いバトル。
緻密に構成されたゲームと駆け引きが高レベルで展開される。 
デスノート同様に読むのにかなり疲れる。

実写ドラマ化されています。

ドラマの見所はやはり鈴木浩介さん演じるフクナガでしょう。原作とは設定がかなり変更され、忘れられない衝撃を残すキャラクターとなっている。

天-天和通りの快男児-

  • 完結済み
  • 全18巻
POINT

麻雀だけにとどまらない人生を問う傑作漫画

人気作品『アカギ』の元となる漫画。
最初は普通に麻雀しているが、終盤はアルツハイマーに罹り安楽死を選択しようとする赤木しげるの人生観を描く漫画になります。
『アカギ』好きにはぜひ読んでいただきたい!

賭博覇王伝 零 

  • 完結済み
  • 全18巻
POINT

福本伸行先生が考案する命がけギャンブル遊園地

主人公・零は賞金1000億円のギャンブルの大会に参加するのだが、そこで登場する多様なギャンブルゲームがおもしろい!
ギャンブルはどれも命がけで人間の本性・欲が禍々しく描かれる。よくこんな残酷なもの考えつくな〜と一憂。

零は状況を的確に考察し理詰で勝つ確率を高めるタイプ。
同じような「カイジ」と違うところは零は頭脳明晰、運動神経抜群、終始冷静の天才であること。

賭博覇王伝零全8巻、ギャン鬼編全10巻。
POINT

心が弱ってる時には読まないでほしい漫画です

主人公は暴利で金を貸す闇金を経営するウシジマくんなのだが、ストーリーは専らウシジマくんの元へお金を借りに来るお客が中心。
闇金に来る客なので訳あり多く、その客をとおして暗く深い日本の闇を覗き見れる漫画。

北九州一家監禁殺人事件、名古屋アベック殺人事件など実在する事件をモデルとしている内容が散見します。
与沢さんはこの漫画をどう思っているんだろうか。

私は寝る前に読んでいたが、将来とか人生の不安を掻き立てられとても寝られるテンションではなくなった。軽い鬱状態なのでは?

牛島・山田孝之でドラマ、映画化しています。

土竜(モグラ)の唄  (ヤングサンデーコミックス)

高橋のぼる 、小学館 (2006/1/5)
  • 連載中
  • 59巻
レビュー数:27
レビュー評価:5つ星のうち3.9
POINT

単純で難しく考えずに楽しく読める漫画。

主人公・菊川怜二が暴力団の会長を逮捕するためヤクザに潜入捜査する話。
基本的には菊川が持ち前の根性とタフネスで悪を打倒し、時には仲間に助けられのし上がっていくという定番のストーリーで安定した面白さ。

ヤクザ漫画らしく拷問多し、クレイジー野郎多し、任侠に熱い野郎多し。
エロも多いので電車の中で読むのは躊躇する…

2014年に主演・生田斗真で実写映画化された。

作中の人気キャラクター・日浦匡也を主人公としたスピンオフ漫画『土竜の唄外伝 狂蝶の舞』も。

POINT

詳密な頭脳戦と爽快なバトルが魅力の漫画

頭脳戦は『カイジ』『ライアーゲーム』のような綿密な構成によるハイレベルな駆け引きが楽しめる。

他作品のギャンブル漫画と違うのは「暴力」という要素が大きいところ。
頭脳戦の勝ち負けを暴力で踏み倒すことが当たり前。ただギャンブルが強いだけでは勝ち上がれない妙なリアルさ。

ONE OUTS (ヤングジャンプコミックス)

甲斐谷忍 、集英社 (1999/6/18)
  • 完結済み
  • 全20巻
レビュー数:23
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

人間が一番隙を作る時。それは勝利を確信した時だ。

1OUT毎に報酬500万円! しかし1失点毎に5,000万円罰金! 
というワンナウツ契約でプロ入りした主人公・渡久地。正確な制球力と悪魔的なギャンブルの才能を活かしてリーグ優勝を目指す。

見た目はほぼアカギ。
オーナーがチームメイト買収してわざと失点させたり、とにかく打たれまくって雨天コールド狙ったりとまさに前代未聞!の野球が読める漫画。
正直、これは野球漫画と言えるのか?
とも思えるが全く知らなかった野球のルールが出てきたりと今までにない角度から野球を観る面白さがある。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめの音楽漫画ランキング

漫画から音が聴こえるはずないのに、まるで音が聴こえてるかのように楽しめる名作音楽漫画をご紹介します。

BECK (KCデラックス)

ハロルド 作石 、講談社; B6版 (2000/2/15)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:39
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

私に音楽という裾野を広げてくれた漫画

特に音楽(楽器とかバンドとか)をやってない人に読んでもらいたい漫画。
楽器を始めたくなったり、音楽フェスに行ってみたくなります。

漫画としてもかなり面白い。
業界の権力者を敵に回したことで常に逆境に立たされる主人公たちだが(何度か解散している)自分たちのフィーリングを信じ乗り越えていく。
グレイトフルサウンズやアヴァロンフェス編は何度読んでも熱くなります。

実写映画化・アニメ化もされています。

のだめカンタービレ  (講談社コミックスkiss )

二ノ宮 知子 、講談社
  • 完結済み
  • 全25巻
POINT

漫画・アニメ・ドラマ(映画)すべてがヒットしたクラシック漫画

音大生の大学生活・青春をコメディに描かれています。
なんか音大生って優雅で高貴なイメージだったんですが、等身大(リアル)なキャラクターたちでとても和みます。

有名な話ですが、主人公・のだめのモデルとなった同姓同名の音大生(現在はピアノの先生)がいるそうです。

BLUE GIANT (ビッグコミックススペシャル)

石塚 真一 、小学館 (2013/11/29)
  • 完結済み
  • 全10巻
レビュー数:103
レビュー評価:5つ星のうち4.3

『岳』の石塚真一、最新渾身作!! ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめの実写(映画・ドラマ)化された漫画ランキング

原作はもちろん、実写化され映画やドラマもおもしろい漫画を紹介します。原作漫画の良さを一層引立てたり、結末が違っていたりと実写もぜひ観て欲しい漫画を揃えました。 ランキングは漫画のおすすめ度ではなく、実写を見てほしい度を重視しています。

自虐の詩 (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

業田 良家 、竹書房 (1996/6/1)
  • 完結済み
  • 上下巻
レビュー数:53
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

幸せとは何か 人生とは何なのか 

最初は癇癪持ちのヒモ男・イサオと一途な内縁の妻・幸江の貧乏生活を描いた四コマ漫画なのだが、気づくと幸せとは何だと考えさせられる感動漫画となっている。

四コマなのでテンポよく、上下巻で完結と読みやすいです。ただし、涙腺を崩壊させたりトラウマを抉られたりするので注意が必要。

2006年に映画化。幸江を中谷美紀、イサオを阿部寛が演じています。中谷美紀の幸江は漫画とは違いかなり美人ですが、幸の薄そうな哀愁ある演技は見事です。
POINT

私にもモテ期があったのだろうか? いや今からか!?

全4.5巻でさらっと読めます。
ラストシーンのその後がどうなったのかとても気になる。
いつかちゃんにはどうか幸せになってほしい。

漫画も面白いですが、ドラマを観て欲しい。
土井亜紀は女優さん(野波麻帆さん)の演技で漫画とはいい意味で一味違ったキャラクターになってます。
いつかちゃん役の満島ひかりさんが熱唱する「ロックンロールは鳴り止まないっ」は衝撃でした。

2010年にドラマ化、2011年に映画化されています。
POINT

風呂敷がどんどん広がって読むのをやめられない

序盤から伏線が大量に出現し先のよめないワクワク感はすごいが、伏線全て回収されるわけではない
という浦沢直樹作品の典型です。

ただ私たち読者の読解力がないだけで、浦沢先生からしたら
「こんだけヒント出してるんだからあとはちょっと考えればわかるでしょ?」
ということかもしれない。
実際、解説・考察サイトとかを読むとそうだったのか〜と関心します。
それでも解明されない謎は多いですけど…

映画は第一章・第二章・最終章と3部作。

原作と若干異なったストーリーになっています。

POINT

何度読んでも理解に苦しむハイレベルな頭脳戦

くそ! レベルが高すぎてL(エル)や月(ライト)が何をやっているのかわからない。
一巻読むのに時間がかかる。テニプリの10倍はかかる。これで同じ値段だから漫画とは不思議なものだ。

アニメ化、映画化、ドラマ化もされています。
原作に忠実なものもあれば、結末がオリジナルなものもあり漫画とは違った見方ができます。

POINT

志々雄真実は少年誌に残る名悪役

京都編(志々雄真実編)は名作です。
見所はやっぱり飛翔の蝙也でしょうか。
かなり努力して痩せてるけど重くなるから爆薬そんなに積めないだろうし、防御力ないから弥彦に一撃で負けるし…

縁の空中二段ジャンプ(跳躍中に上下に向く力がちょうど0のときもう一回跳べる)は学校で練習しました。

ジャンプスクエアにて『北海道編』として連載再開しました。

実写映画が3作上映されています。

POINT

この設定 一生かけて考えても絶対に出ないアイディア

古代ローマ時代のテルマエ(温泉)技師・ルシウスが現代日本にタイムスリップするという設定。
日本の温泉技術に(少し勘違いしながら)驚くのが面白い。
職人気質のルシウスが真面目すぎるが故に起こす奇行と寛容に受け入れる日本人たちがシュールです。

日本の技術をローマで再現するために使うのはだいたい奴隷。
奴隷かわいそう…

映画が『テルマエ・ロマエ』『テルマエ・ロマエⅡ』と2作ありどちらもヒットしています。

のだめカンタービレ  (講談社コミックスkiss )

二ノ宮 知子 、講談社
  • 完結済み
  • 全25巻
POINT

漫画・アニメ・ドラマ(映画)すべてがヒットしたクラシック漫画

音大生の大学生活・青春をコメディに描かれています。
なんか音大生って優雅で高貴なイメージだったんですが、等身大(リアル)なキャラクターたちでとても和みます。

有名な話ですが、主人公・のだめのモデルとなった同姓同名の音大生(現在はピアノの先生)がいるそうです。

孤独のグルメ

  • 完結済み
  • 全2巻
POINT

中年オヤジが料理店で飯を食うだけ それが面白い

松重豊さんが演じるドラマが人気です。
というか漫画よりもドラマのが断然おもしろいです。

ドラマはシーズン7まで続いています。
POINT

心が弱ってる時には読まないでほしい漫画です

主人公は暴利で金を貸す闇金を経営するウシジマくんなのだが、ストーリーは専らウシジマくんの元へお金を借りに来るお客が中心。
闇金に来る客なので訳あり多く、その客をとおして暗く深い日本の闇を覗き見れる漫画。

北九州一家監禁殺人事件、名古屋アベック殺人事件など実在する事件をモデルとしている内容が散見します。
与沢さんはこの漫画をどう思っているんだろうか。

私は寝る前に読んでいたが、将来とか人生の不安を掻き立てられとても寝られるテンションではなくなった。軽い鬱状態なのでは?

牛島・山田孝之でドラマ、映画化しています。
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

未完で終わった打ち切り漫画のおすすめランキング

あんなに面白かったのに、突然連載が終了してしまった・・・そんな未完のまま終わった打ち切り漫画のおすすめランキングを紹介していきます。未完のまま打ち切られたとはいえ、続編を希望するファンも多い名作ばかりです。

フープメン (ジャンプコミックス)

川口幸範 、集英社 (2009/7/3)
  • 完結済み
  • 全2巻
レビュー数:18
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

連載が続けば面白かったに違いないと今でも話題に上がる漫画

英語が堪能な主人公はバスケ素人だが、アメリカ人留学生の通訳としてバスケ部に勧誘される。
というスポーツ(バスケ)漫画としてはかなり新しい切り口で始まります。
徐々に主要メンバーも(スラダンやあひるの空っぽいが)登場してきた矢先、打ち切りとなってしまった。

アンケートを出しておけば…と悔やまれる作品。

ごっちゃんです!! (ジャンプコミックス)

つの丸 、集英社 (2003/12/4)
  • 完結済み
  • 全5巻
レビュー数:9
レビュー評価:5つ星のうち4.7
POINT

主人公にもう少し人気があれば

マキバオーのつの丸先生が描く高校相撲漫画です。
ギャグが多めですが、熱いスポ根漫画としての完成度も高い。が、5巻で打ち切り。

ライバルとの因縁も良い。癖強めの先輩たちも良い。試合展開も良い。熱いトーナメントも良い。
ただ主人公・ごっちゃんに人気がなかった。

連載当初(2003年)は大相撲人気が谷間の時期だったのも痛いか。
POINT

打ち切り漫画としても人気上位

こちらも打ち切りが悔やまれるとして有名な漫画。

主人公のキリとエルーは致死の発作を止めるためずっと手を握っていなければならない。
→でも敵は襲ってくる。
→なら手を繋いだままワルツのように闘おう!
主人公がペアで闘うのは珍しいです。敵にはよくいそうだけど。

可愛い女の子と24時間手を繋いでいないといけないなんて! 羨ましい! と私の少年心が踊った作品。

古味直志先生は「ダブルアーツ」のあと、「ニセコイ」を長期連載させています。
POINT

風(カ)のプラチナが早く登場していれば!

本格的なバトルに入る前に他の案内屋(特に白金)を登場させてほしかったです。
五寸釘くんみたいなガクがメインで闘うのは荷が重すぎる…

世界観や設定が琴線に触れる人は多いはずです。ただマイノリティ。
作中の戦闘術「梵術」では「空」は「キャ」「火」は「ラ」と読みます。かっこいい。

史上最強の弟子 ケンイチ  (少年サンデーコミックス)

松江名俊 、小学館 (2002/8/9)
  • 完結済み
  • 全61巻
レビュー数:14
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

目を光らせるには達人になるしかないのか。

いじめられっ子の主人公・白浜兼一がヒロイン・風鈴寺美羽を護るために強く成長していく話。
ただしヒロインのほうが強い。

主人公一人に対し、師匠が6人いるという珍しい設定。
挫折→修行→バトルというわかりやすい展開で読んでいて爽快。

お色気要素も多い。私はもちろん連華のファンです。

61巻まで続いた人気作でしたが、週刊誌側の事情により伏線を残したままほぼ打切りという形で終了しました。 ぜひ続編を描いていただきたい!
POINT

キルコさんがとにかく可愛い 

元傭兵で最強、眼帯、トンファーブレード、黒ストッキング、巨乳、可愛い女子に憧れる系女子…
と属性盛り盛りの主人公・キルコさんを好きになるかどうかがこの漫画の別れ目です。

私は好きなんですが打ち切られてしまいました。
女子力10倍メロンパン食べるキルコさん可愛いんだけどな。

根強い人気があったのか「帰ってきたっ!新米婦警キルコさん(全1巻)」が出版されています。
POINT

球突はやられた方もやった方も痛い。

『七つの大罪』の鈴木央先生が描く王道格闘漫画です。

私が学生の頃、友人間で「Ultra Red」に登場する技「球突」という技が流行り隙あらば打合っていました。人差し指と中指で胸を突くのでやられた方はかなり痛いのですが、突いた方も確実に突き指します。

ユンボル 安全版 (ジャンプコミックス)

武井 宏之 、集英社 (2010/8/4)
  • 完結済み
  • 全2巻(上下)
レビュー数:1
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

ゲンバー大王は現場主義!

ハマる人はハマってしまう!
ユンボル工法・ショベルのかまえとか最高!
空前の感性で突っ走るので置いてけぼりにならないよう気をつけてください。

武井先生の柔さのあるメカ・ロボのデザインが秀逸です!

ユンボルの設定や世界観を引き継いだ「ユンボル-JUMBOR-」がウルトラジャンプにて連載中(既刊8巻)
POINT

未完となってしまった名作

最後の最後、最高潮のラスボス戦(横綱・泡影戦)直前で終了してしまうので読まないほうがいいです。
だって面白すぎて最後が気になってしまうから!

主人公・鮫島にとって最後であり最高の十五日。
一日一日が死地として命を削る鮫島に勇気をもらいます。

バチバチシリーズは「バチバチ(全16巻)」「バチバチBURST(全12巻)」「鮫島、最後の十五日(全20巻)」です。 しかし、作者の佐藤タカヒロさんが急逝されたため未完のまま連載終了となっています。
バチバチ(鮫島)は「打ち切り」とは違いますが、未完となってしまった名作として紹介させていただきました。 ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

5巻以内で完結するおすすめ漫画ランキング

ちょっと時間が空いて漫画を読みたい時におすすめの5巻以内で完結する漫画を紹介します。話の長さと面白さは関係ありません。5巻以内でも名作は多数あるので、時間があるときにサクッと一気読みしてみてください。

自虐の詩 (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

業田 良家 、竹書房 (1996/6/1)
  • 完結済み
  • 上下巻
レビュー数:53
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

幸せとは何か 人生とは何なのか 

最初は癇癪持ちのヒモ男・イサオと一途な内縁の妻・幸江の貧乏生活を描いた四コマ漫画なのだが、気づくと幸せとは何だと考えさせられる感動漫画となっている。

四コマなのでテンポよく、上下巻で完結と読みやすいです。ただし、涙腺を崩壊させたりトラウマを抉られたりするので注意が必要。

2006年に映画化。幸江を中谷美紀、イサオを阿部寛が演じています。中谷美紀の幸江は漫画とは違いかなり美人ですが、幸の薄そうな哀愁ある演技は見事です。

ピンポン  (ビッグコミックス)

松本 大洋 、小学館
  • 完結済み
  • 全5巻
POINT

それはアクマに卓球の才能がないからだよ。

映画(2002年)やアニメ(2014年)も評価が高かった人気卓球マンガ。
高校卓球を舞台に魅力的なキャラクターたちがそれぞれの壁にぶち当たり泥臭くもがく青春ストーリーです。

スポ根漫画にありがちな必殺技はなく、努力で才能に打ち勝つという構図もない。実に現実的で残酷です。

ピンポンはアニメも是非観てほしい!
キャラがより掘り下げられ、ペコ、スマイル、アクマ、ドラゴン、チャイナの5人主人公の味が増しています。特にチャイナ! クリスマスにお母さんが来てチームメイトと過ごすシーンで込み上げ、ペコとの再戦で泣きました。こんなにいい奴になるとは!

2002年に映画化。2014年にアニメ化されています。

レベルE (ジャンプコミックス)

冨樫 義博 、集英社
  • 完結済み
  • 上下巻
POINT

冨樫先生の独創的センスに触れる漫画

上下巻(単行本なら全3巻)と短いながら変態的センスが詰まっていてかなり濃いです。
自宅の本棚に入っていたら通な人から「おっ!?」と感心される漫画。
HUNTER×HUNTERの休載中に是非読んでほしいです。

2011年にアニメ化されました。

ユンボル 安全版 (ジャンプコミックス)

武井 宏之 、集英社 (2010/8/4)
  • 完結済み
  • 全2巻(上下)
レビュー数:1
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

ゲンバー大王は現場主義!

ハマる人はハマってしまう!
ユンボル工法・ショベルのかまえとか最高!
空前の感性で突っ走るので置いてけぼりにならないよう気をつけてください。

武井先生の柔さのあるメカ・ロボのデザインが秀逸です!

ユンボルの設定や世界観を引き継いだ「ユンボル-JUMBOR-」がウルトラジャンプにて連載中(既刊8巻)
POINT

かなり笑える 反面、ダメ人間には刺さる

『稲中卓球部』の古谷実先生が『ヒミズ』のシリアスに転換する直前の漫画。
まだギャグ漫画。

私が同書を読んだのは大学生の将来に悩みくすぶっていた時期で、そんな私には作中のリーダーや安田の言っていることが他人事には思えず心を削られました。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

おすすめの恋愛・ラブコメ漫画ランキング

いちご100%

河下水希 、集英社 (2002/8/2)
  • 完結済み
  • 全19巻
レビュー数:30
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

好みのヒロインが必ずいます

ハーレム系ラブコメディのど直球です。
パンチラ多し。というかパンチラがストーリーの鍵。
平凡な男子高校生ながらこんなにモテる真中が羨ましく、妬ましかった。

可愛いヒロインがたくさんトウジョウします。
北大路のような積極的にアピールしてくる子は漫画だと大抵報われないですね。
お色気枠は選ばないという純粋ぶった男(読者)の意地汚さが見えます。現実ならイチコロです。

ちなみに私の推しは向井こずえでした。

I”s(アイズ)

桂 正和 、集英社 (2012/8/17)
  • 完結済み
  • 全15巻
レビュー数:11
レビュー評価:5つ星のうち5.0

H2 (小学館文庫)

あだち 充 、小学館 (2009/5/15)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

雨宮ひかり・古賀春華どっち派問題

野球のライバルであり恋のライバルでもあり無二の親友・国見比呂と橘英雄。二人のヒーローを中心とした正統派野球漫画とあだち充節恋愛漫画が絶妙のバランスでミックスした漫画。

私は当初断然古賀派でしたが年をとるにつれ雨宮の良さがわかるようになりました。それよりも小山内が好きなので木根が羨ましい。
かっこよさで言ったら橘一択です。

タッチ

あだち 充 、小学館; 完全復刻版 (2012/10/12)
  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち1.0
POINT

後世まで読み継がれるべき不朽の名作野球漫画!

言わずとしれた野球漫画の巨匠あだち充の代表作。先の展開が分かっていても、中盤で起こる出来事は涙なしに読めません。野球に賭ける双子の兄弟と隣に住む幼馴染浅倉南の恋愛の行方から目が離せない。

最終巻のプロポーズの台詞はいつまでも忘れることができない名言です。

タッチファンの私としては、南が和也が死んだから達也に乗り換えた尻軽女だと思っている人が結構多くて腹立たしい。

ラフ (小学館)

あだち 充 、小学館 (2001/7/17)
  • 完結済み
  • 文庫全7巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

未完成こそがおまえたちの武器だ。

男として「こんな学生生活がしたかった」と思う漫画。
印象最悪から徐々に仲良くなるヒロインがいて、粗暴だけど芯のある悪友たちがいて、寮で自由に生活できて…

後半、緒方の男気に惚れます。入部当初先輩たちをぶん殴ってたとは思えん。
ハイライトはライバル・仲西さんの復帰戦のシーン。引き込まれるコマ割りが秀逸。

クロスゲーム

あだち 充 、小学館 (2018/8/8)
  • 完結済み
  • 全17巻
POINT

あだち充史上、最高のツンデレヒロイン!

タッチ、H2などの大人気野球漫画を描いてきたあだち充先生。涙あり、笑いありの恋愛野球漫画の王道。タッチ、H2好きなら、絶対にハマります。読んだことがないなら、騙されたと思って1巻だけ読んでほしい。絶対に2巻以降も読まずにはいられなくなります…

君に届け

椎名 軽穂 、集英社 (2006/5/25)
  • 完結済み
  • 全30巻
レビュー数:136
レビュー評価:5つ星のうち4.2

第32回(2008年) 講談社漫画賞受賞

NANA

矢沢 あい 、集英社 (2000/5/15)
  • 連載中
  • 既刊21巻
レビュー数:66
レビュー評価:5つ星のうち2.9

幸せの名をもつ少女が自らの意志で、運命を、切り拓く…。小松奈々と大崎ナナ…同じ名前を持つ2人の少女が繰り広げる、感動の恋のストーリー! 2人の「ナナ」、それぞれの幸せはどこにある…?

アオハライド

咲坂 伊緒 、集英社 (2011/4/13)
  • 完結済み
  • 全13巻
レビュー数:43
レビュー評価:5つ星のうち3.5

高1の双葉には中学時代から忘れられない初恋の人、「田中くん」がいる。中学のとき女子に、はぶられた経験から自分を偽って日々過ごしている。「田中くん」を思わせる男子に出会うが、彼は――。熱く青く一生懸命にぶつかりあう高校生活グラフィティ!【収録作品】アオハライド unwritten

のだめカンタービレ  (講談社コミックスkiss )

二ノ宮 知子 、講談社
  • 完結済み
  • 全25巻
POINT

漫画・アニメ・ドラマ(映画)すべてがヒットしたクラシック漫画

音大生の大学生活・青春をコメディに描かれています。
なんか音大生って優雅で高貴なイメージだったんですが、等身大(リアル)なキャラクターたちでとても和みます。

有名な話ですが、主人公・のだめのモデルとなった同姓同名の音大生(現在はピアノの先生)がいるそうです。

ちはやふる (Be・Loveコミックス)

末次 由紀 、講談社 (2008/5/13)
  • 連載中
  • 既刊40巻
レビュー数:163
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

百人一首競技かるたに捧げる青春!

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。 そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。 まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

泉 光 、集英社 (2012/9/4)
  • 完結済み
  • 全3巻
レビュー数:24
レビュー評価:5つ星のうち4.3

あの日、ここで止まった時間が、動きだす。小学生の時に友達と“超平和バスターズ"というグループを作り、“じんたん"と呼ばれていた少年・宿海仁太。“めんま"の死をきっかけにグループはバラバラになってしまっていたが、彼の前に突然めんまが現われて――!?

イタズラなKiss 1巻

多田かおる 、ミナトプロ/エムズ (2017/6/1)
  • 連載中
レビュー数:14
レビュー評価:5つ星のうち4.7

花より男子

神尾 葉子 、集英社 (1992/10/23)
  • 完結済み
  • 全37巻
レビュー数:15
レビュー評価:5つ星のうち3.7

牧野つくしが入ったのは超金持ち名門高校。でも、そこはサイアクな所だった。F4ってチームが牛耳って、ちょっとでも歯向かうと集団イジメ! ぶち切れたつくしはF4の道明寺司にケリを入れてしまい…!?

天使なんかじゃない 完全版 1 (愛蔵版コミックス)

矢沢 あい 、集英社 (2000/10/30)
  • 連載中
レビュー数:24
レビュー評価:5つ星のうち4.0

ニセコイ

古味 直志 、集英社 (2012/5/2)
  • 完結済み
  • 全25巻
レビュー数:76
レビュー評価:5つ星のうち3.7
POINT

少年漫画的ハーレムラブコメ漫画

可愛いヒロインたちがみんな主人公・楽のことが好き、というハーレム展開のラブコメ漫画です。
この手の主人公は優柔不断だけど優しくて純粋ってのが定番。楽もその通りで、心意気男前なので最終的に一人のヒロインを選ぶことになります。全員を幸せにはできない。
結末に納得はします。でも選ばれなかったヒロインたちがかわいそうでしょうがない…

POINT

小林尽先生のシュールな笑いが光る、ドタバタ学園ラブコメディ

魅力的なキャラクターが多く羨ましい高校生活。いろんなところで
なんだか気になる…アイツ…
みたいな恋愛ゴタゴタが発生します。

ギャグはシュールなものが多い印象です。

枠外にツッコミのような煽りが入るのも特徴。
POINT

私にもモテ期があったのだろうか? いや今からか!?

全4.5巻でさらっと読めます。
ラストシーンのその後がどうなったのかとても気になる。
いつかちゃんにはどうか幸せになってほしい。

漫画も面白いですが、ドラマを観て欲しい。
土井亜紀は女優さん(野波麻帆さん)の演技で漫画とはいい意味で一味違ったキャラクターになってます。
いつかちゃん役の満島ひかりさんが熱唱する「ロックンロールは鳴り止まないっ」は衝撃でした。

2010年にドラマ化、2011年に映画化されています。

東京大学物語

江川達也 、小学館 (1993/7/30)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:17
レビュー評価:5つ星のうち3.4
ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。

ヒロインがかわいい漫画ランキング

いちご100%

河下水希 、集英社 (2002/8/2)
  • 完結済み
  • 全19巻
レビュー数:30
レビュー評価:5つ星のうち4.3
POINT

好みのヒロインが必ずいます

ハーレム系ラブコメディのど直球です。
パンチラ多し。というかパンチラがストーリーの鍵。
平凡な男子高校生ながらこんなにモテる真中が羨ましく、妬ましかった。

可愛いヒロインがたくさんトウジョウします。
北大路のような積極的にアピールしてくる子は漫画だと大抵報われないですね。
お色気枠は選ばないという純粋ぶった男(読者)の意地汚さが見えます。現実ならイチコロです。

ちなみに私の推しは向井こずえでした。

I”s(アイズ)

桂 正和 、集英社 (2012/8/17)
  • 完結済み
  • 全15巻
レビュー数:11
レビュー評価:5つ星のうち5.0

ベイビーステップ

勝木光 、講談社 (2008/2/15)
  • 完結済み
  • 全47巻
レビュー数:35
レビュー評価:5つ星のうち4.7
POINT

秀逸な心理描写とヒロインとの恋愛が見逃せない青春テニス漫画!

「ベイビーステップ」というタイトル通り、主人公の真面目で運動が苦手な主人公のエーちゃんが、頼れるコーチや仲間と一緒に少しずつテニスのプロ選手を目指して歩いていく漫画です。

テニスの王子様のような非現実的なテニス漫画も面白いですが、ベイビーステップはテニス理論や心理描写が非常にリアルに描かれています。

全体的に恋愛要素が盛りだくさんで、ヒロイン「なっちゃん」との恋の行方から目が離せません。むしろテニスよりそっちをメインに描かれているのでは?と思う時期も。テニス経験者も未経験者も楽しめるテニス漫画です。

中途半端な形で完結してしまったのが非常に心残り。作者曰く「もっと描きたかったけど、どうしても描けない事情があり、中途半端になったのは自分の責任」だそうです。

H2 (小学館文庫)

あだち 充 、小学館 (2009/5/15)
  • 完結済み
  • 全34巻
レビュー数:7
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

雨宮ひかり・古賀春華どっち派問題

野球のライバルであり恋のライバルでもあり無二の親友・国見比呂と橘英雄。二人のヒーローを中心とした正統派野球漫画とあだち充節恋愛漫画が絶妙のバランスでミックスした漫画。

私は当初断然古賀派でしたが年をとるにつれ雨宮の良さがわかるようになりました。それよりも小山内が好きなので木根が羨ましい。
かっこよさで言ったら橘一択です。

タッチ

あだち 充 、小学館; 完全復刻版 (2012/10/12)
  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:2
レビュー評価:5つ星のうち1.0
POINT

後世まで読み継がれるべき不朽の名作野球漫画!

言わずとしれた野球漫画の巨匠あだち充の代表作。先の展開が分かっていても、中盤で起こる出来事は涙なしに読めません。野球に賭ける双子の兄弟と隣に住む幼馴染浅倉南の恋愛の行方から目が離せない。

最終巻のプロポーズの台詞はいつまでも忘れることができない名言です。

タッチファンの私としては、南が和也が死んだから達也に乗り換えた尻軽女だと思っている人が結構多くて腹立たしい。

クロスゲーム

あだち 充 、小学館 (2018/8/8)
  • 完結済み
  • 全17巻
POINT

あだち充史上、最高のツンデレヒロイン!

タッチ、H2などの大人気野球漫画を描いてきたあだち充先生。涙あり、笑いありの恋愛野球漫画の王道。タッチ、H2好きなら、絶対にハマります。読んだことがないなら、騙されたと思って1巻だけ読んでほしい。絶対に2巻以降も読まずにはいられなくなります…

君に届け

椎名 軽穂 、集英社 (2006/5/25)
  • 完結済み
  • 全30巻
レビュー数:136
レビュー評価:5つ星のうち4.2

第32回(2008年) 講談社漫画賞受賞

ラフ (小学館)

あだち 充 、小学館 (2001/7/17)
  • 完結済み
  • 文庫全7巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

未完成こそがおまえたちの武器だ。

男として「こんな学生生活がしたかった」と思う漫画。
印象最悪から徐々に仲良くなるヒロインがいて、粗暴だけど芯のある悪友たちがいて、寮で自由に生活できて…

後半、緒方の男気に惚れます。入部当初先輩たちをぶん殴ってたとは思えん。
ハイライトはライバル・仲西さんの復帰戦のシーン。引き込まれるコマ割りが秀逸。

SLAM DUNK 新装再編版 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦 、集英社 (2018/6/1)
  • 完結済み
  • 新装再編版全20巻
レビュー数:31
レビュー評価:5つ星のうち3.9
POINT

言わずと知れた傑作バスケ漫画。

バスケというより少年漫画として傑作漫画。

「あなたのスラムダンクの名場面はどこですか?」

この質問が辛い。名場面が多すぎてとても絞ることができない。
・バスケがしたいです…
・2回目の陵南戦の小暮のスリーポイント
・オレはチームの主役じゃなくていい
・山王戦の全て
ほんとキリがない。
スラムダンクは名シーンのみでできてる漫画だなとつくづく思います。

あひるの空 (少年マガジンKC)

日向 武史 、講談社 (2004/5/15)
  • 連載中
  • 50巻
レビュー数:27
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

デコボコ集団クズ高バスケ部の挑戦

・強みと弱点がはっきりしたキャラクターたち
・弱小校が強豪校に挑戦するというシナリオ
と、コテコテのスポ根少年漫画の構成である一方、
・キャラクターの繊細で深い心理描写
・恋愛やバックグラウンドの掘り下げ
など少女漫画のような側面も持っています。

私は奈緒ちゃん一択。 薮内円が好きになれない派ですが、皆さんどうですか?
POINT

単純で熱い能力バトル

「魔導具」を使ったバトルが魅力。お約束のトーナメント(裏武闘殺陣編)があります。
戦略で勝つというよりは仲間たちに応援されてズバッと逆転! といった少年漫画的なノリが多いです。

8匹の火竜の擬人化が好き。

POINT

完結してからと言わず、連載中を読んでほしい

ワンピースを読んでいて面白い点は多くの人が考察をしている点です。
ユーチューバーだったりブログだったり考察書籍まで出版されています。

これでもかというくらい伏線が散りばめられ、おそらく完璧に回収してくれるであろうONE PIECE。
この先どうなっていくのかと予想するのが醍醐味です。

POINT

壮大な物語を怒涛の展開で無駄なく完結させた神作品

重厚で壮大なストーリーなのに間延びせずスッキリ読みきれます。
伏線回収も見事。

キングブラッドレイの生き方に憧れます。
最期まで堂々たる気高き男。
「やりごたえのある 良い人生であったよ」
と言って息絶えたい。

アニメは『鋼の錬金術師』(半分オリジナルストーリー、結末もオリジナル)と『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』(原作に忠実)の2種類あります。特に戦闘シーンが見モノ。

“魔導士(まどうし)ギルド”……それは魔導士たちに、探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”だった!! なんでもヤリすぎ! 魔法界一のお騒がせ集団が巻き起こすめちゃおもしろ冒険ファンタジー!

POINT

酒はだめなんで オレンジジュースください 乾杯…

暗黒武術会編のラスボス戸愚呂弟が好きです。
登場するたびに圧倒的絶望感。あの風体で酒ではなくオレンジジュースを選ぶ姿も禍々しい。

冥獄界へ向かう途中、戸愚呂が幻海に向けて
ーー迷惑ばかりかけちまったな………
と言うシーンはグッと込み上げるものがあります。

飛影の一言一言が中二病心を燃やしてくる! 

焼きたて!!ジャぱん

  • 完結済み
  • 全26巻
レビュー数:5
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

なんやて!?

当初は比較的リアルなパンのグルメ・調理漫画だった。
ライバルたちとの料理バトルなど王道展開で十分おもしろいのだが、物語が進むにつれリアクションの演出がぶっ飛んでいく。
そのぶっ飛び方が尋常ではない。
ラスボスはパンでできた戸愚呂弟。

前半と後半で全く別漫画として読むべき。

POINT

伝説をつくろう

王道の高校サッカー漫画です。キャプ翼ほどではないがファントムドリブルなど必殺技も登場します。

やっぱり『シュート』は久保嘉晴でしょう。
「奇跡の11人抜き」は何度みても感動させられます。

あんなに疾いドリブルをするメガネがいるか!?
POINT

ストーリー、教養、ギャグの3要素揃った王道漫画

日露戦争直後の北海道が舞台です。なかなか漫画にない設定。
隠し金塊のヒントとなる刺青人皮を探して、同じく金塊を狙う帝国陸軍や土方歳三と共闘したり裏切ったり。

単純なバトルだけでなくアイヌ民族や狩りの薀蓄(うんちく)が紹介され実にタメになる漫画でもあります。
アイヌ料理が美味しそう。

顔芸やらホモネタやらぶっ飛んだギャグ系も笑えます。
筋骨隆々な男が好きな方にはおすすめ。
最終的に何が言いたいかというと、アシリパさんが可愛い。

名シーンはラッコ鍋と二階堂が義足をもらうところ。迷シーンか。

アニメも制作されています。

いぬまるだしっ (ジャンプコミックス)

大石浩二 、集英社 (2009/2/4)
  • 完結済み
  • 全11巻
レビュー数:41
レビュー評価:5つ星のうち4.8

下半身丸出しの幼稚園児・いぬまるくんが起こすコメディ漫画。
設定はほぼクレしん。

ツッコミ兼ヒロインのたまこ先生が可愛いです。
たまこ先生は貧乳を気にする加速バシャーモ使いです。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。