サクっと読めるのに面白い!5巻以内で完結するおすすめ漫画ランキング

5巻以内で完結するおすすめ漫画ランキング

ちょっと時間が空いて漫画を読みたい時におすすめの5巻以内で完結する漫画を紹介します。話の長さと面白さは関係ありません。5巻以内でも名作は多数あるので、時間があるときにサクッと一気読みしてみてください。

自虐の詩 (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

業田 良家 、竹書房 (1996/6/1)
  • 完結済み
  • 上下巻
レビュー数:53
レビュー評価:5つ星のうち3.8
POINT

幸せとは何か 人生とは何なのか 

最初は癇癪持ちのヒモ男・イサオと一途な内縁の妻・幸江の貧乏生活を描いた四コマ漫画なのだが、気づくと幸せとは何だと考えさせられる感動漫画となっている。

四コマなのでテンポよく、上下巻で完結と読みやすいです。ただし、涙腺を崩壊させたりトラウマを抉られたりするので注意が必要。

2006年に映画化。幸江を中谷美紀、イサオを阿部寛が演じています。中谷美紀の幸江は漫画とは違いかなり美人ですが、幸の薄そうな哀愁ある演技は見事です。

ピンポン  (ビッグコミックス)

松本 大洋 、小学館
  • 完結済み
  • 全5巻
POINT

それはアクマに卓球の才能がないからだよ。

映画(2002年)やアニメ(2014年)も評価が高かった人気卓球マンガ。
高校卓球を舞台に魅力的なキャラクターたちがそれぞれの壁にぶち当たり泥臭くもがく青春ストーリーです。

スポ根漫画にありがちな必殺技はなく、努力で才能に打ち勝つという構図もない。現実的。

ピンポンはアニメも是非観てほしい。
チャイナを始めキャラがより掘り下げられている。ペコ、スマイル、アクマ、ドラゴン、チャイナの5人主人公と言っていい出来。

2002年に映画化。2014年にアニメ化されています。

レベルE (ジャンプコミックス)

冨樫 義博 、集英社
  • 完結済み
  • 上下巻
POINT

冨樫先生の独創的センスに触れる漫画

上下巻(単行本なら全3巻)と短いながら変態的センスが詰まっていてかなり濃いです。
自宅の本棚に入っていたら通な人から「おっ!?」と感心される漫画。
HUNTER×HUNTERの休載中に是非読んでほしいです。

2011年にアニメ化されました。

ユンボル 安全版 (ジャンプコミックス)

武井 宏之 、集英社 (2010/8/4)
  • 完結済み
  • 全2巻(上下)
レビュー数:1
レビュー評価:5つ星のうち4.0
POINT

ゲンバー大王は現場主義!

ハマる人はハマってしまう!
ユンボル工法・ショベルのかまえとか最高!
空前の感性で突っ走るので置いてけぼりにならないよう気をつけてください。

武井先生の柔さのあるメカ・ロボのデザインが秀逸です!

ユンボルの設定や世界観を引き継いだ「ユンボル-JUMBOR-」がウルトラジャンプにて連載中(既刊8巻)
POINT

かなり笑える 反面、ダメ人間には刺さる

『稲中卓球部』の古谷実先生が『ヒミズ』のシリアスに転換する直前の漫画。
まだギャグ漫画。

私が同書を読んだのは大学生の将来に悩みくすぶっていた時期で、そんな私には作中のリーダーや安田の言っていることが他人事には思えず心を削られました。