女子バレーが熱い!バレー好きなら必読のおすすめのバレーボール漫画ランキング

おすすめのバレーボール漫画ランキング

バレーボール漫画といえば、ハイキューとアタックNo.1を思い浮かべる人も多いはず。しかし、その陰に隠れた名作バレーボール漫画も多数あります。

POINT

下を向くんじゃねぇぇ!! バレーは!! 常に上を向くスポーツだ

今、最も熱いバレー漫画。
癖のある仲間、強くてかっこいいライバルたち、熱い試合展開。やっぱり王道のスポ根漫画はいい。

日向・影山コンビの「変人速攻」は目を瞑ってスパイクするというとんでもない技だが、それ以外に超常的な必殺技は出てこない。
試合展開とキャラで熱く魅せるバレーボール漫画です。

私の推しは女子バレー部部長の結ちゃんなので澤村が羨ましい。

アニメも3期(白鳥沢編)まで放映されています。
POINT

リベロはレシーブで、エースを殺す!!

幹本要、西山中学3年生。ちょっと背は低いけど、バレー部のエースだ。ある日、要はマンション3階から誤ってきた赤ちゃんを間一髪キャッチし、一躍町の英雄になる。市民バレーボール大会の日、体育館は要を一目見ようという人達でいっぱいに。その中には来賓として、高校バレーの名門・藤原学園の監督である大杉も来ていた。要のプレーに興味を持った大杉は、要を激励し、名刺をわたす。

POINT

一芸特化バレー部の挑戦

怪我の影響でとにかくサーブだけ練習してたら、常にネットインさせることができるようになった主人公の話。
現実にいたら最強だな。
と思ったらライバルたちも並外れた(非現実的な)能力を持っているのでセーフ!

続編となる『ハリガネサービスACE』が少年チャンピオンで連載中
POINT

お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな

「あの日から、友達は作らないって決めたんだから」大石練(おおいしねり)・15歳。バレーボールの名門・白雲山(はくうんざん)学園中等部に在籍。練はずっと自分を抑え続けていた。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであったほどの実力を隠しながら。集団スポーツの中で、自分を殺さなければいけない理由は――。それでもバレーを辞められない想いとは――!! バレーボール群像劇スタート!