サッカー漫画は進化し続ける!絶対に面白いおすすめのサッカー漫画ランキング

おすすめサッカー漫画ランキング

サッカー漫画は野球漫画ほどの数はありませんが、キャプテン翼のような爽快なスポ根漫画から、アオアシ・ジャイキリ・フットボールネーションのような戦術・理論漫画とバリエーションも負けません。

キャプテン翼 ワールドユース編 (ジャンプコミックス)

高橋陽一 、集英社 (1994/12/2)
  • 完結済み
  • 全18巻
レビュー数:4
レビュー評価:5つ星のうち2.7
POINT

キャプテン翼の魅力が詰まったシリーズ屈指のおもしろさ

アオアシ (ビッグコミックス)

小林 有吾 、小学館 (2015/4/30)
  • 連載中
  • 既刊15巻
レビュー数:21
レビュー評価:5つ星のうち4.5

アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ! 愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!! 【編集担当からのおすすめ情報】 本作は、これまで漫画で深く描かれることのなかったJリーグの下部組織・「Jユース」の世界に光を当てた、「新しいサッカー漫画」です!「王道で、胸が熱くなること間違いなしのストーリー」「躍動感とさわやかさ溢れる画」「取材に基づいたリアリティのある描写」が特長で、サッカーに興味がある人も、そうでない人も、間違いなく楽しめる作品に仕上がっています!是非お手にとってみてください!!

GIANT KILLING  (モーニングコミックス)

ツジトモ 、講談社 (2007/4/23)
  • 連載中
  • 既刊49巻
レビュー数:68
レビュー評価:5つ星のうち4.5
POINT

プロサッカーの監督・選手・サポーター・経営陣 それぞれにスポットが当たる

シュート!  (週刊少年マガジンコミックス)

大島司 、講談社 (1991/1/11)
  • 完結済み
  • 全33巻
レビュー数:8
レビュー評価:5つ星のうち4.4
POINT

伝説をつくろう

あんなに疾いドリブルをするメガネがいるか!?

エリアの騎士  (週刊少年マガジンコミックス)

月山可也 、講談社 (2006/8/17)
  • 完結済み
  • 全57巻
レビュー数:17
レビュー評価:5つ星のうち3.3

ファンタジスタ  (少年サンデーコミックス)

草場 道輝 、小学館 (2000/02)
  • 完結済み
  • 全25巻
レビュー数:10
レビュー評価:5つ星のうち4.6

▼第1節/初めてのゲーム▼第2節/カウンターアタック▼第3節/パス▼第4節/11人対11人▼第5節/ロッシの理由▼第6節/セリエA▼第7節/WAVE▼第8節/ポストプレーヤー●登場人物/坂本轍平(水本高校サッカー部員)●あらすじ/都立水元高校サッカー部は、坂本琴音という女性監督率いる弱小チーム。彼らの今日の対戦相手は、強豪・帝東高校だ。スター選手ぞろいの帝東高校相手に善戦する水本高校だが、先制点を入れられた途端、集中力を失ってしまう。そこへ、遅れてやって来た坂本轍平が加わり、瞬く間に同点ゴールを決めた!!(第1節)▼この劇的な同点ゴールを決めた坂本轍平は、実は監督である琴音の弟だった。今まで正式な試合に出場したことがない轍平だったが、恐るべき駿足で相手チームを翻弄し、試合の流れを変えてしまう。試合を観戦していたヨーロッパの名門クラブ“ACミラン”のスカウト、アルベルト・ロッシは、そんな轍平を、途方もない才能を持つ選手“ファンタジスタ”であると確信するのだった……(第2節)。●その他の登場キャラクター/坂本琴音(水本高校サッカー部監督)、森川竜司(帝東高校サッカー部エース)、アルベルト・ロッシ(イタリアのサッカーチーム、ACミランのスカウト)、馬場健二、福田正史(水本高校サッカー部員)

ホイッスル! (ジャンプコミックス)

樋口大輔 、集英社 (2006/4/18)
  • 完結済み
  • 全15巻
レビュー数:3
レビュー評価:5つ星のうち5.0
POINT

道が見つからないなら考えるんだ どうやれば切り開けるか

フットボールネーション (ビッグコミックス)

大武 ユキ 、小学館 (2010/5/28)
  • 連載中
  • 既刊12巻
レビュー数:39
レビュー評価:5つ星のうち3.4
POINT

サッカーを上手く教えたい指導者・コーチ・先生におすすめ

日本をサッカー先進国に!天皇杯を狙うアマの挑戦! サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」・・・ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!河川敷を根城に、草サッカーチームの助っ人をしている“ジョーカー”こと沖千尋だった。その才能に目をつけた「東京クルセイド」の監督も、千尋をチームの助っ人として依頼する。「パスミスになるけど・・・」-全力でやるように監督に言われた千尋は、大胆な発言をする。初めは宣言通りパスミスを繰り返していた千尋だが、チームメイトが彼の実力を認め、彼の意図通りに走り出したらパスが面白いようにつながるようになる。これだけの才能がなぜ、今まで埋もれていたのか?試合後、チームメイトの誰もがそう思いつつも、千尋をチームに迎え入れようとする。だが、当の千尋がそれを拒否!今をときめく高校現役Jリーガー、一ノ瀬迅とも浅からぬ因縁がありそうな千尋、彼の正体は一体・・・!?また、「東京クルセイド」監督が求める「脚のきれいな選手~」の真意とは!? (科学指導:高岡英夫〈運動科学総合研究所〉) 【編集担当からのおすすめ情報】 この作品は、作家・大武ユキ氏の並々ならぬ情熱から生まれました!Jリーグが始まる遙か前、日本が本当に「サッカ-発展途上国」だった時代から、サッカーを観、応援してきた大武氏が、日本を本当にサッカー先進国に、そして、サッカーで日本を幸せにしたい思いが詰まっています。既存のサッカー漫画とはまたひと味違う、インナーマッスルの使い方とかハムストリングスの使い方とかに言及した独自の切り口を、どうか堪能して下さい。

ジャンル別のおすすめ漫画ランキングを見たい場合は「おすすめ漫画ランキング」をご覧ください。