ビタミンEの効果と多く含む食品は?ビタミンEサプリおすすめランキング8選

期待される抗酸化作用

ビタミンEとは、脂に溶ける脂溶性ビタミンの一種です。トコフェロールとも呼ばれ、D-αトコフェロールという形のものが自然界に多く存在します。主にアーモンドなどのナッツ類に多く含まれます。もっとわかりやすく言えば植物性の油には多く含まれます。魚、アボカド、カボチャなどにも含まれています。

ビタミンEの役割は主に抗酸化作用です。人間が生命や身体の機能を維持していくためには、エネルギーを生み出したり物質を合成したりすることが必要です。その代謝の過程で体内には活性酸素などの酸化物質が蓄積します。この酸化物質は身体にとっては不必要なもので、身体のあちこちで悪さをします。

生活習慣病やがんなどの病気の原因にもなり、また疲れやすい、病気になりやすいなどの体の衰え、シミやしわなどの肌の老化もすべてこの酸化物質の影響です。この酸化物質に対抗するのがビタミンEなどの抗酸化物質です。

ビタミンEを摂取することによって体内の酸化物質を取り除くことができます。ビタミンEは、酸化物質を取り込むことによって酸化物質を取り除き、自らが酸化することで体内を還元しているのですが。この酸化したビタミンEはビタミンCによってまた還元され再利用されます。そのため、ビタミンEとともにビタミンCも摂取すると効率がいいです。

ビタミンEは添加物として使用されることも多く、実はポテトチップスなどのスナック菓子などにも多く含まれています。ビタミンEの抗酸化作用によって、スナック菓子を製造するときに使われた揚げ油が酸化して味を損ねたり劣化したりするのを防ぐためです。

スナック菓子を食べていてもビタミンEは摂取できますが、そのカロリーや塩分などを考えるとあまり好ましいものではないですね。

ビタミンEは美容の味方

ダイエットや美容に効果があるとして、えごま油やココナッツオイルが注目されていましたが、これらもビタミンEによる作用が大きいといえます。

ビタミンEの抗酸化作用によって血液の酸化物質を取り除き、血流を改善させたり老廃物の代謝を促すことで間接的に肌をきれいにしたり、冷え性、むくみ、肩こりなどの改善が期待されます。特に、女性が加齢とともに気になるであろうお肌のシミも、ビタミンEの抗酸化作用によって発生をおさえることができます。

またビタミンEは女性ホルモンの材料です。女性ホルモンは、女性が妊娠、出産をするための身体づくりをするために必要なものです。女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順やPMS(月経前症候群)が起こったり、肌荒れが起こったりします。

生理不順を改善させる働きもありますが、不妊にも効果があるといわれているので、子供を望んでいる方や不妊治療を行っている方には積極的に摂取してほしい栄養成分です。

ビタミンEが欠乏するとどうなる?

ビタミンEはさまざまな食品に含まれており、不足することはないといってもいいのですが、過度なダイエットをしている若い女性などは不足する可能性があります。

ビタミンEは細胞膜の成分でもあります。不足すると赤血球の細胞膜が弱くなり、壊れてしまうことが原因の溶血性貧血になりやすくなります。ダイエットをする際には先ほど挙げたえごま油やココナッツオイルを利用してビタミンE不足を防ぎましょう。

では過剰摂取はどうでしょうか?ビタミンEは脂溶性ビタミンです。水溶性ビタミンと違い、過剰に摂取した場合簡単には排出されず体内に残っています。これが大量に蓄積されると神経症状がでたり、筋力の低下、肝機能障害が起こったりします。また近年では骨粗鬆症のリスクが上がるという報告もあります。極端に不足することも過剰摂取することも内容に、適量を摂取できるようにするといいですね。

ビタミンEおすすめランキング8選

まとめ

ビタミンEは強い抗酸化作用のある栄養成分です。不足しないように摂取していくことでとくに女性にとってはうれしい効果が期待できるので、積極的にとっていきたいですね。しかし、脂溶性ビタミンというものは不必要な分は身体に蓄積されていきます。美容のためと過剰に摂取することは健康を害することになるので気をつけましょう。