オメガ3脂肪酸の効果は?人気のオメガ3脂肪酸サプリのおすすめランキング

中性脂肪値が高いと動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病のリスクが高くなります。中性脂肪値を下げるにはオメガ3脂肪酸のDHA・EPAが有効と言われています。

しかしDHA・EPAを1日の目安摂取量500mg摂ろうとすると、カロリーオーバーで太る原因にもなります。

そこで飲むだけで手軽にDHA・EPAを摂取できるサプリメントが人気です。サプリならカロリーはほぼ0でカロリーの心配もありません。さらにDHA・EPA以外の栄養素も同時摂取できるメリットもあります。

でもサプリってたくさんあって、どれを選べばいいか分からない…

MERIL編集部では、今回は人気のオメガ3脂肪酸サプリを徹底調査!その結果、買って損しないオメガ3脂肪酸サプリが判明しました。

中性脂肪を下げたい方におすすめ!オメガ3脂肪酸サプリ比較表

商品

きなり

大正DHA・EPA

美健知箋EPA&DHA

DHA&EPAオメガプラス

DHA&EPA+セサミンEX

商品名

きなり

大正DHA・EPA

美健知箋EPA&DHA

DHA&EPAオメガプラス

DHA&EPA+セサミンEX

DHA・EPA含有量

500mg

600mg

750mg

780mg

400mg

お試し価格

1,980円(全額返金保証で実質0円)

1,058円

1,000円

1,851円

5,500円

酸化防止

アスタキサンチン

ビタミンE,アルミ個別包装,独自カプセル

ビタミンE,アルミ個別包装,独自製法カプセル

アスタキサンチン

セサミン,ビタミンE,オリザプラス

実績・信頼

2年連続モンドセレクション金賞,リピート率92.3%

大正製薬ブランド

ユンケルの佐藤製薬が製造

特になし

サントリーブランド,11年連続DHA売り上げNo.1,愛飲者150万人突破

こんな方にオススメ!

安さも成分もコスパも重視!売れ筋No.1

DHA含有量と品質重視。2回目以降も安い!

DHA含有量と品質重視。

DHA含有量と1袋の価格重視。含有量No.1

売上実績を重視

詳細

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

その他のサプリメント一覧

オメガ3脂肪酸の効果・効能

オメガ3脂肪酸で男性が注目する効果は中性脂肪を下げる効果です。オメガ3脂肪酸には中性脂肪のバランスを整え、悪玉コレステロール(LDL)の増加を抑制することが知られています。中性脂肪値の上昇は、生活習慣病のリスクを高めることで知られています。オメガ3脂肪酸を積極的に摂取することで元気な毎日を過ごすことができます。

また女性から注目を集めている効果と言えばダイエット効果です。オメガ3脂肪酸は血液の流れをサラサラにし、代謝を活発にする作用に期待できます。脂肪の分解作用にも効果が期待できるため、スリムな身体を作るために利用する人が増えています。運動と組み合わせることでさらに効果が実感しやすくなります。

オメガ3脂肪酸は亜麻仁油やエゴマ油などの一部の植物油や、魚に多く含まれています。日常的に不足しがちな栄養素として知られているため、積極的に摂取するように普段から心がける必要があります。魚をよく食べる50代以上でさえ不足しており、20代では摂取目安量の半分も摂取できていないと言われています。

DHA・EPAの目安摂取量とサプリメント

DHA・EPAは私たちが健康で元気に生活する上で欠かせない栄養素です。厚生労働省では1日1,000mgのDHA・EPAの摂取を目安にしていますが、現代人はほとんどが不足しているというデータがあります。これは厚生労働省が「2010年食事摂取基準」で発表しています。

このデータによると、30〜49歳(男)で675mg、30〜49歳(女)で774mgのDHA・EPAが不足していると言われています。そのため食生活を改善することで、不足しているDHA・EPAを補う必要があります。毎日の食生活の中で焼き魚などをもっと食べるように意識する必要があります。

ただし仕事などで時間がない現代人では食生活の改善も難しいケースも多いでしょう。また焼き魚などを食べすぎると脂質の取りすぎになるというデメリットもあります。DHA・EPAは過剰摂取をすると吐き気などをもよおす場合もあります。

そこでサプリメントでDHA・EPAを補うという方法です。ドラッグストアなどでもDHA・EPAサプリメントが販売されているので見たことがあるかもしれません。DHA・EPAサプリならサプリメントを飲むだけで、食生活を変えずに手軽にDHA・EPAを補給することができます。サプリメントであれば配合量が決まっているので過剰摂取の心配もありません。

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

厚労省「更年期障害」(外部サイト)