加齢ともに乳酸菌は減少?定期的に乳酸菌を摂取する重要性

乳酸菌を毎日摂った方がいいのは理由があります。乳酸菌を摂取し続けるほど腸の乳酸菌が活発化しやすいからです。また、乳酸菌は日々の体調の変化を受けやすいからこそ、定期的な摂取が大切なのです。

乳酸菌を毎日摂ることのメリットは

乳酸菌を食品から摂ることは難しく、多くが胃液などの影響で死んでしまいます。生きて腸まで届く乳酸菌は少ないのです。そのため、毎日摂取して少しずつでも腸に届けるのが大切と言われています。

乳酸菌サプリは様々な工夫をすることで腸まで生きて届くものが多くなっています。では、乳酸菌サプリは毎日飲まなくても、効果を得られるのかと言えば、答えはNOです。

乳酸菌は寿命が短く、3日から1週間程度しか生きられないと言われています。さらにストレスや悪玉菌の影響を受けるため、乳酸菌は毎日摂取した方が効果を感じやすくなるのです。

毎日乳酸菌を摂らないと腸内環境は崩れやすくなる

乳酸菌を毎日摂る理由は他にもあり、乳酸菌の数は体調でも変化すると言うことです。食事の内容や体調悪化で急激に悪玉菌が増えるケースもあるのです。

毎日乳酸菌を摂らなかった場合、一気に腸内環境が悪化し、なかなか元に戻らなくなってしまう可能性があります。乳酸菌の寿命短いため、腸内環境を整えても悪い意味でリセットされてしまうことがあるのです。

腸内環境の維持は、健康だけでなく美容面でも貢献します。乳酸菌は免疫力向上や代謝アップに役立っているため、毎日摂った方がプラスの効果が大きいのです。

まとめ

乳酸菌を毎日摂った方が良いのは、生きて腸まで届く乳酸菌が少ないからです。また、生きて届いても乳酸菌の寿命は短く、腸内環境の維持には継続的に取り続ける必要があります。

腸内環境は常に変化しており、しばらく乳酸菌を摂らないと悪意味で環境がリセットされてしまう可能性があります。そのため毎日摂った方が効果を感じやすく、健康維持のためにも気軽に摂れる乳酸菌サプリが優秀なのです。