乳酸菌をサポート!食物繊維で効率よく腸内環境を整える

乳酸菌は腸内で活動していますが、その乳酸菌の活動を支えるのが食物繊維です。食物繊維は便の材料となるだけでなく、乳酸菌のエサとしても必要とされているのです。

乳酸菌が増えるためには食物繊維が必要に

腸内で活動する乳酸菌は、悪玉菌と戦いながら減ったり増えたりを繰り返しています。乳酸菌の活動が活発になれば腸内環境が改善されますが、そのために重要になるのが食物繊維です。

食物繊維は便の材料となって便秘解消に役立つだけでなく、乳酸菌のエサにもなるのです。食物繊維を摂ることによって乳酸菌が増え、さらに腸の活動が活発になる好循環が生まれます。

食物繊維は便秘予防と改善に、乳酸菌の活動を応援するためにと、様々な活動をしているのです。乳酸菌サプリに食物繊維とオリゴ糖が入っているものが多いのは、この二つが乳酸菌のエサとなるからなのです。

食物繊維だけとっても、乳酸菌が少ないと効果が薄い

食物繊維は乳酸菌のエサとなり、腸内活動を助けますが、そもそも乳酸菌が少なくなると効果が薄れてしまいます。特に肉に偏った食事や、ダイエットなどの無理な食事制限を行うと腸内のバランスが崩れ、乳酸菌が減ってしまいます。

また、乳酸菌の数は日々変わってしまうため、安定させるためには定期的な摂取が重要です。食べ物から摂取できる乳酸菌はわずかなため、食物繊維とセットで摂りいれることが重要になるのです。

乳酸菌と同じように、食物繊維も毎日必要な量を摂り続けるのは難しい栄養の一つです。そのため、両方が一緒にとれる乳酸菌サプリは腸内の改善効果を実感しやすくなっているのです。

まとめ

腸内の乳酸菌は食物繊維やオリゴ糖をエサとしていて、不足すると悪玉菌が増え、腸の働きが鈍くなってしまいます。

食物繊維は不足しがちな栄養の一つで、乳酸菌と一緒にとると効果を感じやすくなります。特に乳酸菌サプリは食物繊維やオリゴ糖が一緒に含まれることが多く、バランスよく栄養が取れるのです。