ヤクルトでもいい?市販の乳酸菌飲料のメリットとデメリット

市販の乳酸菌飲料のメリットとデメリット

スーパーやコンビニなどで膨大な数の乳酸菌飲料が販売されています。乳酸菌飲料は乳酸菌を摂取するのに効率的ですが、デメリットもあることを理解しておく必要があります。

乳酸菌飲料は数が多くて、どれが良いか分からない

乳酸菌による腸内環境改善効果は非常によく知られており、あらゆる場所で乳酸菌飲料を見ることができます。有名メーカーから大手スーパーのプライベートブランドまで幅広く、選択肢が多いことも魅力です。

一方で、健康効果が確認され、特定保健用食品として販売されるものは値段が高い傾向にあり、習慣として続けるのにお金がかかってしまいます。プライベートブランドの乳酸菌は価格が安いものの、乳酸菌がどれだけ入っているか情報が不足している場合もあります。

乳酸菌飲料は健康面でのメリットは大きいものの、コスパなどから続けることが難しいことや、効果を実感しにくいこともあります。

乳酸菌飲料には糖分が含まれていることも多い

乳酸菌飲料は乳酸を発行させるために牛乳を使っている場合が多く、脂肪分が多めのものが存在します。植物性乳酸菌飲料は原料のカロリーは低いものの、飲みやすくするために加糖しているものも多いのです。

糖質や脂質の制限を必要とする人は多く、一方で乳酸菌飲料の糖分を少なくすると飲みづらくなってしまう場合もあります。飲み過ぎると胃に負担がかかり、お腹を壊してしまうこともあります。そこで活躍するのが乳酸菌サプリなのです。

乳酸菌サプリに含まれるのは乳酸菌と食物繊維、各種ビタミンなどが多く、糖分や脂質を気にすることなく続けられるのがメリットになっています。

まとめ

乳酸菌は多くのメーカーから出ており、特定保健用食品と認められた高級品から、大手スーパーのプライベートブランドまで価格も様々です。一方で価格や品質にばらつきがあることから何を選べばよいか迷いがちです。

また、乳酸菌飲料は脂肪や糖分が含まれているものが多く、ダイエットの際などに気になってしまうこともあります。乳酸菌サプリはそう言った気遣いが不要で、栄養バランスに優れてコストパフォーマンスが良いことが特徴になっているのです。