乳酸菌がガン予防で注目を集める理由

乳酸菌のがん予防の効果について研究が続いています。アルコールの影響や食生活の偏りががんのリスクを高めることは古くから知られており、腸内環境を整える乳酸菌による予防効果に期待が出来るからです。大腸がんに限らず、乳がんや胃がん、膀胱がんなど、様々ながんへの効果が期待されています。

腸内細菌ががんに影響することも

腸内細菌の中でも悪玉菌は大腸がんの発生リスクを高めるなど、危険性が指摘されています。悪玉菌は大量の飲酒や肉に偏った食事、不規則な睡眠など、普段の生活習慣によって増えてしまうことがあります。

悪い生活習慣は発がんリスクを高めることが知られており、同時に乳酸菌で腸内環境をよくすることで防止する研究も進んでいるのです。乳酸菌には悪玉菌の繁殖を抑え、腸内の調子を整える効果に期待できますが、生活習慣が乱れ切っていれば焼け石に水になってしまう可能性もあります。

がんの一因となる菌と戦う力があることは判明しているため、乳酸菌を積極的に摂取し、活動しやすい状況を整えることががん予防にもつながっていくのです。

大腸がん以外にも影響がある

乳酸菌のがん予防の研究には乳がんや膀胱がんへの効果も含まれています。腸内フローラで話題になったように、腸内環境を整えることで栄養の吸収率が改善され、免疫力向上にも効果があることがわかっています。

そのため、大腸がん以外でも免疫力向上やナチュラルキラー細胞の活性化によってがん細胞の発生を抑止する効果にも期待できるのです。今後も新たな働きがわかる可能性があるため、積極的に生活に取り入れていくことでプラスの効果を得やすくなるのです。

まとめ

乳酸菌のがん予防についての研究は古くから進んでおり、様々な発見がされています。大腸がん以外のがん予防への効果が期待できるだけでなく、身体全体の免疫力向上にも重要な役割を果たしているのです。

ただし、乳酸菌の働き以上に生活習慣や食習慣が乱れていては期待が出来なくなってしまうため、普段の生活から見直して、積極的に乳酸菌を取り入れることが重要なのです。