腸内環境を整えて冷え性対策?冷え性予防に乳酸菌が効果がある理由

乳酸菌は様々な効果で健康を守る大切な栄養素です。その中には栄養の吸収を良くして、新陳代謝を活発にすることも含まれています。腸の活動が弱ることで冷え性になることもあるため、冷え性の予防のために乳酸菌を活用するのは賢い方法なのです。

冷え性の原因が腸にあることも

冷え性は体が冷えやすいだけでなく、血行が悪くなることから肩こりやむくみなどの症状を引き起こしやすくします。身体の冷えを防止するだけでは十分な効果が得られない場合がありますが、この場合は身体の内側から働きを活発にすることも大切です。

服装による腸の圧迫が体内の血流を鈍らせている場合や、乳酸菌の不足によって腸の動きが悪くなっていることもあるからです。腸の活動が弱ればそれだけ冷え性になりやすくなるだけでなく、便秘や肌荒れにつながってしまうこともあります。乳酸菌を積極的にとれば栄養の吸収が良くなることで新陳代謝が活発になり、便通をよくする効果にも期待できるのです。

身体を冷やす食べ物を避けるのも重要

腸の活動を考える場合に欠かせないのが、食べ物の温度です。冷たい飲み物や食べ物はそれだけ体の熱を奪い、冷え性が悪化してしまう可能性もあります。ヨーグルトの食べ過ぎも一長一短があります。これは乳成分によってお腹が緩くなってしまう可能性や、糖分の取り過ぎになる可能性、身体を冷やし過ぎる可能性等でデメリットが生まれてしまうからです。

乳酸菌をとるためにヨーグルトを活用するのは正しい選択ですが、取り過ぎも問題になります。身体を温めるスープやホットドリンクを生活に取り入れるなど、身体を内側から温めることを意識するとプラスになりやすいのです。

まとめ

腸の活動が弱ることで冷え性になってしまうケースがあるため、予防の意味でも乳酸菌を取り入れ、腸を元気にすることは大切になってきます。栄養の吸収が良くなるため、新陳代謝の活発化の面でもプラスになります。

身体を冷やす習慣が根付いてしまっていることもあるため、食べ物や飲み物を見直し、内側から温めるように考えるのもプラスになるのです。