生きたまま腸まで届く植物性乳酸菌「ラブレ菌」とは

「ラブレ菌」とは、1993年にフランスのルイ・パスツール医学研究センターによってすぐき漬けから発見された植物性乳酸菌の一種です。他の乳酸菌と同様に整腸作用や免疫力の向上に効果があると言われていますが、特にラブレ菌が注目を集めているのが免疫力の向上効果についてです。

日本人になじみの深い食品から発見されたラブレ菌の特徴と働きについて詳しく見ていきましょう。

ラブレ菌は日本人と相性が良い

「ラブレ菌」は日本人の岸田綱太郎博士が、京都の男性は全国2位の長寿であるという事実に着目したことがきっかけで発見された植物性乳酸菌です。そもそも「植物性乳酸菌」とは、植物素材を発酵させる乳酸菌のことで、発酵食品に多く含まれている乳酸菌です。

植物性乳酸菌は、栄養素の少ない環境下でも生存が可能で、胃酸や胆汁などによって分解されにくく、生きたまま腸まで届きやすい乳酸菌であると言われています。そのなかでもラブレ菌は特に酸に強いという特徴があります。

植物性乳酸菌はお味噌やお醤油、漬物などに多く含まれており、私たち日本人にとって身近な食材の中に生息している乳酸菌なのです。

ラブレ菌の効果について

ラブレ菌を摂取することで、以下のようなさまざまな効果が期待できます。

ウィルスやがん細胞を除去する働き

ラブレ菌の働きの中で最も効果を期待されているのがこちらの働きです。ラブレ菌が腸内で白血球を刺激して、たんぱく質の一種である「インターフェロンα」の産生能力を高めます。インターフェロンαは、腫瘍細胞やウィルス感染細胞の拒絶に有効な「ナチュラルキラー細胞」を活性化させることで免疫力が向上します。

腸内環境を整える働き

ラブレ菌は体内で分解されにくく、生きたまま腸内まで到達しやすい乳酸菌です。腸内で乳酸を作り出すことで腸内を酸性にすることで悪玉菌の活動を抑制してくれます。また、ラブレ菌は腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果もあり、これらの働きによって腸内環境を整えてくれます。

美肌効果

肌荒れの原因の1つに便秘があることはよく知られているところです。便秘の時、腸内では悪玉菌が活性化した状態となっており、悪玉菌が出す毒素の影響によって肌荒れがおこってしまうのです。ラブレ菌を摂取することによって腸内環境が整えられ、悪玉菌の増殖が抑えられることにより、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

コレステロールを減少させる働き

乳酸菌には腸内の余分なコレステロールを吸着し、対外へ排出する働きがあります。コレステロールを排出する効果がより高いのは動物性乳酸菌なのですが、ラブレ菌を摂取することでもコレステロールを減少させる働きがあります。

アレルギーの抑制効果

身体の免疫機能のバランスが崩れることによってアレルギーが起こってしまいます。乳酸菌を摂取することで、免疫機能のバランスを改善することで、アレルギーの抑制効果が期待できます。

まとめ

発見されたのが日本のすぐき漬けからで発見したのも日本人と、何かと日本と関わりの深いラブレ菌は、さまざまな効果が期待できる乳酸菌です。乳酸菌を摂取する時には、できるだけたくさんの種類の乳酸菌を摂取することと、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を合わせて摂取することで、更に高い効果が期待できます。

なるべく色々な種類の乳酸菌を合わせて摂取するように心がけましょう。