腸内環境は健康のカギ?乳酸菌がずっと注目され続ける理由

腹の調子が悪いときもそうではないときも、ヨーグルトを食べてお腹の調子を整えている人は、私を含めてかなりの人数がいらっしゃるのではないかと思います。なぜ私たちはお腹の調子を整えるためにヨーグルトを食べるのでしょうか?それは、ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌が、私たちのお腹の調子を整えてくれるからです。

も、新しい乳酸菌が入ったヨーグルトや乳酸菌飲料など様々な食品が発売されつづけていますが、なぜ乳酸菌はこんなにも人気があるのでしょうか?

まず知っておきたい乳酸菌の基本のキ

乳酸菌」とは、糖を分解して乳酸を作り、それをエネルギーとして活動を行う菌の総称で、その種類は200以上になると言われています。乳酸菌は生息場所によって『動物性乳酸菌』や『植物性乳酸菌』に分類することができます。「動物性乳酸菌」は主にヨーグルトや乳酸菌飲料などの乳製品などに含まれており、「植物性乳酸菌」はお漬物やお味噌、お醤油などの発酵食品に含まれています。

物性乳酸菌はもともと栄養価の高い環境下に生息していることもあり、胃酸などに弱く腸内に届くまでに死滅することが多く、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌とは逆に酸やアルカリに比較的強く、生きたまま腸まで届く確率が高いとされています。

体の中で死滅する菌を『死菌』とよび、生きたまま腸に届く菌を『生菌』とよびます。生菌は腸内では悪玉菌の繁殖を抑えるなど、腸内環境の改善のために働き、死菌は生菌のエサとなり、 活性化させたり、腸内を刺激して整腸作用を高めてくれたり、免疫力を高めてくれる働きを持ちます。

乳酸菌が私たちにもたらしてくれる驚きの効果とは?

腸作用や免疫力を高めるのが基本的な乳酸菌の働きなのですが、さまざまな種類の乳酸菌が存在しており、その種類によって効果もさまざまです。たとえば、ガセリ菌SP株には『内臓脂肪抑制効果』や『コレステロールを低下させる作用』があり、ラブレ菌には『肩こり』『冷え性』『腰痛を改善する作用』や『美肌効果の作用』などがあります。

れら以外にも『インフルエンザの感染予防』や『ダイエット効果』『花粉症の改善作用』などの効果を持つ乳酸菌の存在が確認されています。これらの機能を持つ乳酸菌が含まれている食品には、トクホのマークがついており、説明が記載されていますので、内容を確認した上で、欲しい効果を持っている商品を選ぶ必要があります。

まとめ

乳酸菌がここまでの人気となっているのは、健康な生活を送るための基本となる効果を備えているだけではありません。花粉症やアレルギーなどの悩み、美肌や美容、あるいはダイエットなど女性特有の悩みや、いつまでも若々しく生活したいという欲求など、現代に生きる私たちが必ず持っているであろう悩みや欲求を解決してくれる可能性のある効果を持っているからに他なりません。

今もなお、乳酸菌の研究が続けられており、また新たな効果を持つ乳酸菌が発見され続ける限り、乳酸菌の人気はずっと続くでしょう。