どちらの乳酸菌が優秀?植物性乳酸菌 v.s 動物性乳酸菌

「乳酸菌」という言葉に含まれている「乳」という単語と、チーズやヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていることから、乳酸菌というのは乳製品に含まれている菌だと思ってはいませんか?

乳酸菌には数多くの種類が存在しており、決して乳製品だけに含まれている菌ではありません。そんな乳酸菌は大きく分けると2つに分類することができます。その1つが「動物性乳酸菌」で、こちらは主に乳製品に多く含まれており、ブルガリア菌、LG21乳酸菌などの種類があります。もう1つが「植物性乳酸菌」で、こちらは主に発酵食品に多く含まれており、野菜、豆、米などの植物素材を発酵させる乳酸菌で、ラブレ菌、L.プランタラムなどの種類が確認されています。

ここでは、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いについて説明しながら、どのように摂取していったら良いのかについて考えていきたいと思います。

「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の違い

「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」は、乳酸菌の生息場所の違いによって分類されており、植物性の食品に生息している乳酸菌を「植物性乳酸菌」、動物性の食品に生息している乳酸菌を「動物性乳酸菌」と分類しています。

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌は乳糖を養分にして成長を行います。他の細菌と共存することはなく、単独で生きる乳酸菌で、栄養成分が豊富でバランスの良いところでないと生息することができず、そのため人間の体内では胃酸などでほとんどが分解されてしまいます。しかし、動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌を活発化させる働きがあり、また分解されたあとも直接腸内を刺激し、免疫力と整腸作用を高めてくれるのです。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌は、植物から得られる糖分(果糖、麦芽糖、ブドウ糖など)を養分にして成長を行います。また、動物性乳酸菌とは異なり他の細菌と共存することが可能で、そのため胃酸や胆汁に強く生きたまま腸に届きやすい乳酸菌となっています。

どちらの乳酸菌を摂取するのがいいか

植物性乳酸菌も、動物性乳酸菌もそれぞれ異なる役割を持っており、どちらか一方のみを摂取すればよいというものではありません。基本的には両方を摂取するのがおススメです。

普段の食生活を振り返り、ヨーグルトやチーズなどを良く食べているようであれば、植物性乳酸菌を含んだお漬物やお味噌汁などを積極的に摂取するのが良いでしょうし、逆に普段が和食中心の生活であれば、ヨーグルトやチーズといった動物性乳酸菌を含むものを摂取するのが良いでしょう。

また、どちらの乳酸菌を摂取する場合についても言えることですが、一日あるいは一回乳酸菌を摂取すれば大丈夫ということではなく、継続することが何よりも重要なことになります。

まとめ

私たちの健康維持には欠かせないと言っても言い過ぎではないくらい重要な乳酸菌。その乳酸菌たちに存分に活躍してもらうためにはどちらも継続して摂取し続けたいものです。しかし、摂取することが目的になってしまっては折角の楽しい食事も楽しさが半減してしまいますし、ストレスによって悪玉菌が増えてしまう可能性もあります。

普段の食事に一品追加してあげるだけで、食生活のバラエティも増えますし、栄養バランスも充実しますので、一度自分の食生活を振り返り、不足しがちな方の乳酸菌を補ってあげることを始めてみましょう。