生きて腸まで届く植物性乳酸菌の効果とは

腸内環境を良くしてくれる乳酸菌。乳酸菌という言葉が持つイメージと、ヨーグルトやチーズに多く含まれていることから、乳製品に含まれているものだと思っていませんか?

実は乳酸菌は乳製品以外にも含まれていますし、乳酸菌の種類も全てを把握するのが難しいくらい数多く確認されています。乳酸菌は大きく分けて「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の二つに分類することができます。ここでは、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いについて説明をしながら、植物性乳酸菌が注目される理由について説明していきます。

乳製品に多く含まれている動物性乳酸菌

「動物性乳酸菌」とは、主にヨーグルトやチーズなどの乳製品に生息している乳酸菌のことで、乳製品に含まれる乳糖をもとにして乳酸を作りだして成長をしていきます。

この動物性乳酸菌は他の細菌とは共存することはなく、単独で生きる乳酸菌であるため、胃酸などには弱く、ほとんどが腸に届く前に分解をされてしまいます。しかし、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌をより活性化させる役割を担っていますし、分解された後でも直接腸内を刺激して、免疫力や整腸作用を高めてくれるのです。

発酵食品に多く含まれている植物性乳酸菌

「植物性乳酸菌」とは、お野菜や豆、麦やお米などの植物素材を発酵させる乳酸菌のことで、お漬物やお味噌などさまざまな食品に生息しています。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりもより栄養素が少ない環境下でも生存することができます。また、他の細菌と共存することができるため、胃酸や胆汁などによって簡単に分解されることが少なく、生きたまま腸まで到達しやすい乳酸菌です。

植物性乳酸菌に注目が集まる理由

乳酸菌の健康効果として最も良く知られるのは「整腸作用」ですが、その他にも免疫の活性化や抗菌作用などさまざまな働きを持っています。近年の研究によって、植物性乳酸菌の方が動物性乳酸菌にくらべて、より活性が高いものがあるのではないかと期待をされています。

製薬会社や食品メーカーも、植物性乳酸菌を使ったサプリメントやヨーグルト、飲料などを多く開発・販売していることからも、注目度が高まっていることがわかります。

まとめ

過酷な環境をくぐり抜け、生きたまま腸まで届く力が強い植物性乳酸菌と、植物性乳酸菌の活性化を促し、分解されたあとも腸内の免疫力や整腸作用を高めてくれる動物性乳酸菌。それぞれ働きが異なるため、どちらかを摂取し続ければよいというものではなく、両方をバランスよく摂取することが非常に大切です。

ここ最近、和食を食べる機会が少なくなってきているかもしれせんが、この機会に一度食卓を見直してみてはいかがでしょうか。植物性乳酸菌と、動物性乳酸菌を上手く組み合わせることで、今までよりもバラエティ豊かな、栄養面のバランスのよい食卓ができ、これまで以上の健康維持の役に立つはずです。