腸内環境を左右する「腸内細菌」と理想的なバランス

お腹の調子を整えるために、ヨーグルトや納豆を召し上がっている方はきっと多いはずだと思います。このお腹の調子を整えるという言葉を、より正確に言い表すのならば「腸内細菌のために腸内環境を整える」ということになります。

近年、腸内細菌はお腹の調子を整えるだけでは無く、私たちの健康維持のために大切な役割を果たしていると考えられるようになってきておりますが、そもそも腸内細菌とはいったいなんなのでしょうか?

善玉菌、悪玉菌、日和見菌と働き

腸内細菌は、その作用によって「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に大きく分類することができます。

善玉菌

ビタミンの合成を行ったり、消化吸収の補助を行ったり、感染を防御したりと、老化の防止や健康維持などに影響を及ぼす菌で、代表的なものにはビフィズス菌、乳酸菌があります。

悪玉菌

善玉菌とは逆に、悪臭のもととなる腐敗物質や発がん性のある物質をつくったりと、老化の促進や健康を阻害するなどの影響があります。代表的なものにブドウ球菌・ウェルシュ菌・大腸菌(有毒株)があります。

日和見菌

体が健康なときにはおとなしくしているけれども、弱ったりした場合に腸内で悪い働きをする菌で、代表的なものに大腸菌(無毒株)・バクテロイデス・連鎖球菌があります。これらの作用を持った腸内細菌が腸内で一定のバランスを保っていることで、私たちは健康な生活を送ることができているのです。

悪玉菌が増えてしまう理由とは

悪玉菌は、たんぱく質や脂質を多く含む食事や、さまざまなストレス、病原菌の侵入、便秘、抗生物質の服用などで数を増やしていきます。また、悪玉菌の数が増えてくると、日和見菌が悪玉菌と一緒になって体に対して悪い働きを行うようになってしまいます。

善玉菌を増やす方法

腸内環境を整えるためには、悪玉菌の数を増やさないようにして、善玉菌の数を増やしてあげることが重要だということがお分かりになったかと思います。

では、善玉菌を増やす為にはどのようにしたら良いのでしょうか?

厚生労働省が情報提供を行っているe-ヘルスネットでは、善玉菌を増やす為の方法としては、「ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する方法」と「オリゴ糖や食物繊維を摂取する方法」の2つの方法を挙げています。

ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する場合は、継続して腸内に補充するのが効果的で、毎日摂取することが勧められています。オリゴ糖や食物繊維を摂取する場合では、腸内にもともと存在している善玉菌に栄養を与えてあげることで数を増やすという考え方なのですが、オリゴ糖には一日の摂取制限がありますので、摂取量には十分に注意するようにしましょう。

腸内細菌の理想的なバランス

腸内細菌は、善玉菌の数が多ければ多いほどよく、悪玉菌の数が少なければ少ないほどよいというものではありません。それぞれの菌が腸内で密接な関係をもっており、それにより複雑なバランスを取ることができています。一般的に健康な成人の腸内細菌の利率は、日和見菌が7割、善玉菌が2割、悪玉菌が1割と言われています。

まとめ

健康的な生活を送るためには、悪玉菌を増やさずに善玉菌を増やしてあげることが重要です。それだけではなく、善玉菌が増えることによって、老化防止効果も期待できるようになりますので、日頃から善玉菌の数を増やしていく生活を送って、いつまでも若々しく見られたいものですね。