乳酸菌は寝る前に飲む?乳酸菌を摂取する理想的なタイミング

乳酸菌を摂取するタイミングは朝食時や寝る前など、いつが最適か悩みがちです。乳酸菌を摂取するタイミングは期待する効果によっても若干変わることがあるため、乳酸菌で何をしたいかを考えるようにしましょう。

消化吸収を助けたいなら、食後がオススメ!

乳酸菌を摂るタイミングでは、寝る前と食後のどちらが良いかで議論されることがあります。乳酸菌には栄養の吸収を助ける働きがあり、消化が弱く不安を抱えがち人は、食後に摂ることでしっかりと栄養を摂る効果に期待できるのです。

ただし、摂り方には注意が必要です。これは乳製品から乳酸菌を摂ろうとすると、かえってお腹が弱くなる体質の人もいるからです。漬物などで植物性乳酸菌を摂るか、乳酸菌サプリを活用するのがおすすめです。

特に乳酸菌サプリは簡単に飲めて持ち運びもできるため、非常に使いやすいのです。

寝る前の乳酸菌摂取は睡眠の質の向上やアンチエイジングにも良い

寝る前に乳酸菌を摂取することは、腸内環境を整え、睡眠の質の向上やアンチエイジング効果を期待することができます。これはストレスがたまると悪玉菌が増えてしまい、乳酸菌が十分に活動する力が弱まってしまうからです。

寝る前のリラックスタイムに乳酸菌を摂ると、その効果を実感しやすくなります。とくに副交感神経の働きが強まる22時から午前2時までの間に摂取し、休むようにすると良いのです。

寝る前の乳酸菌摂取で腸の活動が活発になり、便秘予防や免疫力の強化、肌質の向上など様々な効果を期待できるのです。最近では、寝る前にヨーグルトを食べる夜ヨーグルトダイエットも流行っています。

まとめ

乳酸菌を摂るタイミングは、寝る前と食後が良く、それぞれにメリトが異なります。食後に摂る場合は栄養吸収力を高め、お腹の調子を安定しやすくしてくれます。

寝る前の乳酸菌摂取は腸の善玉菌の活動を活発し、睡眠の質の向上やアンチエイジング効果など様々な効果に期待できます。悩みに合わせて使い方を変えるのも方法で、飲むタイミングを柔軟に変えられる乳酸菌サプリが非常に便利なのです。もしいつ飲めば良いか分からない場合、寝る前がオススメです。