乳酸菌の都市伝説!乳酸菌の嘘と誤解には要注意

幅広い健康効果が期待できる乳酸菌は、嘘や誤解も多いのが特徴となっています。これは昔の常識が研究によって覆されたことがあるからで、新しい情報を取り入れた方がプラスになりやすいのです。

乳酸菌に関する嘘や誤解の代表的なもの

乳酸菌に関する嘘と誤解の代表的なものに、生きて腸まで届かないと効果が無いと言うものがあります。これは乳酸菌が活動することで悪玉菌を撃退することが知られていた半面、胃酸などの影響で腸まで届かないケースがあったためです。

しかし、実際には胃酸に弱いのは一部の菌であり、酸に対する耐性を持った乳酸菌も発見されています。また、乳酸菌が生きて腸内に届かなくても、腸内の善玉菌の栄養になることがわかっており、必ず生きて届ける必要はないのです。

免疫力に対する効果を高めるために最初から殺菌した状態で販売されている乳酸菌食品があるほどで、乳酸菌の研究によって嘘や誤解が改められているのです。

乳酸菌でお腹が緩くなるのも嘘?

乳酸菌でお腹が緩くなると言うのもありがちな嘘と誤解の一つです。これは乳酸菌を含んだ食品に乳製品が多いからで、脂肪分を吸収しきれない場合や、食べ過ぎや飲み過ぎでお腹を冷やしてしまうことがあるからです。

乳酸菌自体は摂りすぎても腸内を通り過ぎるだけのため、基本的に無害といわれています。ただ、乳酸菌を摂りすぎて、お腹がゆるくなったという話もよく聞きます。そのため、明確にお腹がゆるくなる原因として、乳酸菌が影響しているかどうかは明らかになったおらず、あくまでグレーと言えます。中には乳製品自体が合わない人もいるため、漬物などに含まれる植物性乳酸菌を摂ると問題が出ないケースもあります。

乳酸菌の嘘や誤解に惑わされず、正しい知識を得て生活に取り入れることが重要で、難しいと思ったら乳酸菌サプリを習慣づけたほうが健康効果も実感しやすいのです。

まとめ

乳酸菌に関する嘘や誤解は多く、研究の結果、昔の常識が誤りであると確認されたものもあります。乳酸菌は生きて腸内まで届かず、健康効果も無いと言うのがその代表的なものです。

一般的に言われる乳酸菌でお腹が緩くなると言うのも事実ではなく、主にお腹を壊す原因となるのは乳脂肪や、食べ過ぎによるお腹の冷えなどです。嘘に惑わされずに乳酸菌を生活に取り入れた方が、健康効果を感じやすいのです。