うつ病予防にも効果あり?乳酸菌がうつ病予防と改善に期待できる理由

乳酸菌とうつ病は、実は深いかかわりがあると言われています。うつ病の原因の一つにセロトニン不足が挙げられますが、腸内環境が悪くなるとセロトニンが正常に生産されなくなってしまうのです。乳酸菌を摂って腸内環境を整えることでうつ病の予防と改善に期待できるのです。

乳酸菌の働きがうつ病予防に役立つ理由

うつ病の原因の一つに、セロトニン不足が挙げられます。セロトニンは幸福を感じるために必要な神経伝達物質ですが、その9割は腸内で生まれているのです。腸の活動が鈍ると脳へセロトニンが運ばれなくなってしまいます。

腸の活動を支えるのが乳酸菌をはじめとした善玉菌です。善玉菌は腸内フローラとなって免疫力アップやアンチエイジングに貢献し、悪玉菌の繁殖を抑えているのです。

また、ストレスが腸内の悪玉菌を増やしてしまうことも知られています。乳酸菌は抗ストレス作用があることも知られており、乳酸菌を積極的に摂取することでうつ病予防や改善に期待が出来るのです。

うつ病予防には乳酸菌サプリが便利

うつ病になってしまうと食欲不振や睡眠の不安定さなどにつながる場合も多く、精神だけでなく生活習慣も不安定になりがちです。乳酸菌の摂取も気軽にできる方が良く、乳酸菌サプリは負担が少ないのが魅力です。

医薬品ではないため、飲み合わせにそれほど気を使わなくてもいいのがポイントで、口にすることが簡単なのはメリットです。経済的にお得な場合が多いのも特徴です。

うつ病ではなくてもストレスの緩和に乳酸菌の摂取を習慣づける方法もあり、継続的に腸の働きを応援することが精神の健康にもつながるのです。

まとめ

うつ病の原因には幸福感を感じるために必要なセロトニン不足が挙げられます。セロトニンは大部分が腸内で作られていて、腸内環境を整えることがうつ病予防と改善に役立つと言われているのです。

中でも乳酸菌は腸内環境を整えるために重要な役割を果たしており、乳酸菌サプリの摂取はうつ病の予防や改善に期待がもてます。気軽に始められるだけでなく、習慣にすることでストレスに強い心や身体を育ててくれるのです。