乳酸菌は熱と酸に弱い?胃酸で死滅しない乳酸菌とは

乳酸菌は胃液で死滅してしまうので、生きて腸まで届かないという説があります。乳酸菌が熱や胃酸に弱いというのは事実ですが、腸に届くまでに死滅した後も腸内活動の役に立つ乳酸菌も見つかっています。乳酸菌が胃液で死ぬとは限らず、死んでも効果が無いとは限らないのです。

胃液に対する耐性がある乳酸菌も!

胃液は食べ物を消化するために重要な役割を果たしており、雑菌の繁殖も防ぐ役割を果たしています。しかし、胃酸の影響で体にいい乳酸菌も死滅してしまうため、乳酸菌食品を食べても意味がないという説があるのです。

しかし、実際は胃液に対する耐性がある乳酸菌も見つかっています。これは乳酸菌自体が乳酸という酸を発生させるためで、胃酸にも耐えて腸内まで届くものがあるのです。

特に漬物などに含まれる植物性乳酸菌は胃液や塩分に強く、腸内の奥まで届く乳酸菌として知られているのです。また、生きて腸まで届くように加工を行うなど、技術開発と研究も進んでいるのです。

死菌でも腸内環境改善に効果あり?

乳酸菌は胃液で死んでも、その死骸が腸内の乳酸菌の栄養になることもわかっています。また、乳酸菌の中でもフェカリス菌のように、死菌になってからの方が強力な免疫力効果に期待できるものが見つかっているのです。

乳酸菌が胃液で死ぬかどうかではなく、腸内でどのような働きをするかの方が重要なのです。胃液で死菌になりやすい乳酸菌でも、継続摂取することで腸内に届き、整腸作用を発揮するケースがあることもわかっています。

胃液のことを考えると、乳酸菌を摂取するなら、コストパフォーマンスに優れた乳酸菌サプリは手軽に続けられるためオススメです。

まとめ

乳酸菌は胃液で死ぬため腸内まで届かず、整腸作用が無いと言うのは誤りです。腸内まで生きて届く乳酸菌も発見され、死んでも役に立つ乳酸菌が存在するのです。

また、胃液で死菌になっても強力な免疫力効果を発揮する乳酸菌が発見されており、生きて届かなくても腸内の善玉菌の応援をしてくれます。継続的な摂取でより効果を発揮するものもあるため、手軽に続けられる乳酸菌サプリはおすすめなのです。