腸内環境を決める大事な時期!乳酸菌と赤ちゃんの意外な関係

乳酸菌は赤ちゃんに大きな影響を与えています。これは母親の免疫力を高め、胎児を守る効果に期待できるからで、健康に育つ上でも大きな役割を果たしているのです。

赤ちゃんはお腹にいる時から乳酸菌に守られている

赤ちゃんの成長はお腹の中にいる時から始まっています。乳酸菌は免疫力を高めることで知られており、母親の免疫力が高ければ赤ちゃんの成長にも良い影響を与えてくれます。

また、赤ちゃんは腸内が無菌の状態で生まれてくるため、赤ちゃんは腸内細菌の99%が善玉菌といわれています。しかし、成長するにつれ、悪玉菌が増えていきます。しかし、母乳を与えることによってビフィズス菌や乳酸菌と言った善玉菌が育ちやすくなり、お腹の調子が安定するのです。

母乳で育てた赤ちゃんは腸内の善玉菌が多く免疫力も高いと言ったデータも存在し、母子ともに健康になるために乳酸菌が重要になるのです。

離乳食を食べ始めると赤ちゃんの乳酸菌が変化する?

離乳食を食べ始めると赤ちゃんの腸内細菌に変化が現れ、より大人の腸内環境に近くなっていきます。乳酸菌も大人のものへ変わっていくため、より健康的に育つように栄養に気を使ってあげることが重要です。

乳酸菌を含んだ食品と乳酸菌のエサとなる食材をセットにするのがポイントで、腹持ちが良くお腹に優しいバナナなどが代表的な食材となっています。

乳酸菌はアトピーやアレルギーの予防効果にも期待が持てるため、積極的に取り入れていくことがプラスになるのです。

まとめ

乳酸菌は免疫力を高め、お腹にいる赤ちゃんも守ってくれています。母乳を与えることで乳酸菌が育ちやすくなり、免疫力が高まることも知られており、乳酸菌は赤ちゃんの成長に欠かせないものなのです。

離乳食を食べ始めると赤ちゃんの腸内環境もより大人に近づいていきます。幼児期であっても乳酸菌の重要性は変わらず、アトピーやアレルギーの予防効果にも期待が出来るのです。母子ともに健康でいるために、乳酸菌サプリを上手に取り入れ、栄養バランスを整えるのが賢い方法なのです。