乳酸菌の効果が減少?乳酸菌と相性がわるい食品とは

乳酸菌と相性が良い食べ物がある一方で、悪い食べ物も存在します。これはお茶やコーヒーに含まれるタンニンなどポリフェノールで、乳酸菌の活動を阻害することが知られているのです。

乳酸菌とお茶(タンニン)はNG!

タンニンはポリフェノールの一種でお茶やコーヒーの苦みの元となっています。殺菌作用があることで知られていますが、乳酸菌の活動を邪魔することがわかっています。

タンニンも少量であれば胃液で薄まるため影響は少なくなります。しかし、お茶やコーヒーを飲み過ぎると、腸内で活動する乳酸菌の活動に影響を与えてしまうことがあるのです。

タンニンなどのポリフェノールの摂りすぎは腸内の乳酸菌を弱らせる可能性があるため、量には注意する必要があります。お腹の調子が悪いと思ったら、お茶やコーヒーを控え、乳酸菌サプリを摂るとプラスにしやすいのです。

タンニンに強く、相性を気にしない乳酸菌も

漬物などに入っている植物性乳酸菌は、タンニンの影響を受け辛いことがわかっています。お茶やコーヒーと乳酸菌の相性が気になる場合は、植物性乳酸菌を積極的にとると効果的です。また植物性乳酸菌は熱や酸にも強いことがわかっており、生きたまま腸まで届くといわれています。

ただし、植物性乳酸菌を食べ物で摂取しようとすると漬物など塩分が強い物に偏りがちなため、健康のことを考えると、乳酸菌サプリを使った方が摂りやすくなります。

動物性乳酸菌も植物性乳酸菌も長所が異なり、体質による相性も異なってきます。複数の乳酸菌を組み合わせてバランスをとるのも一つの方法なのです。

まとめ

お茶やコーヒーに含まれるポリフェノールは乳酸菌と相性が悪く、成長を妨げる働きがあることがわかっています。お茶やコーヒーの飲み過ぎで乳酸菌が十分に育たず、胃腸の荒れにつながるケースがあるのです。

植物性乳酸菌はポリフェノールとの相性が良く、ほとんど影響を受けないため乳酸菌サプリで補う方法もあります。複数の乳酸菌を組み合わせてバランスをとるのも考え方で、食事とサプリで棲み分け、より健康な腸を目指すのも効果的なのです。