アルコールと乳酸菌の相性。アルコールと乳酸菌の同時摂取はNG?

アルコールには殺菌作用があるため、乳酸菌と一緒にとっても大丈夫かと悩みがちです。乳酸菌は身体にいいと言っても、菌ですからね。実は、アルコールには殺菌作用がありますが、胃液の影響などで作用は弱まるため、それほど組み合わせを気にする必要はありません。

アルコールと乳酸菌の相性は悪くない?

乳酸菌を摂取する際にアルコールを一緒にとっても、殺菌される菌はわずかです。これは乳酸菌の一部は胃で死んでしまうことと、アルコールも胃液などの影響を受けて殺菌作用が弱まるからです。

サプリメントなどで乳酸菌を摂らない限り、腸まで生きて届く乳酸菌も存在します。しかし、一方で死滅しても整腸作用を発揮する乳酸菌もいます。アルコールから悪影響を受けることはほとんどないのです。アルコールとの食べ合わせを気にするよりも、乳酸菌を含んだ食品を積極的に食べた方が健康増進に期待できます。

マッコリやヨーグルト酒など乳酸菌が入っているお酒も存在しますよね。アルコールが乳酸菌に与える影響はそれほど強くないのです。

乳酸菌はアルコール対策に良いと言う説もあり

乳酸菌に期待できる効果の一つに、二日酔いの防止効果が挙げられます。これはアルコールの摂取が胃腸を荒らす可能性があるからで、乳酸菌が腸の働きを整え、身体への負担を軽くすると言われているからです。

民間療法レベルでは、二日酔い防止の対策として、漬物やチーズなど乳酸菌を含んだ発酵食品を活用している国も多いのです。

もちろんアルコールの飲み過ぎは禁物のため、お酒の量を加減しつつ、飲み会が多い時期は乳酸菌サプリを習慣づけるなど、普段から健康に気を配ることも大切なのです。

まとめ

乳酸菌とアルコールを一緒に摂取しても、殺菌はほとんどされず、殺菌された乳酸菌も腸の中で善玉菌の栄養になります。アルコールと一緒に乳酸菌をとっても影響は少ないのです。

乳酸菌は腸の活動を整えてくれるため、二日酔い対策にも良く用いられています。日頃アルコールを飲む機会が多い人は、量を加減し、乳酸菌サプリを習慣にすることで健康効果に期待することができるのです。