乳酸菌と善玉菌のちがいと役割とは

乳酸菌は善玉菌の一つであり、人間の身体の中を内側から守る役割を持っています。ただ守るだけでなく、栄養の吸収を助けることや、老化防止のための物質の抑制を図るなど、非常に広い範囲の健康効果をもたらしてくれるのです。

乳酸菌は善玉菌の一つ

乳酸菌は善玉菌の一つで代表的な存在にもなっています。腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌と呼ばれる3種類の菌があり、それぞれにバランスを保っています。

善玉菌は食べ物の消化吸収を助けたり、免疫物質を作って身体を守ったりしています。悪玉菌は逆に腸内の炎症の元となったり、発がん性のある物質を作ったりしているのです。

日和見菌は普段は何もしませんが、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると病気の原因となってしまうこともあります。健康の維持のためには乳酸菌を積極的に摂取して善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えることが大切になります。

乳酸菌が善玉菌として有名なのは使いやすいから

善玉菌には乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌や納豆菌などが存在します。どれも健康効果で知られる菌ですが、ビフィズス菌は空気の接触に弱く、納豆菌は癖が強くて摂る人を選ぶ問題があります。

乳酸菌はヨーグルトなどの動物性の発酵食品だけでなく、漬物などの植物の発酵食品にも含まれています。様々な形で摂取できるだけでなく、死んでも善玉菌の栄養になるなど使い勝手が良いのも特徴なのです。

乳酸菌を摂ることで腸内の善玉菌のバランス自体が改善されるため、乳酸菌サプリを毎日飲むとより健康を実感しやすくなるのです。

まとめ

乳酸菌は善玉菌の一つで、食べ物の消化吸収を助け、病気の原因となる悪玉菌と戦う役割を持っています。悪玉菌が増えることで日和見菌と呼ばれる菌も悪さをすることがあるため、常に善玉菌を応援することが大切なのです。

乳酸菌は善玉菌の中でも最もポピュラーで触れる機会が多いものの一つです。研究も進んでいて、手軽に健康効果を感じやすいため、毎日の習慣としておすすめなのです。