乳酸菌にはコレステロール値を下げる効果がある?

乳酸菌はコレステロール値のコントロールに役立つと言う研究結果があります。これは乳酸菌の活動が余分な脂肪を便と一緒に排出するのを助けるからで、肥満や動脈硬化防止に期待できるのです。

乳酸菌がコレステロールを減らす

乳酸菌の研究の中にはコレステロールとの関連性を調べたものがあり、一部の実験ではコレステロール値の抑制効果が確認されています。コレステロール値は適正であれば健康に役立ちますが、悪玉コレステロールが増えるのは問題です。

悪玉コレステロールは肥満のリスクを高め、動脈硬化の危険性を増やしてしまいます。健康診断で中性脂肪値が気になる人は、乳酸菌を積極的に摂取することで数値をコントロールが出来る可能性があるのです。

特にコレステロール値が高い人は胃や腸も荒れている傾向があるため、粘膜を保護して免疫力を高める乳酸菌は力強い味方になってくれるのです。

乳酸菌が胆汁酸を増やしてコレステロール値を下げる

乳酸菌には胆汁酸を吸着して身体の外に排出する役割があります。この胆汁酸はコレステロールから作られていて、量が少なくなればそれだけ補充されます。

そのため、乳酸菌が増えるとコレステロールから胆汁酸が活発に作られることになり、それだけコレステロール値が減っていくのです。また、乳酸菌は腸のぜんどう運動を助け、便の排出を良くする働きもあります。

便秘になればそれだけ余分なコレステロールが腸内に残ってしまいます。コレステロールが残れば、脂肪分を栄養に悪玉菌が繁殖し、便秘が悪化することもあります。乳酸菌サプリなどで便秘の予防と改善を図ることも、コレステロール値を下げるポイントになるのです。

まとめ

乳酸菌には余分なコレステロールを身体の外に排出する役割があります。動脈硬化や肥満の予防に乳酸菌が役立っているのです。

便が活発に出れば、コレステロールを材料に胆汁酸が作られて補充されます。乳酸菌は胆汁酸を便と共に排出するため、コレステロールが下がる循環が出来るのです。日常的に乳酸菌を摂るのは難しい面もあるため、乳差菌サプリなど手軽な物から習慣づけるのがおすすめです。