乳酸菌は熱に弱い?ヨーグルトなどを加熱しても健康効果を発揮できるのか

乳酸菌の健康効果で議論になりやすいのが「生きて腸に届くか」「死ぬと効果がないか」です。乳酸菌には加熱殺菌したものが存在し、効果がないと言われることがあります。しかし、実際には加熱しても健康効果があると言われる乳酸菌も存在するのです。

乳酸菌は熱に弱い

乳酸菌が活発に活動するのは40度程度までで、60度に加熱すると30分で死滅すると言われています。

一方で、加熱しない生きた乳酸菌は保存が難しく、日持ちしないと言う弱点を持っています。冷蔵保存にも限界があるため、より気軽に管理するためには加熱やフリーズドライと言った加工が必要になるのです。

きちんと腸まで届ける工夫がされていなければ、乳酸菌を生きたまま腸内に届けるものばかりではないことに注意が必要です。乳酸菌サプリでも粉末やタブレット状にしたものが多く、カプセルなどに工夫をして腸まで届くように考えられている乳酸菌サプリも多くなってきています。

加熱殺菌しても乳酸菌は健康効果に期待できる

乳酸菌は生きて届けなければ意味がないと思われがちですが、近年の研究では乳酸菌が死んでも、腸内の乳酸菌のエサになるため、健康効果に期待できることがわかっています。

中には加熱殺菌した方が腸内に安定して届き、より高い健康効果を発揮する乳酸菌も見つかっています。そのため、加熱すると乳酸菌の効果が失われると言うのは誤りだとわかっているのです。

加熱殺菌した乳酸菌サプリはその方がメリットが大きいためで、手軽に安心して摂り続けることができるのです。

まとめ

乳酸菌は加熱に弱く、60度程度になるとあまり長く生きられないことがわかっています。しかし、加熱殺菌しない乳酸菌は保存が難しく、毎日摂ることが負担になりがちです。

乳酸菌は加熱しても健康効果に期待できるものが存在し、加熱した方が良い乳酸菌もあることがわかっています。加熱殺菌された乳酸菌サプリは研究の結果をもとに作られているため、気軽に安心して使えるのがメリットなのです。