乳酸菌はとっても弱い?乳酸菌の寿命について考える

乳酸菌の寿命は非常に短く、3日から1週間ほどと言われています。繁殖のサイクルが非常に短いため、乳酸菌を一時的に増やしても効果を感じにくく、毎日摂取することが重要になっているのです。

乳酸菌には寿命がある

乳酸菌の寿命な3日から1週間と言われており、短いサイクルで繁殖と死を繰り返しています。条件が揃えばもっと長生きすることもありますが、人間の身体の中ではそれほど長く生きられないのです。

そのため、乳酸菌を生きて腸まで届けても健康効果をなかなか実感し辛くなっています。健康効果を感じるためには継続して乳酸菌を摂る必要があり、腸内の乳酸菌を応援し続けることが大切になります。

腸内の悪玉菌が優勢になれば乳酸菌の寿命も短くなるため、毎日の習慣にするのがおすすめなのです。

寿命が短いからこそ、乳酸菌が生まれる環境を

乳酸菌の中には腸まで生きて届くものと、胃酸などの影響で死んでしまっても腸内の乳酸菌のエサとなるものがあります。腸内の乳酸菌が増えやすくすることで、寿命の短さをカバーすることができるのです。

ヨーグルトや漬物だけでなく、乳酸菌飲料などで補う方法もありますが、毎日続けるのは難しいものです。そのため、乳酸菌サプリが選ばれることが多いのです。

乳酸菌はストレスの緩和やアンチエイジング効果、免疫力の強化など様々な健康効果をもたらしてくれます。乳酸菌サプリを習慣として取り入れることで、乳酸菌の寿命を気にすることなく、無理なく続けられるのです。

まとめ

乳酸菌の寿命は非常に短く、ただ腸に届けるだけでは効果が一時的になりがちです。健康になっても実感が伴わないケースもあるため、毎日取り続けることが重要なのです。

乳酸菌を食事や乳酸菌飲料などで補う方法もありますが、毎日続けるのは大変です。乳酸菌サプリであれば保存もしやすく、少ない負担で続けられます。毎日の習慣にすることで、乳酸菌の寿命を気遣うことなく、健康な生活を目指せるのです。