乳酸菌と納豆菌の相乗効果とは

乳酸菌と納豆菌は非常に相性が良く、納豆を食べることで腸内の乳酸菌の活動を応援することができます。これは納豆菌の代謝物が乳酸菌のエサとなるためで、相乗効果を見込めるのです。

納豆菌の活動が乳酸菌を助ける

納豆菌は乳酸菌と相性が良く、一緒に培養すると乳酸菌が増えやすくなることが知られています。これは納豆菌が生み出す物質が乳酸菌のエサとなるからで、健康効果の増進に期待できるのです。

納豆菌は胃酸にも強く、腸まで生きて届きやすい菌の一つです。腸の中にも乳酸菌が住み着いているため、納豆を食べることで腸内の乳酸菌の活動を助けることもできるのです。

納豆菌自体も悪玉菌と戦う力があるため、乳酸菌と一緒に摂取すれば相乗効果が期待できるベストパートナーと言える存在なのです。

納豆と漬物で乳酸菌も一緒に摂取

納豆菌と乳酸菌を一緒にとる方法として、納豆キムチなど納豆と漬物を組み合わせる方法があります。漬物の中には植物性の乳酸菌が豊富なものも多く、効果的に取り入れることができるのです。

納豆が健康に良いとわかっていても、においが駄目で食べられない人もいます。乳酸菌が含まれた食べ物を混ぜると、納豆のにおい成分を中和してくれるため、より食べやすくする効果にも期待できるのです。

納豆は加熱しても菌が中々死なないため、揚げ物などの具として使う方法もあります。食事の際に一緒にとれない場合は、乳酸菌サプリを食後に飲むのがおすすめです。

まとめ

納豆菌と乳酸菌は相性が良く、納豆は様々な面で乳酸菌の活動を助けてくれます。組み合わせることで健康の相乗効果に期待できるベストパートナーと言える存在なのです。

納豆と漬物の組み合わせがおすすめで、栄養バランスが良いだけでなく、漬物の乳酸菌が納豆の臭いを中和して食べやすくしてくれます。一緒に食べるのが難しい場合は食後に乳酸菌サプリを摂取するなど、摂り方を工夫するようにしましょう。