乳酸菌配合のお菓子がブーム!乳酸菌とお菓子は相性抜群

乳酸菌はお菓子作りとも相性が良く、市販のお菓子にも使われています。お腹の調子を整える健康効果が期待できるだけでなく、お菓子なら子どもも食べやすいのがポイントです。

乳酸菌入りのお菓子はたくさんある!

乳酸菌入りのお菓子は種類が豊富で、スーパーやコンビニで手軽に購入することができます。代表的なものがビスケット菓子で、休眠状態の乳酸菌を閉じ込めています。

飴やソフトクリームにも乳酸菌が加えられている物が多く、味もヨーグルト味だけではないのがポイントです。気軽に摂取できるため、ちょい足し感覚で乳酸菌を生活に取り入れることができるのです。

また、パン作りなどにも乳酸菌が使われており、お菓子感覚で食べられるものやプレーンな食パンなど食事に使えるものまで様々あるのです。

お菓子だけで十分な乳酸菌が摂取できる?

お菓子の中には豊富な乳酸菌を含み、健康増進のための研究が十分になされたものもあります。一方で、お菓子だけで乳酸菌を摂ろうとすれば飽きやすくなるだけでなく、糖分や脂肪分の摂り過ぎにつながる恐れがあります。ダイエットをしている女性も多いため、なかなか難しい場合も多かったります。

乳酸菌入りのお菓子はあくまで気分転換や子供のおやつとして利用した方が良く、具体的な健康目標を持っているのであれば、続けられるかどうかをしっかりと考えた方が良いのです。

乳酸菌サプリは味に癖がないものが多く飲み飽きしないのが特徴で、乳酸菌入りのお菓子と組み合わせてもバランスが崩れないのも魅力となっているのです。

まとめ

乳酸菌入りのお菓子は種類が多く、健康を意識して乳酸菌が配合されている場合もあります。乳酸菌をしっかり研究した上で、厳選して入れているお菓子も存在するのです。

ただし、お菓子だけで乳酸菌を摂ろうとすると、栄養が偏ってしまう可能性が高くなります。乳酸菌サプリをメインに補助的に使うなど、組み合わせを意識するのもポイントで、お菓子はサブとして間食するものとして考える方が続けやすいと言えます。