乳酸菌をサポートするオリゴ糖と食物繊維

私たちの腸内にいる善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)はエサがないと増えることができません。乳酸菌を積極的にとってもエサがなければ増えないので、腸内環境はなかなかよくなりません。では乳酸菌のエサとなるものはなんでしょう。それはオリゴ糖と水溶性食物繊維です。

オリゴ糖は乳酸菌のエサになる

オリゴ糖とは、ブドウ糖などの単糖類が2~10個ほど結合したものを言います。大豆オリゴ糖、フラクトオリゴ糖など様々な種類が存在しています。オリゴ糖は小腸で吸収されるものと、胃や小腸では消化吸収されず大腸まで届くものがあります。そのため大腸まで届いたオリゴとは乳酸菌などのエサとなり、乳酸菌が増えやすくなります。さらにオリゴ糖は腸内細菌の発酵を受けるため、酢酸やプロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸をつくります。

オリゴ糖はシロップ状のもので販売されていますが、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも、ごぼう、アスパラガス、にんにく、とうもろこしなど野菜や豆類に多く含まれています。

腸内環境を良くする食物繊維

水溶性食物繊維とは野菜、果物、豆類、穀物などに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分かれます。便秘予防のためには食物繊維を摂ると良い!ということは聞いたことはあると思います。食物繊維は腸内環境を整えるうえでは必要ですが「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」では働きが異なります。

野菜、果物、豆類、穀物に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維も水溶性食物繊維も含んでいますが、含まれている割合は食材によって異なります。不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にしてくれます。便の量を増して排泄を促します。大豆やゴボウ、完熟野菜、穀類い含まれます。

水溶性食物繊維は不溶性食物繊維で量が増えた便に、水分の保持力と粘りのある状態にしてくれます。その他栄養素の吸収を抑え遅らせます。有害物質を吸着して便と一緒に体外に排出してくれます。多く含む食材はネバネバしているオクラ、納豆、山芋です。その他きのこや海草類、大麦、ライ麦です。

まとめ

乳酸菌だけを摂るのではなく、ヨーグルトに果物やオリゴ糖を加えたり、野菜をしっかり補うと水溶性食物繊維もプラスし補えます。乳酸菌と同時に乳酸菌のエサもとってあげましょう。乳酸菌のサプリメントはオリゴ糖入っているものがほとんどで、水溶性食物繊維はメーカーによっていろいろです。