動物性乳酸菌と植物性乳酸菌のちがい

乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品だけではなく、味噌や醤油、キムチなど私たちが普段食している発酵食品にも多く含まれています。乳製品が苦手で乳酸菌をどうやって摂ろうかな?と悩まれていた方も、発酵食品を上手に利用していくと乳酸菌が摂れます。
乳製品から乳酸菌を摂っている方でも、味噌や醤油、キムチなども利用すると、より乳酸菌の摂取量が増え、さらによい効果が期待できます。
実は乳酸菌には大きく分けて2種類あります。一つは牛乳を発酵してつくるヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌で、これを動物性乳酸菌と言います。もう一つは、味噌やキムチ、糠漬けに含まれる乳酸菌で、こちらは植物性乳酸菌と言います。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

発酵という工程は同じでも、動物性食品を発酵するのか、植物性食品を発酵するのかによって、私たちの腸へのたどりつきかたや、働きが異なります。私たちの腸内環境をより良いものにするためにも、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌いずれも効率よく摂ることが大切です。
動物性乳酸菌は牛乳に入っている乳糖をエサとして発酵します。動物性乳酸菌は、栄養素が豊富で、他の細菌が存在しない、非常に安定した環境の中でしか生きることができません。
一方、植物性乳酸菌は大豆や野菜、米などに含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などをエサとして発酵します。動物性乳酸菌とは異なり、栄養分があまりない場所や、塩分・タンニン系化合物など、その成長を阻む成分を含む過酷な環境でもたくましく生き抜いています。生息環境も多様なため、動物性乳酸菌の10倍以上の菌の種類がいます。

植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届く?

植物性由来の乳酸菌と書かれているものが、最近注目をあびていますが、その理由は、このような植物性乳酸菌の強さです。動物性乳酸菌は胃酸などで死滅してしまうことが多く、ほとんど生きたまま腸にまで届きませんが、植物性乳酸菌は「生きたまま腸まで届く」ということがわかり、私たちの免疫など健康面や美容に大変役立つということがわかりました。
動物性乳酸菌はそのほとんどが腸内に到達できずに分解されてしまいますが、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌をより活発化させるための餌となってくれます。さらに、植物性乳酸菌と異なり、単独で生存してきた乳酸菌なので、分解されたままでも直接腸内を刺激し、免疫力機能を活発に促す効果もあります。
植物性乳酸菌・動物性乳酸菌をバランスよく摂取することで、生活習慣の乱れやストレスなどで悪玉菌が増え有害物質が増えてしまった腸内をきれいにしていくのが理想的だと言えます。

まとめ

  • 乳酸菌は、乳製品(チーズなど)、発酵食品(キムチ,味噌など)に多く含まれる。
  • 乳酸菌は大きく分けて「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に分類される。
  • 動物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きにくいが、栄養素豊富で植物性乳酸菌の餌に。
  • 植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届き、免疫や美容に効果あり。
  • 動物性、植物性どちらの乳酸菌もバランスよく摂取することが重要