腸内環境を整える乳酸菌と腸内フローラ

最近では健康番組や雑誌などで取り上げられる乳酸菌ですが、なぜこんなに注目をあびるようになったのでしょうか?乳酸菌と聞くとヨーグルトに入っていて、お腹に優しいというイメージはありますが、それ以外はどうでしょう。

腸内環境を整えるメリット

最近、「腸は第二の脳」と言われるなど、腸内環境を整えることの重要性に注目が集まっています。それは腸内環境が、外敵に対する免疫力と、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の両方に関係しているということがわかってきたためです。腸内環境を整えるために重要な役割を果たすのが乳酸菌です。

乳酸菌は腸内で善玉菌が増えるのを促し、腸内環境を改善します。それにより、美肌効果や免疫力アップなどの効果がもたらされるのです。

乳酸菌って、何?

乳酸菌とは、炭水化物(糖類など)を発酵してエネルギーを獲得し、多量の乳酸を生成する一群の細菌の総称です。乳酸菌という固有の菌がいるわけではなく、現在までに250種以上の種が、乳酸菌として正式に認められています。

乳酸菌は自然界に広く生息し、植物の表面、動物の体内、食品中に分布しています。食品では、はっ酵乳、乳酸菌飲料、発酵バター、フレッシュチーズ、熟成型チーズ、発酵肉製品(ドライソーセージなど)、発酵水産食品(馴れずし、糠漬など)、野菜・果実加工品(各種の漬物、発酵茶など)、穀実加工品(発酵豆乳、サワーブレッドなど)、清酒、ワイン、味噌、醤油などに乳酸菌が存在し、あるいはそれらの加工・製造に乳酸菌が重要な役割を演じています。

体内に存在する乳酸菌の数

私たちの腸内には数百種類600兆個以上の腸内細菌が生息しています。重さで言うと1kgほどもあります。そのうち乳酸菌は1億個~1000億個存在していますが、善玉菌の中では0.1%とごくわずかです。

乳酸菌は胃酸に弱い為、なかなか生きたまま腸にまで届きにくいです。腸にたどりついても、長期間腸に住み着かず便とともに排出されてしまいます。そのため毎日生きたまま腸にまで届く乳酸菌を摂り続けることが善玉菌を増やすポイントです。

腸内フローラとは

「腸内フローラ正常化」というテレビCMが流れるなど、腸内フローラが注目されています。腸内フローラとは腸内細菌叢(さいきんそう)のことです。腸内細菌は種類ごとにグループにまとまって腸内に住んでいます。この腸内細菌の様子を顕微鏡で見ると、お花畑(英語:フローラ)のように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは人によって異なっており、腸内フローラを整えることで便秘、下痢などだけでなく、肌荒れや免疫力などにも影響します。腸内フローラを整えるには、乳酸菌を摂取することが大切です。

3種類の腸内細菌

私たちの腸の中には善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%の比率で3種類の腸内細菌が生息しています。文字通り、善玉菌は良い菌、悪玉菌は悪い菌、日和見菌は良くも悪くもない菌です。

普段は中立である日和見菌ですが、善玉菌か悪玉菌のどちらかが優位になると、そちらに傾いてしまいます。善玉菌が多ければ腸内環境が良く、悪玉菌が多くなると腸内環境は悪くなります。

善玉菌とは

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、酵母菌、麹菌などで様々な菌で構成されています。善玉菌が多いと腸内は酸性に保たれ、免疫力が高まります。また、食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成や腸の働きを良くするなど、私たちの体に役立つことばかりです。

悪玉菌とは

悪玉菌の主なものは大腸菌、ウエルシュ菌、ブドウ球菌などです。食生活の乱れ、ストレス、肉中心の食事などで悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり、腸内腐敗や、発ガン物資や毒素のある有害物資が生産されるようになります。