高血圧の女性は要注意?むくみは高血圧が原因になることも

むくみは血管から水分が漏れてしまうことで起きるため、血管に負担をかける高血圧が引き金になることもあります。高血圧は自覚をすることが難しく、むくみやすさからわかることもあるのです。

血圧とむくみは深い関係にある

血圧とむくみは深い関係にあり、高血圧が結びつくことも多いのが特徴です。これは高血圧になっていると腎臓や心臓、血管に負担がかかり、むくみやすさの原因となることがあるからです。

血液の流れが阻害されることや、老廃物が正常に排出されないことでむくみがおこります。また、血管に負荷がかかれば水分が漏れやすくなり、細胞の間にたまってしまうことがあります。

そのため、身体がむくみやすいことから病気が発覚し、高血圧であることもわかると言うケースも存在し、健康診断でも注意してみたいポイントになっているのです。

妊娠時の高血圧でむくみが出ることも

血圧の変化は日々の体調変化だけでなく、妊娠や生理でも起こることがあります。妊娠高血圧症候群でも手足にむくみが出ることもあり、胎児の成長に影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。

妊娠高血圧症候群は妊娠前から高血圧や肥満であった人に起こりやすく、塩分の摂取制限などむくみ解消と共通の対策がとられる場合があります。普段の食生活から見直すことも大切なのです。

高血圧を防ぐためには塩分の摂りすぎを控え、ミネラルを十分にとることが必要です。特にカリウムは老廃物と余分な水分の排出を促すため、むくみサプリで補うと対策になりやすいのです。

まとめ

血圧とむくみは深い関係にあり、特に高血圧になると身体がむくみやすくなります。高血圧は自覚症状が少なく、心臓や腎臓に負担をかけているケースも多いため注意が必要です。

妊娠時の高血圧にも注意が必要で、症状によっては胎児に影響が出てしまうことがあります。普段の食習慣を見直すことも重要で、むくみサプリを活用し、老廃物を身体に溜めない生活が大切になるのです。