季節によりむくみの原因は変化?季節によりむくむ原因が異なる理由とは

むくみは身体の内側だけの問題だけでなく、季節や気温などの環境の変化を受けることもあります。特に夏と冬はむくみが起きやすい季節と言われ、それぞれに対策が変わることもあるのです。

夏は必要なむくみ対策が多い季節

夏は身体がむくみやすい季節の一つになっています。これは温度が高くなることで睡眠の質が落ちてしまうことや、夏バテで栄養バランスも崩れがちになるからです。

特に水分の量は重要で、暑いからと冷たい物を飲み過ぎると身体の内側を冷やし、水分の過剰摂取になりがちです。半面、水をとらないようにすれば代謝が悪くなり、むくみの原因となってしまうこともあるのです。

飲み物を飲むときは冷やし過ぎやがぶ飲みを避けること、不要な水分を排出するためのミネラルを補うことなど、むくみ対策で気を使うポイントが多い季節なのです。

冬はむくみ対策と冷え対策が重要な季節

冬は気温が下がることで代謝が弱まり、身体がむくみやすくなってしまいます。身体を冷やさないことが重要になるだけでなく、運動不足にも注意が必要な季節なのです。

寒いと家に外出する気力がなくなるなど、どうしても運動量が低下しがちです。身体を温め、代謝を高めるためにも室内でできるストレッチやマッサージを行い、むくみ防止や改善に活用するのが大切です。

また、汗をかき辛くなる季節のため、カリウムなどの利尿作用があるミネラルを摂取し、不要なものはどんどん外に出すことも必要です。むくみサプリはミネラル摂取に特に効率的で、季節を問わずに活用できるのが強みになっています。

まとめ

むくみは季節によって原因が異なることが多く、特に夏と冬はむくみが多くなりがちです。夏は水分不足や飲み過ぎに注意が必要で、ミネラル不足にも気を付ける必要があります。

冬は寒さで代謝が弱る季節です。身体を温めて運動やマッサージを取り入れるなど、室内でもできるむくみ対策を取り入れるのがポイントです。季節を問わない対策としてはむくみサプリが使いやすく、手軽にミネラルを補うことができます。