運動でむくむことがある?むくみ解消のために始めた運動の落とし穴とは

むくみを予防するために、代謝をよくする運動は非常に重要です。しかし、運動後のケアをしないとかえってむくみがひどくなる場合があるため、注意が必要なのです。

むくみ体質は運動不足が原因のことも

むくみは身体の中に余分な水分が溜まっている状態のため、体外に排出することが重要になってきます。余分な水分は放置してもなかなか抜けてくれないため、リンパや血液の流れを使って外に運ぶ必要があるのです。

特に運動不足であれば代謝も落ちてしまうため、身体がむくみやすい状況ができてしまいます。ちょっとした距離は歩くことや、意図的に階段を上り下りする癖をつけるだけでも大分変ることがあります。

むくみ防止のためには日頃から動くことか大切になってくるのです。

運動しすぎがむくみの原因になることも

逆に運動のし過ぎがむくみにつながってしまうこともあります。これは運動後に筋肉が冷えて固まる際、老廃物が閉じ込められてしまうことがあるからです。疲労すると生まれる乳酸は筋肉を刺激し、痛みやむくみの原因になってしまいます。

適度な運動を心掛けるだけでなく、激しく動いた後は老廃物を流すためのマッサージやクーリングが重要になってきます。運動後にすぐに休まずに、水分を補給して余分なものを外に出し、身体に溜めないことがポイントなのです。

運動後は水分と一緒にミネラルも失われてしまうため、積極的に補充するのも大切です。余分な水分の排出を促すむくみサプリはミネラルが豊富なものが多く、効率的なむくみ解消に期待できます。

まとめ

運動不足になると身体の代謝が弱り、むくみやすい体質ができてしまいます。日頃動く習慣をつけて、老廃物を身体に溜めないことが重要です。

一気に運動した後も注意が必要で、疲労によって生まれる乳酸がむくみの原因になる場合があります。運動後はマッサージや水分補給を意識し、老廃物をしっかりと外に出し切る必要があります。むくみサプリで水分と共に失われがちなミネラルを補うことも大切なのです。