足のむくみは要注意!足がむくんで痛い時に注意すべきこと

仕事が終わると足がむくんで痛いと感じる人もいます。これはむくんで靴などが窮屈になっているだけでなく、リンパの流れなどが滞っている証拠でもあります。むくみを解消するための習慣をつけずに、このむくみをそのまま放っておくと、大変な症状に結びつくこともあるため注意が必要です。

痛いほどの足のむくみは代謝が弱っている証拠

足が痛いほどむくんでしまう場合は、代謝が弱っている可能性が高い状態です。水分の摂り過ぎなどでも起こる可能性がありますが、代謝がしっかりしていればむくむことは少ないのです。

特に、代謝がしっかりしていなければ、むくみと共に老廃物がたまりがちです。とくに乳酸が溜まってしまうと触れなくても痛みを感じてしまうことがあります。痛いのは靴などの締め付けばかりが原因ではないのです。

ずっと同じ姿勢でいるとむくみが起きやすくなるため、こまめにストレッチをすることや、たまにふくらはぎをマッサージしてあげる必要があるのです。

足のむくみが深刻な症状につながることも

むくみを放置することで深刻な症状につながってしまうこともあります。特にエコノミー症候群は危険です。長時間同じ体勢でいることで足の血管に血栓ができてしまい、最悪死に至る可能性もあります。

とくに足がむくみやすい人は日頃の習慣から見直した方が良く、身体を動かすだけでなく、食生活にも気を使う必要があります。

塩分や糖分の摂りすぎを控えるだけでなく、ミネラルをバランスよく摂取するためにもむくみサプリが役に立ちます。痛いほどのむくみには、習慣の改善で取り組んでいくことが大切なのです。

まとめ

代謝が悪くなると足もむくみやすくなります。特にむくんで痛いとよく思うようであれば注意が必要で、しっかりとしたケアが大切になります。

エコノミー症候群のように、長時間同じ体勢でいることで命が危険にさらされることもあります。身体を動かすだけでなく、栄養を補助して身体のバランスを整えることも大切で、むくみサプリで老廃物の排出を助けるとプラスになるのです。