手を使う仕事の女性必見!手のむくみの原因と対策を教えます。

長時間仕事をしていると手のむくみで指輪がきつくなってしまったり、握力が弱くなってしまうことがあります。長時間の仕事だけでなく、横になった後に発生することも多く、足などと同じく余分な水分が原因であるケースが多いのです。

肩こりや冷え性の人は手のむくみも起きやすい

手のむくみは足などと同じく、余分な水分が溜まることで起きます。長時間同じ体勢でいる人に起こりやすく、肩こりや冷え性の人が多いのも特徴です。また、横になることで起きる人も多いのです。

手のむくみは余分な水分を排出することで対策することができます。長時間同じ体勢でいないことや、水分の摂りすぎにも注意が必要で、塩分の摂り過ぎなど栄養のバランスが原因のこともあるのです。

手のむくみがひどい時は心臓よりも高い位置に手を挙げると、水分が下に流れて症状が改善されやすくなります。

足と手のむくみが同時に起こるのであれば注意必要

足と手のむくみが同時に起こる場合は注意が必要で、全体的な身体の代謝が弱っている可能性があります。こまめなストレッチや運動を取り入れ、代謝を高めるのが基本の対策です。

カリウムなどのミネラルが足りているかも確認する必要があります。カリウムには利尿効果があり、余分な水分を排出してむくみを予防し、改善する効果に期待できます。手のむくみと足のむくみが同時に起きるならむくみサプリを試してみるのも方法です。

むくみサプリを使っても手のむくみと足のむくみが悪化するようであれば、腎臓や心臓の疾患を疑った方が良い場合もあります。慢性化している場合は病院で診察を受け、医師の判断を仰ぐことも大切なのです。

まとめ

手のむくみも足と同じく、余分な水分が溜まることによって起こります。特に肩こりや冷え性で血液の流れが滞ると起きやすく、横になった時にもむくみやすいのが特徴です。

基本的な習慣の見直しが重要ですが、手足両方のむくみがひどい場合は注意が必要です。対策としてむくみサプリでミネラルバランスを補うのも方法ですが、慢性化している場合は医者の診断を受けた方が良いのです。