加齢でむくみやすくなる?むくみと年齢の関係

むくみは年齢を重ねるほど、起きやすくなる

むくみは年齢を重ねるほど気になるという女性も多いはずです。これは加齢により身体の代謝が弱ってくるからで、むくみが気になる場合は積極的にケアを行い、防止を習慣づけることが大切になるのです。

年齢と共に身体はむくみやすくなっていく

むくみは身体の代謝と深くかかわっており、代謝が弱まれば余分な水分や老廃物の排出が行われず、むくみが起きやすくなってしまいます。人間は年齢と共に代謝が弱り、筋肉も衰える傾向があるため、どうしても年齢を重ねるとむくみやすくなるのです。

アルコールなどの影響も受けやすくなることに注意が必要です。20代は平気であった飲酒の習慣も、30代、40代と年齢を重ねるとむくみにつながりやすくなります。

むくみ防止には年齢に合わせて習慣を変える必要があり、健康の維持やアンチエイジングのためにも重要なポイントとなっているのです。

年齢に負けないためのむくみ防止習慣を作る

年齢に負けないむくみ防止習慣を作るには、運動やマッサージなど、代謝を高める活動が重要になってきます。エアロビクスなどの有酸素運動も有効でリンパの流れも良くなるため、むくみ解消効果にも期待できます。

ただし、急激に運動すると乳酸などの疲労物質が溜まってしまい、翌日にかえってむくみがひどくなってしまう場合もあります。適度な水分補給や運動後のマッサージで老廃物を外に出してしまうことも大切なのです。

老廃物の排出に重要な役割を果たすのがカリウムです。むくみサプリに多く含まれているカリウムは利尿効果もあるため、むくみ解消に貢献してくれます。年齢と共にミネラル不足もおこりがちなため、サプリで補うのは賢い方法なのです。

まとめ

年齢と共に身体の代謝は落ちていき、むくみも発生しやすくなります。飲酒などの影響も受けやすくなるため、習慣を変えていくことも大切なのです。

むくみ防止の習慣として、代謝を高める運動やマッサージは大切になってきます。ただし、急激に動くと翌日にむくみが発生することもあるため、動いた後のケアも大切です。また、年齢を重ねるとミネラル分も不足しがちになるため、ミネラル豊富なむくみサプリを活用することもポイントになるのです。