太った原因はむくんだから?ダイエットで覚えておきたいポイントとは

むくみで何キロ太る? ダイエットで覚えておきたいポイントは

むくみにより余分な水分が身体に溜まることで、体重が増える原因になります。脂肪がついて太るわけではないため、一般的な脂肪燃焼のためのダイエットでは解消されないことがあります。また、身長で何キロ増えるかに差が出るため注意が必要です。

むくみで何キロ太るかは正確には分からない

むくみは身体に余分な水分が溜まることで起き、体重増加の原因になることがあります。水分を排出できれば体重は元に戻るため、脂肪で太った場合とは対策も異なってきます。

また、何キロ太るかを厳密に調べるのは難しく、これは身長やもともとの体重によってどれだけの水分が蓄えられるかが違ってくるからです。ただ、生理の前後で数キロ体重が変わる人も存在し、急激な変化はむくみが原因の可能性もあるのです。

生理の前後はむくみが起きやすい人も多いため、生理で太るのではなく、むくみで何キロか体重が増えることもあることを覚えておく必要があるのです。

むくみ解消だけで何キロか体重が減ることもある

ダイエットを始めて、しばらくは順調に体重が落ちても、途中でぴたりと止まってしまうことがあります。これは運動や食生活の変化でむくみが取れるなど、水分量が減った可能性があります。

むくみが原因で見た目が太ると、簡単に体重を落とせる場合があるのです。ただし、水分が急激に失われると、身体がより水分を欲しがり、リバウンドで体重が増えてしまうこともあるのです。

リバウンドを防ぎ、むくみを解消するためにも適切な栄養摂取が重要で、特にむくみサプリに多く含まれるカリウムなど、ミネラルを積極的にとることが重要なのです。

まとめ

むくみは水分が身体にたまることで起きるため、体重が増加することがあります。脂肪で太るわけではなく、何キロ増えるかも個人差があることに注意が必要です。

ダイエットですぐに何キロか体重が落ちても、水分量の変化やむくみの解消だけで終わってしまう場合があります。水分を急激に減らすとリバウンドの恐れもあるため、むくみサプリを摂取して健康的にむくみ解消とダイエットを目指すなど、バランス感覚も大切なのです。