目のむくみ対策!目(まぶた)がむくむ原因と対策方法

目(まぶた)のむくみはどうしても目立ってしまうため、日常生活への影響も大きいのが特徴です。原因は腎臓への負担やアルコールの影響であることが多く、余分な水分を早めに取り除くことが解決策になります。

目(まぶた)は皮膚が薄く、むくみやすい

目(まぶた)は皮膚が薄いため、むくんだことがわかりやすい場所です。原因は人と状況で異なりますが、腎臓に負担がかかって起きてしまうことが多く、疲れすぎやアルコールの影響、睡眠不足などが考えられます。

飲み会などの付き合いで、原因がはっきりしていてもなかなか対策が難しいケースも出てきます。そのため、むくんでしまった場合のケアも重要なポイントになります。

一般的にまぶたの周りやリンパの流れを意識したマッサージを行うと、むくみがひきやすくなります。温めたタオルと冷やしたタオルを交互にあてて、代謝を活発にさせる方法もあります。

目がむくみやすい場合は日頃の習慣から意識を

日頃の習慣から目のむくみを予防していく方法もあります。睡眠時間の確保やアルコールを避けることも大切ですが、カリウムの摂取も重要です。カリウムには老廃物と一緒に水分を身体の外に出す利尿作用があり、むくみ改善に役立ってくれるのです。

カリウムはむくみサプリの代表的な成分の一つで、日頃からむくみに悩まされている人の強い味方になってくれます。

目のむくみで気がめいってしまう人も多いからこそ、日頃の習慣としてカリウムを補って、むくみ辛い体質を作っていくことがポイントになるのです。

まとめ

目(まぶた)は皮膚が薄く、むくみが目立つ安い箇所でもあります。原因は腎臓に負担がかかっている場合や、アルコールの影響などが多くなっています。目元のマッサージなどである程度改善できますが、付き合いで原因を取り除けない場合は別な対処法を考える必要があります。

おすすめなのがカリウムを摂取し、余分な水分を身体の外に出してしまうことです。目(まぶた)だけでなく、足のむくみなども改善されることがあるため、特にカリウム豊富なむくみサプリの活用が手軽なのです。