むくみ腸の原因とは

むくみ腸という言葉があります。顔や足がむくむように、腸もむくむことがあり、身体に様々な悪影響を及ぼします。腸がむくんでしまうと、お通じが悪くなり、吹き出物が出やすくなるだけでなく、身体全体がむくみやすくなるため注意が必要です。

腸は栄養の吸収や排出に関わる重要な器官

腸は栄養の吸収に重要な役割を果たすだけでなく、排泄にも大きくかかわる器官です。体内の老廃物の多くが腸を通って排出されるため、腸の動きが活発かどうかで体調にも大きく影響します。腸の動きが悪くなれば、身体の中に毒素がたまってしまい、腸がむくみ、ニキビなどの肌荒れや便秘などの原因になります。

マッサージやで治らないむくみは、腸が原因の可能性も

むくみはマッサージやストレッチなど、血行を良くすることで解消されるというのはご存知の方が多いです。しかし、いくらマッサージなどをしても解消されないむくみは、腸が原因になっているかもしれません。腸の働きを活発にするには、運動だけでなく、食事や栄養素が重要で、腸内環境を良くすることが大切です。

毒素の排出を促し活発な腸を取り戻すためにも、食物繊維や、乳酸菌、カリウムを含んだ食べ物を積極的に摂取するように心がけましょう。

話題の腸内フローラを改善することがむくみ解消の近道

腸内には様々な善玉菌と悪玉菌が存在し、それぞれが花畑(フローラ)のように腸内に広がっていることから「腸内フローラ」と呼ばれています。近年、「腸内フローラ」が熱い注目を集めている理由は、善玉菌が優勢な腸内フローラは栄養吸収能力を高めるだけでなく、免疫力向上やがん予防など、様々な健康効果をもたらすことがわかってきたからです。

これは体内の毒素の排出やむくみ防止のためにも非常に重要なポイントで、善玉菌の働きを活発にすることで腸内だけでなく、身体全体のむくみを抑える効果にも期待できるのです。

乳酸菌は腸内フローラで重要な役割を果たしており、ヨーグルトなどを摂取することで、腸内フローラの改善を促すことが出来ます。

腸が動けば、血行も良くなる

腸内フローラが改善されれば、栄養の吸収が促進され血液を通して全身に行き渡ります。栄養の吸収が良くなれば、それだけ血液の流れも改善され、腸のぜんどう運動も活発になります。ぜんどう運動が活発になれば老廃物は積極的に排出されることになり、お通じが良くなるだけでなく、むくみ改善や予防など様々な効果が期待できます。

腸の動きを活発にし、むくみ腸を予防することが、全身のむくみの解消や予防効果が期待できます。

まとめ

腸はむくみ防止のために重要な役割を果たしますが、腸自体がむくんでしまうことがあります。むくみ腸の解消や予防には、運動だけでなく、腸内環境の改善が大切で、乳酸菌の摂取などで老廃物の排出を促すことが大切です。

腸の働きは身体の内側から血行を良くする効果があり、全身のむくみ防止にも重要な役割を果たします。