水分不足が、むくみの原因になることも

むくみを予防したいからと水分の摂取を控える人もいますが、この方法は大きな間違いです。これは水分が少なくなると身体が水を貯えようと働きだすからで、よりむくみやすい体質を作ることがあるためです。適切な水分摂取がむくみを予防するのです。

むくみの原因は水分

むくみの原因は水分であり、水分の過剰摂取で起こってしまう可能性があります。大切なのは必要な分だけ水をとることで、一度の大量摂取も避ける必要があるのです。大量にとろうとしても身体の処理できる限界があるため、無駄なものとして排出されてしまう可能性もあります。

また、水分が増えすぎると身体の中の塩分濃度が低下し、様々な健康被害を及ぼす場合もあるのです。一方で、水分をとらないこともむくみにつながります。これは老廃物の排出が進まないために水分で薄めて安全を守ろうとする機能や、より水を貯えようとする身体の防御機能が働くからです。

水分が不足すれば老廃物の排出もままならないため、積極的に水分をとる必要が出てくるのです。

バランス感覚が重要になる

むくみの原因は水分くみを防止するには水分に対するバランス感覚が重要になります。ただ水分をとろうと甘い清涼飲料水を飲めば糖分がむくみの原因になるなど、別な理由で身体がむくむことがあるからです。
自分の身体に馴染ませるためにも、飲むタイミングも重要で、適切な水分量を維持することが大切なのです。

喉が渇いたら水を飲むだけでなく、汗をかいた場合や、アルコールを飲む場合など、飲む量を意図的に増やした方が良い場合もあります。水を大量に飲むダイエットや健康法も存在しますが、あくまで代謝が伴っての量であることも多く、数字をうのみにするのも危険なのです。

まとめ

むくみの多くは水分が原因ですが、水分不足によって体がむくむこともあります。むくみ防止のためにも適切な量をとって積極的に排出させることも重要で、サプリメントなどが強い味方になってくれます。また、一度に大量に水分をとるよりもまめに摂取した方が身体への負担が小さいのもポイントです。