しつこいむくみは病気が原因であることも

むくみは美容の大敵ですが、むくみサプリを中心に様々な対策を行うことができます。一方で、サプリや改善法を取り入れても解消されないしつこいむくみは、病気のサインである場合もあるため注意が必要です。

甲状腺機能が低下することで起きるものも

しつこいむくみは甲状腺機能の低下で起こってしまうこともあります。甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌し、全身の代謝に影響を与える重要な役割を持っています。甲状腺の機能が低下すると、代謝が鈍くなることで身体の中に老廃物がたまり、むくみが発生することがあるのです。

これは甲状腺機能低下症と呼ばれる病気で、ホルモン投与や投薬で治療をするのが通常です。身体に毒素がたまりやすくなることから、記憶力の低下や倦怠感と言った症状も出るため、サプリや生活習慣の改善で追いつかない場合は一度疑ってみるのも方法です。

肝臓や腎臓の影響で起きることも

肝臓や腎臓は体内の毒素を処理して正常に体外に排出させるために重要な役割を果たしています。そのため、肝臓や腎臓の機能が低下するとむくみが発生しやすくなるのです。一時的なものですぐに治る場合は心配も少ないのですが、長期的なものとなれば何らかの異常が発生している可能性が出てきます。

肝炎や肝硬変、腎不全など、重い病気の症状としてむくみが出ることがあるのです。また、心不全などでむくみが生じることがあるなど、身体全体の病気のサインとなっている場合もあるのです。食生活や生活習慣の改善でむくみを予防するだけでなく、異常を感じたら病院で診察を受けるのも自分の健康を守るためのポイントになるのです。

まとめ

むくみは生活習慣や食生活の改善、むくみサプリの利用などで防止や改善を図ることが可能ですが、病気が原因の場合は医師の治療が必要になることもあります。長期間続くむくみや、何らかの身体の異常を感じる場合は病院に行くのも大切で、命を守るためにも重要なポイントになるのです。