むくみ予防には塩分と糖分にも注意が必要

むくみ防止には塩分と糖分の取り過ぎを防ぐ必要があります。これは体内の塩分や糖分の濃度を下げようとして体が水を蓄えることがあるためで、むくみが起きやすくなる原因にもなっているからです。

むくみやすい人は食習慣の見直しが必要

むくみの発生に糖分や塩分の摂り過ぎが関わっていることがあります。これは塩分や糖分を取り過ぎると、身体が水分を蓄えることでその濃度を適切に保つように働いてしまうからです。結果として体が水を貯えすぎてしまうため、身体がむくんでしまうのです。

特に体がむくみやすい人は食習慣の見直しが必要で、濃い味付けの食事やおかし類の摂取を控える必要があります。

意外に盲点になりがちなのが清涼飲料水をはじめとした飲み物です。スポーツドリンクであってもかなりの糖分が添加されていることが多く、日頃飲み続けているものがむくみの原因になっている場合もあるのです。無糖のものやカロリー控えめのものを選ぶなど、成分表示を見て確認する癖をつけるのも大切になってきます。

油分も避けた方が良い

糖分や塩分と同じく、避けた方が良い食品に油分があげられます。ビタミンなどの摂取のために必要な脂分もありますが、揚げ物や肉に偏った食事は腸内のバランスを乱し、身体にも残りやすくなってしまうのです。

胃や肝臓に負担がかかることで老廃物の排出がおくれてしまうこともあります。特にむくみが気になるのであれば、フライドポテトやポテトチップスと言ったジャンクフードを避けるのが基本になります。塩分や糖分も高めになってしまう傾向があるため、ヘルシーな食事を心がけることがむくみ防止にも役立つのです。

まとめ

むくみは塩分や糖分の取り過ぎで起きてしまうことがあります。食生活の見直しが重要になるポイントで、おかし類や糖分多めの飲み物を避けるのが基本になるのです。

肉や揚げ物などの油分が強い物も避けた方が良く、腎臓や肝臓に負担をかけないことがむくみ防止の大切なポイントになっているのです。