むくみとアルコールの関係とは

飲み会の後や翌朝に顔がむくむなど、アルコールとむくみには密接な関係があります。アルコールのもたらす作用は様々あり、どれか一つ対策をしても別な面でむくみが発生することもあるため注意が必要なのです。

アルコールで血管が拡張される

アルコールを飲むと血管が拡張され、血の巡りが良くなります。しかし、これは良いことばかりではなく、血管が拡張されることで余分な水分が漏れてしまうことがあり、この水分が細胞の間にたまるとむくみの原因となるのです。

また、アルコールの分解のために腎臓や肝臓に負担がかかるため、老廃物の排出にも時間がかかるようになってしまいます。普段処理出来ている量であってもアルコールの分解作業が加わることでむくみが起きやすくなるのです。

そのため、アルコールの摂取はむくみやすい状況を作るだけでなく、飲み過ぎれば翌日もむくんだままであるなど、大きな影響を与えるのです。

水分の量をコントロールすることも重要

アルコールの量と共に気を付けたいのが水分の確保です。アルコールを飲むと利尿を抑えるためのホルモンの働きが弱ってしまいます。そのためトイレが近くなるのですが、あまりトイレに行けば身体の中の水分が不足してしまいます。

水分不足もむくみの原因になる場合があり、脱水症状が起き始めると、身体の毒素を少しても薄めようと身体が水を蓄えてしまうのです。そのため、老廃物の排出が正常に行われず、よりむくみやすくなってしまうことがあるのです。

意図的に水分を多めにとるなどバランスをとることが重要で、アルコールだけに偏らないように気を配ることも大切です。

まとめ

アルコールは様々な効果で身体をむくませる原因を作ります。むくみを避けるのであればアルコールの量を控えることが重要になるのです。

知らない間に脱水症状になっていることもあるため、アルコール以外で水分をしっかり補充することも大切です。また、急激な水分の補給も体に負担をかけるため、お酒や食事の合間に水を飲むなど、工夫をするとさらにプラスです。