むくみサプリのオススメ飲む時間

むくみサプリを購入しても、「飲む時間」が書いていないと言うケースはよくあります。実は、これには薬事法により飲むタイミングの記述を制限されているためで、メーカーが書きたくても書けないと言う事情があります。症状に合わせてタイミングを決めることで、より効果を実感しやすくなることもあり、体質による調整も重要と言えます。

サプリメントは基本的に「食品扱い」

むくみサプリには飲む時間の指定がないことが多いのは、薬事法の制限があるためです。これはサプリが法律の分類上「食品扱い」となっているからで、飲む時間を指定すると薬品との区別がつけ辛くなり、誤解を招く可能性があるからです。

とはいえ、実際使うからには飲む時間もわかりやすい方が良いものです。飲むタイミングが不定期になってしまうと飲み忘れが生じて、効果を感じ辛くなってしまう場合もあります。体質や症状に合わせて前もって決めておくことをオススメします。

編集部オススメのサプリメント服用時間

むくみサプリは即効性があるものは少なく、飲んですぐにむくみが解消するわけではないことに注意する必要があります。体に吸収されて、むくみ解消などの効果を実感するまでには時間がかかります。

そのため、当編集部オススメのサプリを飲む時間をご紹介します。

「夕方の仕事帰り頃にむくみが気になってくるなら、お昼に飲む」
もしくは
「体質的に効果が出にくいなら、朝に飲む」
などの時間の調整を行うとより効果を実感しやすくなります。

新陳代謝が活発かどうかで、サプリの吸収にかかる時間が変わるため、オフィスワーク中心であまり仕事中に動けないなら朝に飲む、営業などで動くことが多いならお昼に飲むと言った飲みわけをする方法もあります。

体質改善を目指すなら寝る前に飲むのも効果的

むくみサプリは体質改善によってむくみ自体を防止するものも存在します。全体的な体質改善を図っていくのであれば、むくみサプリを飲む時間は22時から午前2時までのゴールデンタイムが理想とされます。

これは新陳代謝が一番活発になる時間帯であり、むくみサプリの効果が身体中にいきわたりやすくなるからです。寝起きのむくみを防止するためにも、「寝る前に飲んでから、休む」と言う考え方もできます。

飲む時間はわかっても、飲み方がわからない場合は

むくみサプリを飲む時間がわかっても、飲み方によって効果が変わらないか心配になる人もいるはずです。一般的な飲み方は、水を使って飲む方法で、食後と空腹時では多少変わってくる場合があります。食後は消化のために胃の働きが活発になっているため、胃への負担がかかり辛く、空腹時は成分が吸収されやすいと言うメリットがあります。

しかし、空腹時に飲もうとするとタイミングを逃したり、忘れたりしがちになるため、食事の後や寝る前に飲むのが一般的になっています。大切なのは、飲むことを習慣化し、継続的に飲み続けることがです。

まとめ

むくみサプリを飲む時間によって、むくみ解消効果を実感しやすくなる場合があります。人によって症状やむくみやすい時間は変わってくるため、自分の体質に合わせて前もって飲んでおくことが重要で、体質改善を目指すなら寝る前に飲む方法もあります。

毎日決まった時間に飲む方が効果を実感しやすいため、ある程度どの時間帯に飲むかというのを決め、習慣化するようにしましょう。