むくみの原因は女性ホルモン?女性がむくみやすい時期とは

女性はもともと体調や精神面が不安定になりやすい体質です。それは、妊娠、出産をするためにある月経があるからです。月経が起こる仕組みには、女性ホルモンが関係しています。この女性ホルモンの分泌量が日々変化していくことで、妊娠、出産に大切な身体が作られていきます。ホルモンが日々変化することで女性は身体に不調をきたすこともあります。

お肌の調子が悪くなって化粧品が合わなかったり、PMS(月経前症候群)になったりするのもホルモンの変化が原因です。女性が悩まされているむくみも、月経前になりやすくなっています。

むくみは月経前に気をつけて

月経前にむくみやすくなるのはなぜなのでしょうか。月経が起こるには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンが必要です。この2つのホルモンはそれぞれ別の働きをします。

プロゲステロンは子宮内膜を厚くし、基礎体温をあげて受精卵が着床しやすくします。また乳腺を発達させて産後の授乳に備えます。エストロゲンは子宮内膜を厚くする作用は同じですが、基礎体温を下げたり、女性らしい丸みを帯びた身体を作ったり、自律神経に作用して体調を整えたりするなど、違う働きをします。

これらの女性ホルモンは、月経のために日々分泌量が変化しています。この変化によって、身体にとってあまりうれしくない体調の変化が起きます。月経前にエストロゲンが減少すると肌荒れが起こったり、精神的に不安定になり感情のコントロールが難しくなったりします。一方、プロゲステロンは月経前になると増加してくるのですが、プロゲステロンには妊娠に備えて栄養や水分を溜めこもうとする作用があります。

さらに、エストロゲンは代謝を促す作用がありますが、月経前になるとエストロゲンが減少するため代謝が悪くなってしまいます。また、血行が悪くなると細胞と血管の間に水が溜まりやすくなります。また血行が悪くなることで、末端部分が冷えやすくなります。むくみに悩む人にとって月経前は一番悩ましい時期なのです。

むくみは水分による腫れ

月経前に気になりやすいむくみですが、そもそもむくみとは何なのでしょうか?むくみとは身体に水分が溜まって腫れている状態を言います。どの部分に水が溜まるのかと言うと、血管と細胞の間に溜まります。人の体は60%が水分で出来ており、血管にも細胞にも水分が含まれています。水分には栄養素や老廃物が含まれており、血管から細胞へ、細胞から血管へと栄養や老廃物の受け渡しをしながら活動しています。この仲介役をしている部分が細胞と血液の間の水分なのです。

スムーズに受け渡しが出来ていれば、細胞と血液の間の水分は余分に増えることはありません。しかし、血行が悪かったり、身体のミネラルバランスが崩れると、余分な水分を血液がスムーズに回収できず、むくみが発生してしまいます。

月経によるホルモンの変化は、水分の排泄に重要な血流にも影響を与えており、いつもと変わらない生活をしていてもむくみが発生しやすくなっています。

月経前のむくみと戦うには

ホルモンの働きは自分でコントロールすることはできないため、月経前のむくみを完全になくすことはできません。しかし、ある程度対策することはできます。

まずはストレスをためないことです。ストレスはホルモンの分泌を不安定にし、プロゲステロンを不必要に多く分泌させてしまうことがあります。ストレスを受けないようにすることは難しいため、適度にストレス解消できるようにすることが大切です。

ストレス解消であれば、適度に運動することがおすすめです。運動することで身体の血行が良くなり、むくみも改善されやすくなります。ジムで本格的に運動するのもいいですが、自宅周辺でのウォーキングやランニングなど手軽にはじめられるもので実践してみるのもいいかもしれません。呼吸を整えながら行うヨガやストレッチは、リラックス効果もあり自宅でもおこなえるためおすすめです。

身体を冷やさないようにし、血行を良くすることも大切です。半身浴など、お風呂にゆっくり浸かるとストレス解消にも繋がり、血行も促進されるため、むくみにも効果的です。マッサージや水分が溜まりやすい足部分を適度に動かすことでもむくみ解消に繋がります。

また、食事に気をつけることも大切です。加工品、インスタント食品、スナック菓子などの塩分の高い食品を避けることで余分な水分を身体に溜めにくくします。またアルコールも代謝を下げてむくみの原因になるので、月経前はできるだけ塩分の高い食品やアルコールは避けるようにしましょう。

月経前に体重が増えてダイエットしなければと思う人もいるかもしれませんが、それはもしかしたらむくみが原因で増えているだけかもしれません。バランスのとれた食事をしっかり食べて、体を冷やさないようにして、しっかり睡眠をとりましょう。そうすることでむくみを少しでも解消できるのではないでしょうか。

厚労省「ストレスとは」(外部サイト)

カリウム摂取で効果的にむくみ対策を

適度な運動やストレス解消、マッサージ、食事などによってむくみ対策をすることもできますが、カリウムという成分を摂取することで、余分な水分を排泄しやすくし、むくみにくくすることができます。

カリウムは細胞の中にたくさんある成分で、細胞の外のナトリウムと合わせて一定の濃度を保っています。しかし、塩分が多い食事などをしていてナトリウムが多くなると、その濃度を下げようとして水分を多く身体に溜め込むようになります。

カリウムとナトリウムの濃度の差は常に一定に保たれているため、ナトリウムを多く取りすぎて水分を溜め込んでいる場合は、カリウムを摂取することで濃度を安定させ、余分な水分やナトリウムを尿として身体から排出することができます。

カリウムは貯めることのできない成分なので、毎日摂取することが必要です。果物や海藻やナッツ類など様々な食材に含まれるカリウムですが、意識して効果的に摂取するのであればサプリメントがおすすめです。むくみサプリであれば、カリウム以外にも効果的とされる成分も合わせて配合されており、手軽に試せて、継続するのも楽です。

辛い生理前だからこそ、むくみ対策を出来るだけ手軽にと考えてる人は一度むくみサプリをチェックしてみるといいかもしれません。