むくみ解消のために摂取する水分の目安量

むくみは身体に溜まった余分な水分が原因で起こります。しかし、水分の過剰摂取だけでなく、水分不足でもむくみが出ることがあります。では、どれぐらいの水分量が適切な量なのでしょうか。

水分を摂りすぎても、少なくてもむくみは起きる

むくみは血液中の水分が漏れ出して、細胞の間に溜まることで発生します。つまり、身体の中の水分が多すぎれば多すぎるほど、むくみも出やすくなってしまい、水太りの原因になります。

しかし、水分が少なすぎても身体はむくみます。その原因は水分不足だと身体の中の老廃物が排出されないためで、身体が水を蓄えることで毒素を薄めようとするからです。水分を飲まないという選択を取ってはいけません。あくまで、適量を心掛け、のどが渇いたら飲むことが重要です。のどが渇いた時点で、あなたの体内に必要な水分量はなくなっています。

汗をかけばそれだけ水分も失われるため、運動や睡眠、入浴の後も水分を摂っておくとむくみが出づらくなります。失われた分は補充する生活習慣が大切です。

適切な水分量はどれぐらい?

では、人間にとって、必要な水分量はどのぐらいなのでしょうか。その答えはその人間の体重の30分の1だそうです。つまり、通常、1.5リットルから、2。5リットルと言ったところでしょうか。

ただ、一気に水分を摂るのは、身体に悪いですし、難しいでしょう。そのため、運動、睡眠、入浴後だとか、気付いたときに、水分を取るように心がけてください。個人的にお勧めはニ十分ごとに飲むと、風邪の防止にもなるので、一口ずつ飲んでいくことです。もしくは、喉が渇いたと感じた時に飲むことをおすすめします。

むくみ防止には水分の摂り方も重要に

むくみの防止と解消には水分の摂り方も重要です。例えばお茶やコーヒーに含まれる渋み成分がのどの渇きを誘発してしまうケースがあります。また、カフェインの摂りすぎは腎臓に負担をかけ、正常な毒素の排出を妨げる場合があります。

また、アルコールは水分と言っても、必要な水分にはなりません。二日酔いの状態は喉が渇いている状態なので、アルコールを水分量と考えてはいけません

糖分や塩分の摂りすぎもむくみの原因となります。炭酸飲料などの清涼飲料水は糖分が含まれていることが多く、飲み過ぎがむくみの原因となっていることがあります。ただでさえ、砂糖はむくみの原因になりやすいです。砂糖には水分を吸収してしまう効果があり、それにより、水分をただでさえ取りやすいのに、更に取ってしまうことに繋がってしまうからです。甘い飲み物を取った後に、喉が渇く経験をした方はいらっしゃるかと思います。その原因は砂糖の持つ働きです。

むくみがひどい場合は、普段の水分補給方法から見直すのも方法です。何も加えていない水を飲むか、出来るだけ身体に負担が少なく吸収されやすい物を選ぶことが大切です。できれば、朝は白湯か水を起きたらすぐに飲むようにしましょう。味がある方が良い方は麦茶も良いでしょう。またはハーブティーもカフェインが入っていないので、おすすめします。このように飲み物に気を付けることはむくみをなくすために大切なことの一つです。自分にあった飲み物を選んで、むくみをなくしていきましょう。

まとめ

むくみの原因は身体に溜まった余分な水分で、水分を摂りすぎても、不足しても出やすくなります。のどが渇いたらこまめに補給する習慣をつけることが重要で、飲み物の種類にも気を付ける必要があります。

適切な水分量でもむくみが出る場合は、栄養を補助してあげるのもポイントで、無理なくミネラル補給ができるむくみサプリがおすすめです。