疲れがたまるとむくむ?むくみ解消のポイントと予防策

疲れがたまっていると身体がむくみやすくなります。これは疲労で生まれる疲労物質が正常な代謝を妨げるためで、疲労物質の排出を助ければ、むくみと疲労の解消が一挙に測れるのです。

疲れているとむくみやすくなる

疲れていると身体がむくみやすくなるのは、身体の中に疲労物質が溜まって正常な代謝が妨げられるためです。身体には疲労物質を老廃物にかえ、身体の外に排出する働きがありますが、老廃物が多すぎれば排出量も限られてしまいます。

そのため、代謝を正常にするために水分の補給と、利尿効果のあるカリウムの摂取などで老廃物を外に出すことが重要になります。むくみと疲れの関係は深いからこそ、一緒に解消できる可能性もあります。

新陳代謝を高めるために軽い運動をするのも方法で、食生活の改善と組み合わせれば疲れにくく、むくみにくい身体を手に入れることが出来るのです。

むくみと疲れを一緒に解消するためのポイントは?

疲れがたまると、塩分や甘いものが欲しくなりますが、塩分や糖分の摂りすぎもむくみの原因となります。味の濃い物やお酒で疲れを誤魔化すのも、むくみ解消にはマイナスと言えます。

疲れているときは出汁が効いた和食や、酢で酸味を補った食事を心がけると塩分が少なくても満足感を得やすくなります。酢には疲れを軽くする栄養素が豊富で、一緒にむくみ解消にも役立てられます。

基本的な食習慣に乱れがあれば、むくみサプリで疲労やむくみ解消を目指しても効果が薄れます。インスタント食品やジャンクフードを避けるなど、日頃の予防意識も重要なのです。

まとめ

疲れがたまると疲労物質が身体に蓄積し、老廃物となって代謝を妨げます。これがむくみの原因となることがあり、疲れの解消がむくみの解消とイコールになることもあるのです。

食生活の管理も重要で、水分は積極的にとって老廃物は外に出すことがむくみ解消につながります。カリウムなど利尿作用の高いむくみサプリを利用するのも賢い方法で、疲れを摂るためにも貢献してくれるのです。